[Edit]

善なる基準と理想

自分なりの善なる基準と理想を
募集いたします!

@(*・ω・*)ポッ


※ただいま、募集を終了しております。
ご了承ください。



理想は自分のあり方でもいいし
理想の世界でもいいです。

どっちの理想も
実現するよう、日々を積み重ねてください。

これらの内容を
このコメント欄にお書きください。

このコメント欄に書かれた方のお名前は
こちらにピックアップさせていただきます。


ここで善なる基準や理想を書いてくださった方は
サポートさせていただきます。

自分の書いた基準と理想を守って
毎日を過ごしてください。
これは必須です。
自分が考えて決めたものですから
人から言われた目標より
守りやすいと思います。


基本
主人公は自分ですので
なるべく自分で解決してください。

しかし、
もし、困った時があったら
お手伝いさせていただきます。

私の言葉から
自分にとって使えるものを
どうぞ、ご自由にお使いください!


ここのコメント欄に書いてくださった方。

清き道を応援させていただきます。

(この記事は常に
一番上になるようにしています
最新記事はこの次の記事です!)


宣言された方が困った時に書き込める掲示板は
この掲示板をご利用ください!


☆大好き!ハッピー!な 掲示板

なつかしいね!
(知る人ぞ知る(笑)
@(*・ω・*)ポッ

スレッド立ち上げ、
ご自由にどうぞ。
(今のところ;変更あるかも)

同じ宣言された方同士の
交流の場としてもお使いください。
ご自由にどうぞ!

基本は自分が主人公であることを
お忘れなくね!

つぶやきでもオッケーです(笑)

また、もちろん理想を達成できた報告、
大歓迎です。

みんなでお祝いいたしましょう!


(いろいろ記事の内容は改善することがあります)


追記:
コメントのお返事は
コメントくださった方へのものであり
全ての方に使えるものではありません。

よろしくね!
@(*・ω・*)ポッ




*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:--☆--:*



書き込んでくださった方
(みなさん同じ志を持った仲間です!)


・monicaさん
・ゆうさん
・どてかぼちゃさん
・こじゃけさん
・カノンさん





スポンサーサイト

[Edit]

幸せでいいと思う


かつて私は 大変自分に厳しく
そんな私が歩いてきた道を
今ブログに少し書いているのですが
全てを書いてしまうと
すごく厳しい内容となってしまいます。


私は私以外の人に
大変な思いをさせたくありません。

「私が身代わりになって
全てを引き受けよう」

この思いで第2の実践を続けました。

みんなが幸せになれる方法を
見つけたかった。


しかし、私が大変な思いをして
至ったこの道であることも事実。

大変なことを乗り越えたからこそ
今の境地であることも事実なんです。

この境地の前に
激流があるので
この境地になるには
そこを乗り越えなければならない。



この世界で
全ての人がどんな瞬間も
幸せに生きられたらいいのに。

私はずっと続く幸せがよかった。

そしてずっと続く幸せを見つけたら
みんなと分かち合いたかった。

辛い思いは私一人でたくさんだと思った。

全ての人を代表して
私がその苦を乗り越えるのだ。
私が永遠の幸せを見つける!

なんて思っていました。


でもね、実は世の中
そんなに辛いものではないのかもしれない。

しかし私にとっては
とても辛いものだったから
みんな辛いと思っている
と思っただけかもしれない。

それとも私は欲が深かったのかもしれない。

「楽しいことも辛いこともある。
人生こんなもんよ」
なんて全く思えませんでした。

もっと完璧な幸せがいい
って思ってました。

そしてその強い思いは
私を実践へ集中させた。



私は今、
とても幸せです。

そして幸せだと言っているけど
一般的な幸せとは違い、
この幸せの境地は
それを受け入れられる状態でないと
受け入れることができない。

例えば私がまだ自分の準備ができていない時に
この境地に少し足を踏み入れたのですが
その時は大変怖かった。

今私が言っている「対象のない世界」が
まだ準備できていない時は
恐怖でしかないのだ。

今わたしの安らいでる境地が
多くの人にとっては恐怖かもしれない。

なぜならかつての私もそうでしたが
普通の人は対象を拠り所とし、
対象によって自分の存在価値を得ているからです。

そんなかつての私が
対象のない世界で存在できるはずがない。

それは誰にも当てはまること。


だから
この境地は目指さないことです。

考えてるより甘くはありません。

そしてお勧めできません。



私はみんなに幸せでいてほしいと思う。

ずっと幸せでいてほしいと思う。

そして「それで幸せ」と言うなら
そのままでいいんじゃない、って思う。



でももし、
かつての私のような人がいたのなら
私の通った道を伝えることで
何かの力になれるかもしれない。

だからブログ書いてます。

@(*・ω・*)ポッ



[Edit]

意志の力


エゴ

って、今の境地になるまで
私はわかっておりませんでした。


なくなってしまったから
「あ、エゴってそういうことだったのか」
ってわかりました。


ちなみにエゴのイメージって
あんまりよくないのかな?


実はそうでもない。


私はかなりエゴが強かったのですが

エゴが強い=意志が強い

とも言えるんです。


ということはエゴが強ければ
決心したことをとことんやり抜ける力となるんです。


私は至ることを「卒業」と表現することがありますが
至ること=エゴの卒業とも言えるかもしれません。


「エゴの卒業」ということは
エゴをクリアしなければならない。

ということは
エゴをなかったことにしたり
エゴを見て見ぬ振りすることでは
卒業は無理だということ。

エゴ=意志をしっかり使って
日々を生きることです。


人には素晴らしい意志の力がある。

それを活かしてしっかりと生きること
それ自体が
人として生きる修行となる。


意志で生きることは
大変なこともあるかもしれない。

でもその大変なことは
意志が強いから起こるのであり、
そのおかげでその大変なことを
さらに乗り越える意志の力がわいてくる。


どんなことでもいいから
一つ決めて
それをやり通そう。


小さなことでもい。


自分の責任で決めたことを
やり通すのだ。


それだけで何かが変わってくる。


一つを極めることは素晴らしい。


自分の人生かけてがんばれる
善なる目標が
見つかるといいね。

でも小さな目標でもいい。

それに向かって
清き道を歩くこと。


それ自体素晴らし。



@(*・ω・*)ポッ


[Edit]

幸せになれる方法


人として生きている中で
幸せであることを願うのは当然。

「幸せなんてどうでもいい」

なんて嘘だと思う。


幸せになれるなら
幸せがいいに決まっている。

自分に正直になれば
幸せがいいって思うに決まっている。


幸せになれる方法。


目標を決めること


その目標に向かってがんばるのだ。


また、人はみんなつながっている。
お互い影響しあっている。

だから幸せになれる方法のポイントは


みんなが幸せになれることを
目標とすること




そしてポイント2


目標が達成されたら
次に新しく目標を決めること




がんばっていると
いろんな自分の想いに出会うだろうけど
それに負けないで
幸せを達成してほしいです。

人それぞれ道はあると思う。
自分なりの道でいいと思う。


例えば「笑顔」

これだけでも日々実践できると思いますよ。



私は決めたらとことんで
しつこかったから(笑)
達成することができました。

自分のネガティブな想いを感じる暇なく
まっしぐらでしたね。


あきらめなければ
道は必ず開けます。


念ずれば花開くのら。



@(*・ω・*)ポッ


[Edit]

充実した毎日でありますように!



みなさんこんにちは!
おげんきですか?

一ヶ月、更新していませんでした!


、、、かといって書くことが別にない、、、?
(あらら、、、、。笑)


みなさんが今のこの世界で
自分の善なる理想を生きて
どんなときも充実した毎日でありますよう、
お祈りいたしまする!


まずは今を精一杯生きることによって
次の扉が開きますから
心配しなくても大丈夫です!


@(*・ω・*)ポッ



プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー