[Edit]

悟りという学問

皆さま、こんばんは
いかがお過ごしですか?

いつもご訪問してくださっている方々、
どうもありがとうございます。



「悟り」という学問について
書いてみたいと思います。

例えば釈迦の教え、イエスの教え。

それらは悟りの道です。

しかし、その教えに関する解説で
正しい解説をほぼ見たことがありません。


それらの教えは悟りの道であることは確かなのですが
なぜそれが悟りの道であるかを正しく知っている方は
ほとんどいないのではないでしょうか。

そして私は悟りの理論を解説できますが
もし私が解説をして
それを読み、理解した人がいたとしたら
その人は実は悟りから離れてしまうのでした。

よって私は解説しない方がいい
ということになります。

(だから世の中に
本当の解説は流通しない、=秘密となります)


例えで説明すれば(例えですよ)
解説を聞くと
ひとは理解しようとする心が働きます。

そもそもその理解しようとすること自体
悟りから離れる行為なので
解説があって、それを理解しようとする道は
悟りの道ではなくなってしまうのです。



「人の幸せのために頑張ろう」

など、一般的に善い事とされるものは
悟りの道ですね。


しかし、ここで
「人の幸せのために頑張ろう」という善行が
どういうものであるかを理解し
それを知って行動しては道とはなりません。

ただただ人を思いやり、
人の幸せをひたすら願い
そういう自分を分析、判断、評価せず、
ただただ人の幸せのために尽くすこと

これを(例えて言えば)純粋に行い続けることが
悟りの道なのです。


よって釈迦の教えもイエスの教えも
ただただ純粋にそれを実践できる人が
悟りの道を歩いていることになります。

実践できる状態では
これらの教えの本当の意味を分かることはできないので
もし、「意味がわかった!」と言ってしまった瞬間
まったく何もわかっていないことになります。


悟りの学問があるとしたら
それは学ぶことなく
ただただ実践することにあります。

学ぶことなく、というのは例えなのですが
学ぶことなく学び
あとは実践のみです。

ある意味、学ぶときは
実践開始前のみで
実践が始まったら
どれだけ純粋にその行為が行えるか
がポイントです。



自分の信じた道(もちろん善なる道)が第一で
例えて言えば釈迦もイエスも
捨てて
ただただ実践あるのみなのです。


よって悟りの学問は
あるけどあるのではなく
ないのだけどあるのですね。



ちなみに
悟りについて研究をすることは
悟りの道から離れてしまう可能性が高いです。

しかし、その研究をとことんやって
わからないことだらけになったら
それは大きなチャンスかもしれません。

「わからない」
これは正しい答えです。

そこまで行けるほど研究し尽くせたら
素晴らしい。

(ちなみに「わからない~」と
何もせずに言うだけでは全くだめです(笑)
研究し尽くしての言葉であるからこそなんです)

そこまでたどり着いたら
そこからどうしたらいいか、
きっとわかります。

わからなくなるのにわかるなんて変だね。(笑)


それが悟りの面白いところです。

(ここで「悟りは面白いんだぁ!」
とわかってしまってはダメですよ(笑)




私の書いた言葉たちに引っかかることなく
皆様が
ますます素晴らしい道を歩けますように。

(私の文は例えだらけ、なんです)

スポンサーサイト

[Edit]

あけましておめでとうございます!

お久しぶりです!

お元気ですか?



弥勒さん、コメントどうもありがとうございました。



皆さま、訪問ついでに
こちらに一言コメントいただければ嬉しいです


よい年になりますように!

[Edit]

秘密

友人に送ったメールの一部を
公開させていただきます。

誰にでも使える実践のコツです。


(引用ここから)

『本気の実践の時、私は自分の実践の内容を誰にも
明かしていません。

成就してから、ブログなどで実践内容を公表しています。

実はこれには重要な秘密があります。

成就したから公開したのであって
もし、成就できていなかったら
一生、誰にも伝えていなかっただろう、ということです。


もし、本気であるのなら
自分がどんな実践をしているか、
誰にも言わず
もちろん誰かにわかってもらおうとせず
(=よって誰にも言う必要がない)
ただただ行動します。

本気であればあるほど
誰にも言わず
ただただ実践することです。

(誰かに言ってしまうと
実はパワーを失います。)

覚悟の度合いで実践への集中度も変わってくると思いますが
決して無駄なことはなく
必ずつながってくるので
今を大切にどうぞ、精進されてください。』

(引用ここまで)


皆さま、日々精進されていると思います。

日々精進することは
自分の善なる理想に向かって進むことでもあり、
人として生きるのなら
誰かにその理想を理解してもらい
ともに生きる道も素晴らしいと思います。

しかし、自分がやっていることを誰にも告げず
ただただ自分の善なる心に従い
毎日を積み重ねている人もいらっしゃると思います。

素晴らしいです。


私の場合、
自分の理想の道を
人にわかってもらおうとは全く思っていませんでした。

もし、自分の理想を誰かに告げたらどうなるか?

当時、そんなことを考えたことは
全くなかったのですが(笑)
もし、誰かに告げていたら
私の場合ではありますが
(私のその段階の実践として、ですが)
実践は不完全に終わっていたと思います。
(これには秘密があります)

そもそも私の場合、
自分の生き方へのこだわりでもあったので
誰かに説明しようと思う気持ちは発生せず
そんな時間があったら
自分の理想とする生き方をする、という感じでした。


人として生きる道も素晴らしく
(人に自分の理想を伝えること)
自分の限界に挑戦する道も
(誰にも伝えることもなく黙々と生きること)
素晴らし。

どちらも人によっては欠かせない道で
(人それぞれ、段階があります)
どちらからも経験して
そこから得たものを
次の道に生かしてください。


巷にある本の教えは
その本を書いた人の道であり
その本を読む人の道ではありません。

参考にするのは有益ではありますが
自分の道を
自分以外のものに託してはもったいないですよ。

自分の人生なのだから


(余談ですが、
私のこの文章に
もし矛盾点を感じたなら
ちょっと頭で考えすぎかもしれませんよ)


[Edit]

自分の真実を

どんな偉い人の言葉も
確かにそうではあるのだろうけど
それは自分の真実ではない。

その偉い人の言葉を
自分自身が試して
それを経験して初めて
自分の真実となります。


どんな言葉も
確かにそうではあるのだろうけど
それを単純に鵜呑みにせず

その言葉に共感したのなら
自分自身で試してみて
その素晴らしい言葉を
自分の人生で証明してはいかがでしょうか。


同じ言葉でも
人によって捉え方が違うので
実際経験して言っている人の言葉を
まだ経験していない人が
わかることはできません。

想像はできるかもしれないけど
それは想像です。

真実ではありません。


どうぞ、人生を悔いないよう
充実した日々を!


ちなみに言葉とは
もちろん善なる言葉に関してだけですよ。

[Edit]

悟りを目指さない

みなさん、ご無沙汰しています。お久しぶりです!
お元気ですか?

私は相変わらずです(元気です笑)

私の実践ですが
第2の実践が一番厳しいものでした。
その実践をがんばったおかげで最後の道は1日で終わりました。

しかし両方、実は命を懸けています。
そもそも悟りとはそんなものですので
気軽に目指すものではありませんし
私からは決してお勧めできません。

今、大切なことは
日常のことを
一生懸命頑張ることです。

悟りを目指すことなく
日常を大切に後悔なく生きる。

日常のことは
なんでも実践(=がんばれること)になります。

仕事に趣味に、いろいろ。

そして悟りの道が開くのは
精一杯生きてからです。

それも悟りの道は
自分が開くのではなく
時期が来れば勝手にやってきます。

(しかし、待っていても来ません。
精一杯がんばって、忘れたころに来るかもしれません。)

今皆様にお伝えできることは
「なんでも自分の決めたことを精一杯がんばって
いろいろ達成してください。」

です。(もちろん善なることで、ですよ)

これが大切な基礎を作ります。

そしてそれは人として幸せなことだと思います。

どうぞ、皆さま
応援しています。

今も頑張られているでしょうか。

この限られた人生をどうぞ後悔の無いように
お過ごしください。

どうぞどうぞ、清き道を。
善なる積み重ねを。

@(*・ω・*)ポッ








プロフィール

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー