[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

悟り


「それ」は対象ではないので
知ることができない。

知っている

と言った瞬間
「それ」は「それ」ではなくなる。


私は何も知らない。

知らないが故に
知ることができる。

何にも縛られることなく
ありのままに知ることができる。




悟った人は
何かをしているようで
何もしていない。

悟った人の発した言葉は
発した瞬間、単なる言葉であり、
悟った人のものではない

発することなく発する

言葉に表すと変ですがそうなんです。

だからカルマが発生しない。

なぜなら何もしていないし
何も起こっていないから。

何かを「する」人はいないし
何かを「経験する」人もいない。


ただただそうあるのみ。




悟った人は愛である。

愛するとか愛されるとかではなく
愛そのものである。

愛する対象はないが
(この愛する、というのは動詞ですね。
意図が必要な動きです。
愛する、という意図があっての行動ですね。
その動作が悟った人にはないんです。
「愛する」と言う時
愛さない状態も同時に存在します。
永遠に愛し続けると決心し、そう行動し続けることは
ある意味精進の道です。
素晴らしい道だと思います。)
愛することなく
愛そのものなんです。



悟った人は例えて言えば「心」がない。

よって煩うことなく
迷うこともない。

なぜならそれらの原因となる「心」がないから。


心が豊かという表現がある。

それは豊かでない状態もあるからこそ
言える言葉である。


悟った人は豊かになりえない。

豊かになろうと思っても無理です。


なぜなら「豊か」そのものだからです。

何もすることなく。行為することなく。





究極の幸せがよくて
日常の幸せには満足できず
よって日常の幸せを捨てて
わざわざ自分から大変な道を選びました。

幸せである時もあれば
そうでない時もある幸せなんて
そんなものいらない

と捨ててしまいました。

その幸せは
私の本当に欲しいものの代わりにはなりえなかった。



究極の幸せを求めて
日常の幸せを捨てました。

そして険しい自分への挑戦をし続けました。

自分の限界の先に何があるのだろうか。

それを想像する暇もなく
自分の限界に挑戦しました。

そして今に至りました。


何でも決心して精進することは
きちんと実を結びます。


しかし、精進すると決めたなら
結果を期待して精進してはいけません。

求めることなく精進しなければなりません。


私の場合、自分の思いを捨てて
ひたすら精進しました。


何度も書いていますが、、、、。


ほんとあきらめないでよかったです。


んでもって今の境地。

これは想像以上のものでした。

よって想像できな境地です。


私がお伝えしても想像できない。

想像したものはそれではありません。

はい


@(*・ω・*)ポッ



スポンサーサイト

プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。