[Edit]

私が歩いた「自分を捨てて」 その2


「自分を捨てて」


私の初めの実践は
「自分を捨て喜んでなんでもしよう」
というものでしたので
捨てる自分があり
自分がない、というものではありません。

自分を捨てて実践をする

ということです。

実践をする自分がいます。

※自分を捨てて=
自分の思いを捨ててとも書けます。



自分を捨ててを真剣に実践していたら
ある意味残る「思い」がありません。

しかし「思い」は捨てても
実践する「私」はまだ存在していました。

だからこのおかげで第2の扉が開くこととなります。

エゴのおかげ。

(この「私」がエゴであり、今はありません。
ブログで私という言葉は便宜上使っているだけです。
そうでないとわかりにくい文章になるからです。
これに関してはコメント欄で論議がありました。(笑)



この頃はまだ私は相対的でありましたので

自分を捨てる=相手すらもない

というものでありました。(結果的にですが)
 

「自分」というものは
「相手」があって存在できるものであり
自分の思いを捨てたのなら
結果的に相手の思いも残りません。


うまく書けませんが
この実践は
結果的に何も生み出しません。

=結果を超えた結果を生み出したんですけどね。

ちなみに、、。


途中でやめるともちろん
そこまで(結果を超えた結果)は到達できません。

そして途中の段階ではもちろん思いは残りません。
なぜなら捨て続ける実践だから。

残っていれば、実践はできていないことになる。

そしてもし残っている、と思った瞬間
すぐに捨てる。

ひたすら捨て続けます。

残っている!と思う時間もないくらい
ただひたすら捨て続ける。

よって私の場合、
残った、とか残らないとか実践中
そんな思い、発生したことがない。
(その前に捨てる!笑)



(もちろん、まだエゴは残っていました。
エゴは捨てようとしても捨てることはできない。

エゴにより発生する思いを捨て続けた、
というのが私の実践であるとも言える。

実は「捨てる」という行為自体が
エゴの行為なんです。

エゴの存在している状態では
エゴの存在に気づくことはできません。
絶対、気づくことはできません。
絶対、です。

なぜなら「気づいた」と思う瞬間、
その気づくこともエゴだからです。

残念ながら普通は
日常でエゴに気づくことはできない。
気づいた途端、それはエゴではない。

エゴは気づいてはいけない。
それはエゴではない。

実践で言えば
エゴに気づく暇なく
実践すること。

エゴが消滅すれば、気づくことなく
エゴがわかってしまいます。
わかることなくわかります。)


そして、「残らない」と思う自分すらも捨てていたので
残らない、という判断すらもありませんでした。

なんとなくわかっていただけるかな?
(;^ω^)


そうであればかつての私は一体
何をしてきたのでしょうか。


、、、ある意味、よくわかりませんねぇ(笑)


しかし、きっかけとなる志はありました。


私は完璧にいい人間になりたかった。
嫌な思いを発する自分はいりませんでした。(笑)

いい思いしか いらなかった。


それを目標にがんばりました。


そんなのあり得ない?


そう思う時点で実践終了です。


いつでもそうなんです。

天国を真剣に目指したものが天国に入ることができるのだ。

天国なんてあり得ないと思う人に
天国はあり得ない、その通りです。

(※天国というのは例えです)


真剣に目指したものは
必ず得ることなく得てしまうのです。

いや、得ることすら必要のない、
それでいて得てしまっている
しかし得ていない境地になるんです。


みなさん自分の目標や理想を持っていますか?


それが人生の指針となり
モチベーションとなり
それが真剣であればあるほど
結果をもたらします。


真剣であることがバカらしいというのなら
それもありです。

しかし、私からしたら
それは
かなりのチャンスを逃しているように見えますね。

ええ、でもそれは自由ですよね(笑)

※ちなみに志は善なるものにしてください。
そうでなければカルマを生み出してしまい
かなりの遠回りになります。



私は後悔したくなかったし
もうこの生を最後と決めていたので
真剣に挑戦しました。

今、この瞬間が最後のチャンスで
やり直しはきかない、と。

あの時やっていればよかった!!!!

なんて決して言いたくありませんでした。


めっちゃエゴが強かったんよね(笑)


ちなみに「自分を捨てて」の実践のおかげで
日常の願望はほとんど起こりませんでした。

起こったとしても
それが行動のきっかけとなるだけであって
実践中はその願望も捨てていたので
願望を持ち続ける、ということは
あり得ませんでした。

しかし、さらなる願望はありましたよね。

「完璧な人になる」ですね。

しかし、この願望も
実践のきっかけとはなったけど
それすらももちろん捨てて実践。

ええ、ひたすら「今」「今」で
捨て続けていくのです。


私はこの実践中
どの願望にも縛られることなく
よってそれが叶わない悲しみもなく
ある意味幸せでしたね。


その頃を振り返ったら
そういう願望のとりこになることを避けることができていたので
自分を捨てての実践には
そういう恩恵があったのでした。

得られない苦しみは
ありませんでした。

得ようとするより
捨て続けていたからです。



スポンサーサイト

[Edit]

私が歩いた「自分を捨てて」 その1


私がやってきたことを書きます。
(今までも書いていますが(笑)

これは私自信がそうすると決めて
自分の人生かけてやってきたことです。

この方法を本気でし始めたら
もう後戻りはできません。

しかし、たまにするくらいなら
日常のどこかで役に立つかもしれません。

し、立たないかもしれません。(笑)


この「自分を捨てて」の実践は
私のどの道も私を助けてくれました。

しかし、助けてくれた、と書きましたが
その実践をするのに
「助けてもらおう」とか
「そうすればどうにかなる」という思いは全くなく
(なぜなら自分を捨ててを真剣に実践していたので
そう思う暇はない)
結果的に助けてもらっていた、ということです。


よって「自分を捨てて」の実践は
見返りを求めることなく
その実践によって得られることを想像することもなく
その結果を期待することなく
心配もすることなく

ただただひたすら実践することです。

(これが本当の「実践」です)


ここに書くことは
単なる私の歩いてきた道として書きます。

よって人にお勧めするものではありません。



私がかつてこのブログに書いてきた
「自分を捨てて」は
まだまだ甘く
実は完全ではありませんし、
これからも完全に書くことはできません。

なぜならやはり
本気で進むのは
私からはお勧めできない道だからです。


決めたら私の場合
例外はありませんでした。

それくらい徹底しています。


でも普通、人生 生きていたら
多少なりとも融通を聞かせたり
曖昧なところが出てくると思います。


しかし、私にそういうものはありませんでした。


だからこそ今の境地です。


簡単な道ではない。


どんな道も究めると決めたら
簡単な道はないのだ。



ま、ある人のあるひとつの物語
くらいのスタンスで読んできただけると
うれしいれす。


@(*・ω・*)ポッ


つづく、、、、。たぶん(笑)



※申し訳ありませんが
しばらくコメントのお返事はしません。

よろしくお願いします。


[Edit]

まったり、、、、、?


まったり

かぁ、、、。

(言葉古い?(笑)


それで幸せなのなら
それでいいと思います。


かつては私も
まったりをちょっぴり目指してたっけ?
(スピ系にはまっていた頃)

、、ってまったり、目指すかつての私って
そもそも変ね(笑)

私の場合、
意図しないとまったりできなかったよ。
(というか、しようと思いはしたけど
できてなかっただろうなぁ(笑)

ま、これはそもそも
私の特質や育った環境から
まったりは向いてなかったのもあるかもです。

私はまったりしようとしても
何か問題がある気がして
そしてそっちの方が重要な気がして
やはり、まったりはできませんでした。

具体的には
まったりしようとする
その「~しようとする」何かが
ひっかかってしょうがなかった。

その「~しようとする」何かが
何かを邪魔するんです。
(それが実はエゴ)

私は「がんばること」
しかできることがなかった。

そしてまったりは必要ないと
ある時決心した。

まったりのんびり
楽な方向に行っていたら
今には至ってないでしょう。

(ま、そもそも
「まったり」を極めようなんて思わない。)


そして今。

今は何の問題もない。

起こりようがない。

問題に向かって進み
問題を突破したからです。

私は
自分の中にある問題を
無視することができず
誤魔化すことができず
よって自分のその感覚を信じ、
その問題と向き合った。


今の時代、
もしかしたら
がんばることはあまり好まれないのだろうか?

がんばることは
ばかばかしい、とか?

でもそれで幸せなのならいいと思う。

自由だよね。



ちなみにまったりが
ずっと続けば
人は必ずそれに飽きるだろう。

まったりじゃない時があるからこそ
まったりを好むのだ。

まったりばかりでは
まったりに飽きて
今度は刺激的なものを求めるだろう。

そんなもんです。


でもそんな行ったり来たりが
私は嫌だった。

そんなループから
抜け出したかった。

いわゆるそんな「常識」から
解放されたかった。

(ちなみにこれまた
そういう世界で満足なのなら
それでいいと思います。)


だからこの世界の幸せと思われることを手放して
修行の旅へと出たのです。
(実際は旅はしていないけど(笑)

ちなみに「修行」というのだから
その道を進むのなら
覚悟は必要です。



@(*・ω・*)ポッ




プロフィール

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー