[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

何も知らない


私がいろいろ表現しているのは


「知っていること」を表現してるのではありません。


今の状態を表現してるだけです。



なぜなら

私、存在そのものが真実

であるからです。


私は何も知りません。


でも表現することができます。


それそのもの


だからです。


それそのものはどうやっても
知ることができません。


なぜなら「知る」対象があるのではなく

それそのものだからです。


(*・ω・*)ポッ




スポンサーサイト

Trackback

Comment

すいません、質問です!
ラピさん沢山更新ありがとうございます(^_^)v
しかし私には抽象的?でよく分からなかったりします。申し訳ないです。
私には家族、子どももいますが、もし悟る事が出来たら彼らに対しての感じ方、接し方も変わるんでしょうか?

確かラピさんにも家族さんがいらっしゃったような…?違ってたらすいません。
また記事にしにくいかもしれませんが、激流というのは、感情だけのものなのか、環境や状況が変化したのか具体的に教えて頂けたらありがたいです。

あと、TK氏はスピリチュアル系を叩かれてますが、お二人のスピリチュアルの定義を教えて頂きたいです。
線引きがよく分からなくて…(T_T)

多々ありますが、教えて頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします( ; ; )
  • 2013-08-16│23:37 |
  • よっす URL│
  • [edit]
e-278  よっすさん コメント ありがとうございます!

よっすさん、いつも読んでくださってありがとう!

はい、家族がいます。
家族やすべての人に対しての行動ですが、
至る前と(見た目は)同じことしても、まったく違います。
その行動の原点、そのものが変わるからです。

その原点とは「思い」です。
私たちはその「思い」がありません。

(ちなみに至る前は「思い」が行動の原動力となっています。)

そして思いがないので何事も先入観なく見えてしまいます。
全てに対してそうです。

至る前にあった問題も、問題ではなくなってしまいます。

悩みや苦しみがなく 何に対しても
先入観がなしで、ありのままがわかってしまうので
適切な対応ができるようになります。


激流とは私の中では「葛藤」と表現できるものでした。
私の場合、環境、状況が変わったのではないです。

それはちょっとしたきっかけで起こったのですが、
自分が実践をしようとしたとき、
「嫌だなぁ、、、」という思いが浮かんできたんですね。

そこで、「嫌だ」という言葉を受け入れて
その行動をやめれば葛藤は終わるけど
私はそれをやめなかったのです。

その「嫌だなぁ」というエゴの声に逆らうことによって
葛藤=激流が起こります。

それに負けるか、負けないかです。
その葛藤から逃げずに葛藤し続けると
いつのまにか渡り終えている、という感じです。

スピリチュアルの定義は
師匠が掲示板に引用されているような言葉が教えとなっているもの
だと思っていただけたらと思います。
ここにそのまま引用しますね。

>すべてでひとつである。
>偶然というものはない。
>弟子の準備が整ったとき、師匠は現れる。
>しなければならないことというものはない。
>善悪というものはない。
>信じる必要はない。
>努力はしなくてもよい。
>与えたものが返ってくる。
>すべてのものは聖なるものである。
>人には無限の潜在能力が備わっており、自分で自分の現実を作る。
>どんな現象も、自分がそれに与える以外の意味を持たない。(現実は中立である)
>アファーメーション(確認する)

これらが代表的なものですかね。

ひとを「(一時的に)楽ちんに幸せな気分にする教え」とも言えるかな。
または「納得させてしまう教え」とも言えるかもしれない。

そのスピリチュアルな教えによって幸せな気持ちになる、満足する。

その一時的な幸せが 実は悟りの道から離れることとなります。

なぜならその幸せや納得は束の間のものであり、
ずっと続くものではないからです。

「何かの教えによって幸せになれる」
確かに幸せな気分になる時もあるかもですが
これは幸せになった気になっただけのことです。

ここで言う「幸せ」は絶対的なものではなく、
「不幸せ」と隣り合わせのものです。

「幸せ!」と言えるのは「幸せでない状況」が存在してるからであって
スピリチュアルな教えによってこの幸せと不幸せの道を
行ったり来たりだけになってしまい、
至る道から外れてしまうのです。

だから私たちが言っている「スピリチュアルな教え」とは
「幸せな気分になる教え」「それで満足してしまう教え」
とも言えるかもしれません。

教えによる幸せや満足は一時的なものです。

教えだけでは至れませんから、教えによる幸せは
偽物だとお考えください。

その教えがなくなったら、幸せではなくなるのではないでしょうか。

それは本物の幸せではありません。

(*・ω・*)ポッ
  • 2013-08-17│01:09 |
  • ラピ。 URL
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。