[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

善を極める


「いいこと」とか「悪いこと」とか
判断する自分がいる。


そういう状態の時にこそ

「いいことのみをする」

という実践が可能になってきます。




至ってしまうと
「いい」とか「悪い」とか
そう判断する対象がありませんので
例え言葉で「いい」とか「悪い」とか言ったとしても
それは単なる言葉であり
至った人の中での裁きは起こりません。

そもそも裁くものがないのです。



でもまだ至る前の
裁いてしまう対象(自分も含めて)がある人は
「いい」「悪い」と言っている時点で
すでにそう判断(ジャッジ)してしまっています。

この「いい」「悪い」を飛び越えて初めて
「いい」「悪い」という言葉を
正しく使うことができます。


「言葉を使える」ということです。


至ってない場合、
「言葉に使われてしまっている」。



この「善悪」の言葉を超える方法が
善、悪の判断をすることなく

「善を行え」

です。



実践中に「いい」とか「悪い」とか判断してる時点で
ちゃんと実践はできていません。


その「いい」「悪い」を超えるための実践の途中で
「いい」「悪い」を判断しているようでは
その相対的なものを超えることはできません。



普通の人々は
「これはいい」
「あれは悪い」
と日々、いろんな現象を裁いています。


この「いい」「悪い」も
状況が変わったら逆転する可能性もあり、
いままで「いい」と言っていたことが
次の瞬間
「悪い」になってることもあるのです。


そんな「善悪」に頼って
そんな「善悪」に縛られて
生きていくことに疑問はないでしょうか?



絶対的な「善」も「悪」もありません。


絶対的な「善」というものには
「悪」は存在しないはずです。

でもそれは「善」も存在しない
とも言えるのです。


至ってしまえば

悪も善もない


でも至る前の判断する対象がある場合、
「善も悪もない」と言ったところで
すでにジャッジしてしまってます。

同じ言葉を発しても
大きな違いがあるのです。

全く違うのです。



「善」「悪」


このジャッジの日々がもう嫌になったなら
今日から

「絶対的善」

であるよう過ごすことが
効果的な実践となります。


そして善や悪という
相対的なものを飛び越えるのです。

いいことや悪いこと
あっちいったりこっち行ったりせず
善を極めてみてください。


ある日、ことは起こります。



@(*・ω・*)ポッ




スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。