[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

ポジティブシンキング


私、かつて

ポジティブシンキング

やってました。


真面目にやっていたのですが
今思い出すと、
どうやっても感謝できないようなことにも
感謝していましたね。

ひどいことされても感謝してました。

だから逆になんでもポジティブに考えた結果、
失礼なこともしていたと思います。


そういう毎日もかつてはあったので
その名残があってか日常でも
人からポジティブな言葉をもらったりします。

が!

「、、、、それ嘘やろ、、。」


とわかってしまいます。



ポジティブシンキングは
一種の「嘘」です。

自分の本音を隠して
その場を取り繕う言葉です。


それがいいのか悪いのか

私はその道も通ってきたので
私には必要なことだったのかもしれません。


ただ、今の境地から
ポジティブシンキングをしていた私を思い出すと
「なぜ、それがわからなかったのだろう」
と思うことが多々あります。

普通にわかることが
わからなくなっていました。

今わかるからよかったけど
私はバカでしたね。

かつての私はバカでした。

(かといって今が利口かといえば
そうではないですが(笑)


ポジティブシンキング


これっていったい何なのでしょうね。

一種の自己満足かもしれません。



ただ、辛いことがあった時
それを乗り越えるのには使えました。

かつてのことですけどね。


でもそれがいいのか悪いのかはどうでしょうね。


私は最終的に
それも手放しましたからね。




スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
ラピ。さん こんにちは。

「徹底的感謝」、私の場合、「感謝できるところを探して感謝しよう」ということです。
口に出すと白々しいと受け止められかねないようなことでは、心の中で感謝していました。
私は専業主婦なので、対象はほとんど家族内(特に同居の義父母に対して)ということになります。

(紆余曲折しながらも、現在進行中です)


「徹底的感謝」をすることで自分の中のいろいろなものが掘り起こされてきて、
ひどく狼狽えてしまって、思考と妄想の大混乱状態となってしまいましたが、
今はすこし冷静に それも自分なんだなあと客観視できるようになって落ち着きました。


それについて考えたり、消そうとしようとすると、悪循環となって、結局新たな鎧を作りだすことにしかならないということが
やっとわかったので、ラピ。さんの言われた、「かわす」ということの意味がわかりました。

実際に体験しないと わからないものなのですね。


どれが良きものでどれが悪いものなのか、渦中にあっては、まったくわかりませんでした。
本当の激流のなかでは 高位の目が必要になるということが、ほんの少し垣間見えたような。。。(これも妄想かもしれないですわかりません^^;




今は、目の前の現実に、良いと思えるできる限りのことを、あくまで自己責任でやりきるということを忘れない。
結果はお任せだけど、それも自己責任。

そう自分に言い聞かせながら生活しています。

結局、人としてあたりまえのことなのですね。


良きエゴは私の今を生きる推進力でもありますね。


ありがとうございました。



次に問題が起きた時には 掲示板で教えを乞いたいと思っています。

よろしくお願いします。
  • 2013-12-14│11:51 |
  • meiko URL│
  • [edit]
e-278 meikoさん コメント ありがとうございます!

>私の場合、「感謝できるところを探して感謝しよう」ということです。

私はかなり独自な実践をしており、
(でも真剣にやってました(笑)
はっきり言って、
私の真似を誰にもしてほしくありません。

だからよかったです。

どんな実践も
自分を信じて真剣にしていれば行き詰り、
それでもあきらめなければ道が開けます。

私は最終段階でまだ途中であるにもかかわらず
「もう十分がんばった」と
実践をある意味やめていました。
(ある意味実践をしていましたが
それはまさしくポジティブシンキングでした。)

そこでTK師の本物の目により
私がまだまだであることを知り、
一からのやり直し。
そしてそれを超えることができたのです。


>結局、人としてあたりまえのことなのですね。

ほんと、そうだと思います。
人として生きる中でぶつかる壁に対して
どう対処していくか、
あきらめずに生きていくことが
結局、道なのだと思います。

ちなみに余談ですが(なんのヒントにもならないですが)
なぜ私が「どんなことにも感謝」をしていたのか。

私は絶対的幸せがよくて、
幸せと不幸せの
両方存在する世界が嫌でした。

だからこそ、常に幸せであるようにい続けました。

「この世界の出来事はすべて幸せなことなのだから
感謝しよう!」
とやってました。
(そんな世界がよかったんです。私の理想でした。)

だから幸せでないことの存在を許しませんでした。

出来事を「これは幸せではないことだ」
と判断する暇もなく
即座に「これは幸せなことだ」と判断していました。
、、結局判断していたのですが、、。

そして幸せを求め続けて
とことん求めて
不幸が消えて幸せだけになるかと思ったら、
最終的には不幸も幸せも消滅してしまいましたよ。

ちなみに「求める」という表現をしているけど
実際は求めてはいなくて
「求めるものを得るためにはどうしたらいいか」
を真剣に考えて
得た答えをひたすら実践する、
といったスタンスでした。

求める暇があったら実践!

これです!

@(*・ω・*)ポッ
  • 2013-12-14│13:22 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。