[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

苦しみ



やはり、悟りへの道は「苦しみ」かもしれません。


でも私が何に苦しんでいたのか、
実はうまく説明できません。

ただ、存在するうえで常に
何かが私を邪魔している気がしてなりませんでした。

ただただ純粋に行動したいのに
なにか私を邪魔するものがありました。

だから常にそれに立ち向かうスタンスで
日々精進していました。

その正体がわからない邪魔する「もの」に
常に挑戦していました。



よくTK師が
「スピ系はだめだ」
と言われていますが
その意味がよくわかります。

私がスピ系をしていた時
明らかに自分の問題から逃げて
中途半端に喜びを求めていました。

「楽しいこと、幸せなこと」
それらは真実であり、
私はそれを実現するのだ!

と思ってました。


でもね、今からしたら
「幸せ~」や「楽し~」なんて言っているということは
常に「不幸」も「苦しみ」も
抱えていたことになるんですね。

そうでなければ「幸せ」なんて言えないのです。
何と比べて「幸せ」と言えるのでしょう。
比べるもの(=不幸)がなければ
「幸せ」なんて言えないんです。

そして私はその「不幸」や「苦しみ」から目を背けて
楽な幸せのみを求めていました。


私がヒットした実践は
第1と第2と第4の実践なのですが
思い出してみると
これらは常に自分のできる限りの力を使って
がんばっていたものでした。


スピ系していた第3の時代は、
表面上、苦痛はありませんでしたが
どこかふわふわして
現実感がある意味、なかったかもしれません。


スピ系していた時の思い出は
かけがえのないものであり、
楽しかったです。

ただし、それでは
私の根本的な問題はまったく解決することがなく、
「幸せ~」と言っているその裏に
「苦悩」が常に存在していました。


私は幸せについてばかりブログを書いていましたが
それに不自然さを感じた人もいると思います。

なぜなら「幸せ」と言う人には
必ず「不幸」という考えもあるからです。

幸せばかりなんてありえない、
そう感じられる方もいたのではないかと思います。

いいこともあればそうでないこともある

これは相対世界にいるなら
当たり前のことなんです。

だから彼岸に渡りたいのなら相対世界、
「幸せ」すらも飛び越えなければならないのです。


相対原理において
どちらかに思いっきり傾くと
その相対的現象が消滅することがあります。

ただしここで大切なことは、
思いっきり傾いて

「激流がおこるかどうか」

です。


ポジティブシンキングも
正しく実践していれば激流が起こり得るのですが
私のポジティブシンキングは
精度の劣ったものであり、
激流を起こすどころか
全くダメでした。




もし、師に出会えなかったら
「本物」に出会えなかったら
それに気づかず
ずっとスピしていたかもしれません。


でも「スピ系」やってた頃ってある意味、
それはそれで幸せだったのだろうか、、、?


いや、今の境地を知ってしまうと
そこから抜け出せてよかったと思います。



TK師との出会いに
感謝します。


紙一重の出来事でした。


@(*・ω・*)ポッ



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。