[Edit]

相対的実践


普通、人は相対的な世界にいます。

相対的でないふりをしても
どうやっても相対的な世界にいます。

例えば相対的な(=一般的な)「幸せ」は
必ずその反対の「幸せでないこと」も存在していて
人はその両方を行ったり来たり
していると思います。

「幸せでない」ことがなければ
「幸せ」も存在できません。

では絶対的な世界を求めるためには
どうしたらいいか。

今、相対的世界にいる人たちが
どうすれば絶対的世界になるか。

絶対的は相対的からしたら
想像はなんとなくできるかもしれないけど
それは単なる想像であり、
何の役にも立ちません。

だから想像上の「絶対」を目標にはできません。


幸せを例えに話します。

絶対的幸せを求めるとします。

この時、絶対的幸せを求めても
絶対的幸せを得ることができません。

なぜならその相対的で想像する絶対的は
単なる想像で絶対的ではないからです。

ではどうすればいいか。

今ある「幸せ」と「幸せでないこと」
両方ある世界で
絶対的な幸せの世界を望むのなら
今の時点で相対的な幸せを実践とするのです。

相対的世界であったなら
幸せを実践するとき
必ず幸せでないことも存在していますので
「幸せ」を「幸せでないこと」が
ある意味邪魔をすることになります。

それでもひたすら幸せを実践するのです。

シーソーのように
「幸せ」と「幸せでないこと」を行ったり来たりするのを
「幸せでないこと」に負けないように
幸せを実践し続けるのです。

幸せをとことん実践し続けたら
どうなると思いますか?


最高の幸せになれる???

いいえ。

相対的幸せは
「幸せでないこと」が存在して初めて
存在できるので
とことん幸せを実践して
「幸せでないこと」を許さずにいると
「幸せでないこと」が消える代わりに
相対的な「幸せ」も消えてしまうのです。


相対的実践で
一方に思いっきり傾いて
他方が存在できなくなると
両方消滅するのです。


私がよく
「今の世界を全うしてください」と言っていますがそれは、
「相対的世界で自分の理想を全うしてください」
とも言えるかもしれません。


自分の理想を叶えようとするとき、
その反対の想いがそれを邪魔するでしょう。

それでも負けずに
理想に向かって進み続けたら
その理想すらも消え、
その理想を超えた境地になるのです。

相対的な世界で、両端が存在する世界で
完璧に一方に傾いた
かなりの葛藤を伴う状態が
「激流」と言えます。
(本物の激流はなかなか起こりませんが
理論的にはそう言えます)

その激流の中、
それでもあきらめず
自分の理想をやり遂げれば
理想自体が消滅し、
実践終了となるわけです。

そしてそれは
相対的世界がいつのまにか消滅したことになり
思いがけず、
絶対的世界を求めることなく
絶対的世界になっています。

(行動の動機として求めることも大切かもですが
最終的には
求めることすら手放さなければならない)

相対的世界では
絶対的世界は想像できません。

だから今ある相対的世界を活かすのです。

この相対的世界にいるだけで
相対的実践ができるので
大きなチャンスを得ていることになります。



「善なる道を」

と言うとき

「善でない道」も同時に存在します。

それでも善なる道を歩き続けるのです。


相対はどこまでいっても相対であると言うのなら
それは一方に行ったり他方に行ったり
行ったり来たりしているからです。

それならどこまでいっても相対でしょう。

しかし相対もきちんと実践すれば
道となるのです。


ちなみに相対的「幸せ」が消滅すると
それまで幸せだと思っていた幸せを
超えた幸せになってしまいます。

相対的な幸せにも不幸にもなりえない境地。

幸せを超えていますから
幸せになろうとする必要もない。


絶対的幸せを求めるなら
今ある幸せを全うしなければならない。

今ある相対的幸せを否定して
想像上の幻の幸せを求めても
その幻を得ることはできないでしょう。

そもそもそれは幻だから
得ることはできない。

私は幸せを得たわけではないのだ。


急がば回れ。


しっかり、今を生きてくださいね。



※これは理論のほんのひとつの例えです。
しかしいろんな実践の基本事項を書いてます。


@(*・ω・*)ポッ


スポンサーサイト

Trackback

Comment

ありがとうございます。勉強になります。
私も今回の地上生活を最後に生まれ変わりをストップしたいと思ってます。私も幸せを求めていましたが、幸せはおろか苦しみを経験しました。私にはなんの才能も持ち合わせておりませんので、善の心を第一に人様に迷惑がかからないように自分を捨てて人様のために生きようと思っております。普通に仕事に従事し日常生活を送るなかで善行をしようと思っております。質問ですが、悟らないとまた生まれ変わってしまうのでしょうか?悟ってしまってはこの地球に生まれた課題を終えられてしまわれるのではないですか?そのあと、なにか使命があるのでしょうか?自分の苦しみはある程度耐えられるのですが、人様が苦しむ姿をどうにかしたいという葛藤に苦しみを覚えます。それすらも悟ると消滅するのでしょうか?よろしくお願いします。
  • 2014-11-11│16:15 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
追伸&補足です。
コメント本文の後半部分、>人様が苦しむ姿をどうにかしたい その場合は人様にもカルマがあってそのような状態になってると思いますが、これを私たちが善行と言って手助けしていいものなのか。そのさじ加減が分かりません。悟るとそのあたりも明確に判断できるのでしょうか?よろしくお願いします。
  • 2014-11-11│16:36 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
No title
e-278 青木さん コメント ありがとうございます!

青木さん、ようこそいらっしゃいました。

>人様が苦しむ姿をどうにかしたい その場合は
>人様にもカルマがあってそのような状態になってると思いますが、
>これを私たちが善行と言って手助けしていいものなのか。

例えば子供の頃のように
カルマという知識がない場合、
「人のため」ということであれば
どういう行動をとるでしょうか?

純粋に人のために、と考えたとき、
どういう行動をとりますでしょうか。

精神世界の知識が
青木さんを悩ませ、行動を制限してしまっているのですね。

精神世界を知らずに
普通に生きている人にとっては
「カルマ」という言葉は「?」だと思います。

子供の心に戻って
自分の原点に戻って
もう一度自分に問うてみてはいかがでしょうか。

シンプルに考えていいと思います。


>自分の苦しみはある程度耐えられるのですが、
>人様が苦しむ姿をどうにかしたいという葛藤に苦しみを覚えます。

私もそうだったかもしれません。

そこで私の場合、みんなが幸せになれるよう
どうにかしたいと思いました。

全ての人が幸せになれる方法を私が見つける。
私にできるなら みんなもできるはず。

では、まずは自分が実験台となり
それができることを証明するのだ、と。

そして苦しみに向かって行きました。

「私にできないことは人に伝えることはできない」
と思っていたので
「自分」がやるしかなかったです。


>それすらも悟ると消滅するのでしょうか?

これはたとえ話で伝えることができます。

私は 私自身が苦しみ、
そして人が苦しむのを見て
どうにかしたいと思い、
その「どうにかできる道」を見つけるため、精進し続けました。

そしてその実践をついにやり遂げてしまって
「どうにかできる」を飛び越えて
その「道」そのものとなりました。

本当にやり遂げたのなら
「どうにかできる方法」を見つける結末ではなく
その「道」そのものとなるのです。

もし、「方法を見つけた」という結末であれば、そこからまた実践が始まります。
見つけた方法をやっていかなくてはなりません。

「そうすれば幸せになれる」という方法を見つけたのなら
そうしなくては幸せにはなれないからです。
=実践です。


ちなみに、はい。
私はもう、生まれ変わらないと思います。

悟ることにより、
もうカルマを生み出すことはないからです。
  • 2014-11-11│22:34 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
ありがとうございます。
お言葉をありがとうございます。

私にとって、とてもためになるお言葉をありがとうございます。勉強になります。

精神世界の知識はいらないのですね。わかりました。

頭でっかちになって、行動するまでにいろいろ考えたり、勝手な解釈をしてしまいます。

実践あるのみですね。

ありがとうございました。
  • 2014-11-12│00:00 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
No title
青木さん

青木さんの清き道を
応援しています。

@(*・ω・*)ポッ
  • 2014-11-12│08:36 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
コメントありがとうございます。
すいません。質問、お願いします。

苦しみ(利他的)のなかに入り続けて、一切の妥協(禁欲しない)はなしですか?

基本的に行動は受け身(受動的)でよいのですか?

よろしくお願いします。
  • 2014-11-12│16:09 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
度々、すいません。
すいません。質問なのですが。

人間は地球に苦と使命を通して、一切を学ぶために生まれてきたと思うのですが、幸せや楽は意味がないのではないでしょうか?

そうであるなら、私が人助け等をしたところで私には慈悲の経験でプラスになりますが、人様からしたら足を引っ張る行為になると思うのですがいかがでしょうか?

どうか、よろしくお願いします。
  • 2014-11-12│18:24 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
すいません。
まだ途中ですが、悟りの道の掲示板を再読させていただいております。

上記2つのコメントは必要ないみたいです。すいませんでした。

また、なにかありましたら、よろしくお願いします。
  • 2014-11-12│21:39 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
No title
青木さん

自分の善なる道を信じて進んでね。

@(*・ω・*)ポッ
  • 2014-11-12│22:40 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
お言葉ありがとうございます。
進むしかないので進んでみます。
(すいません。↑悪い意味ではありません。)

ありがとうございました。失礼します。
  • 2014-11-12│23:43 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
青木さん

そうですね。
ある意味あきらめて
(もちろん悪い意味ではなく)
するしかないかもですね。

そしてもし、できるのなら
実践自体をどうそ喜んでしてみてください。

ちなみに私のかつての善行は
誰に対しても喜んで対応する
とも言えるものです。

かつては
どんな時も自分が自分の理想とする姿勢であるよう
常にそう行動してました。

自分の決めたことは
自分の生きる指針となっておりました。

自分が決めたことを極めるために
精進することは
必ず、いつか役にたちますよ。

あと、体を動かすのも大切です。
ストレッチでもいいので
体をほぐす時間を作ることも
お勧めします!


@(*・ω・*)ポッ
  • 2014-11-13│07:50 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
教えをありがとうございます。
そうなんですね。わかりました。

自分で決めたことをやり通してみます。
やるなら徹底的に善行を喜んでやります。もう、生まれ変わりたくない。生まれ変わったとしてもこの生で徳をつみたいと思っております。

ストレッチ、忘れてました。
朝起きたときと夜お風呂上がりや寝る前に以前、やっておりました。

大切な気付きをありがとうございます。
  • 2014-11-13│18:07 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
No title
青木さん

青木さんの決心、とてもうれしく思います。

はい、
必ずその積み重ねは大きな力となります。

そしてわからなくても
必ず恩恵は受けていますよ。

わからなくても、です。

まったく恩恵を受けていないように見える時もあるかもですが
後で振り返った時にわかる時が来ますから
大丈夫です。

だから今の時点で「わからない」でいいのです。


では、
実践に関しての、私なりのコツをお伝えします。

今回、青木さんの実践への決心は

>もう、生まれ変わりたくない。
>生まれ変わったとしてもこの生で徳をつみたいと思っております。

この思いから生まれました。
(他にもきっかけとなった思いがあるとは思いますが)

私も似たようなものだったかもしれません。

そしてその思いから実践をすると決めたら
この思いを手放して
ただひたすら実践のために実践をします。

例えば「徳を積むために実践をつむ」
という思いは
実践のきっかけとなりある意味大切ではありますが
実践し始めたら
その実践が得を積むことになる
ということを手放して
ただひたすら実践する、ということです。

言い方を変えたら
そう思う暇もないくらい精一杯するということです。

(また他の言い方をすれば
まず目標を設定し
その目標をどうすれば叶えられるかを考える。

そしてどうすればいいかを決めたら
目標は忘れて
ただただ決めたことをやり通す、という感じですかね。
そしたらいつの間にか叶ってます。)

そしてひたすら実践していて
くじけそうになったり、
やる気が起こらなくなったなら
初心に戻り
「そうだ、この人生で終わりにするんだった。
終わらなくてもできる限りのことをして
次につなげたいんだ!」
と自分を奮い起こすのに「思い」を使うのです。

思いはきっかけとして使い
そこから実践する力が湧いてきたら
思いを手放して実践に全力投球です。

思いはあくまできっかけであり、
実践することのほうが大切となります。

それが本当の実践です。


もう一つ、
何を実践するか、についてヒントをお伝えします。

私は第一の実践の前の時、
大いに悩みました。
(その思いもきっかけのひとつでした)

「私ってなんてダメなんだ。
こんな私、どうすればいいんだ!」

どうしたらいいのかひたすら自分に問い、
悩みました。

とことん考えて考え尽くして
第一の実践が決まりました。
(簡単に決まってはいません)

そして
「自分を捨てて何で心から喜んでしよう」
が私の生きる道となりました。

実践を自分の人生の指針としていくのですから
決めるときは自分の納得するものがいいと思います。

しっかり自分に問い続けて
納得いくものを出すことが必要です。

そして実践が決まったら
もう悩むのは終わり。

私は自分に生きる目標ができたことで
要らぬことに悩むのをやめました。

小さな悩みはその都度あったかもですが
それでもそれに負けず
自分が決めたことを守りました。
(「自分を捨てて」は自分の思いも捨てて、とも言え
自分の悩みすら捨てた、という感じです。)


青木さんは初めのコメントに
「なんの才能も持ち合わせていない」
といわれていますが
私には青木さんの才能が見えますよ。

私の話を、途中いろんな疑問が起こりながらも
最終的にはきちんと聞いてくださりましたね。

これって、できるようでなかなかできません。

私が師の言葉を聞けるようになったのは
4か月かかっていますから(笑)

青木さんらしい青木さんの指針で
どうそ、実践をがんばってくださいね。

応援しています。
  • 2014-11-13│22:36 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
ありがとうございます。
ありがとうございます。

私の実践の指針にさせていただきます。

励ましのお言葉もいただき、ありがとうございます。
  • 2014-11-14│07:05 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
ありがとうございます。
ありがとうございます。

私の実践の指針にさせていただきます。

励ましのお言葉もいただき、ありがとうご
ざいます。

今日もやり抜きます。
  • 2014-11-14│07:07 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
ありがとうございます。
ありがとうございます。

私の実践の指針にさせていただきます。

励ましのお言葉もいただき、ありがとうご
ざいます。

精進して努めます。
  • 2014-11-14│07:12 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
重複して、すいませんでした。
長文書いたんですけど、投稿やめました。

あなた様にはすべてお見通しですから。

はい。実践します。

とても、いい感じです。

なにかしらあったら、

また コメントさせてください。

失礼いたします。
  • 2014-11-14│21:37 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
さらに重複して、すいません。
長文(今日の反省と私の身の上の話)書いたんですけど、投稿やめました。

あなた様にはすべてお見通しだと感じました。

はい。実践してます。

とても、いい感じです。

なにかしらありましたら、

また コメントさせてください。

失礼いたします。
  • 2014-11-14│21:46 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
No title
青木さん

了解しましたよ。

ちなみにパスワードを入れておけば
コメントの再編集ができますよ。

@(*・ω・*)ポッ

  • 2014-11-14│22:15 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
わざわざ有難う御座います。
パスワードを設定してからコメント

を投稿すれば良いのですね。

わかりました。

ありがとうございます。

今日も慎んで出来る限り努めます。
  • 2014-11-15│06:06 |
  • 青木 URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー