[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

「空っぽであること」と「空っぽそのもの」の違い


私は4段階を経て今に至りました。

でも実は第2の実践終了で
ある程度達しておりました。

、、ある程度、、、です。
(変な表現ですね、、、、、。(笑)

その「ある程度達した」ことにより
私は

「空っぽ」

になることができていました。

今もある意味空っぽですが
そのかつての空っぽと
今の空っぽは
全く違うのでした。


かつての空っぽを
「空っぽであること」

今の空っぽを
「空っぽそのもの」

と表現できます。

(~そのもの、という表現を
よくしてしまうのですが(笑)


違いを書きます。


「空っぽであること」
は空っぽになる容器はまだあって
その容器の中が「空っぽ」という状態です。

容器はまだありますので
今は空っぽでも
いつ空っぽじゃなくなるかわかりません。

そして常に「空っぽ」であるよう
心がけている状態です。

この頃は
私の意志を使って、
別の言い方をすれば
「空っぽであること」を選択し続けたので
空っぽであることができました。

、、、、、


そうです。


まだ「空っぽ」だと
意図する自分がいた。

意図しなければ
空っぽは保てなかったということです。

(しかし、ここまでになるのも
そう簡単なことではないです。
精進あるのみ!)


そして今の

「空っぽそのもの」

は空っぽになる容器すらない、
空っぽを超えた「空っぽ」であります。

意志する必要なく
そう選択する必要もなく

ただただ空っぽのみ。

何も意図する必要がない。



空っぽであることと
空っぽでないことがある

相対的なそんな空っぽが
かつての私の「空っぽ」でした。


今は絶対的空っぽ。

空っぽでないことに
なりようがない空っぽです。


、、、言葉に表すと変だなぁ、、、。


かつての私は
常に「空っぽ」であることを
選択し続けることができた。

それはそれで
ある意味楽だった。

空っぽであることができたから。

でもこの時ふと思ったのは

「この空っぽを意図する私が
全てを忘れて
空っぽを選択することすら忘れたとき
はたして空っぽでいられるだろうか?」

無理かも、、、、。

なぜなら意図しての空っぽだったから、、。


それでは嫌でした。

完璧な空っぽ

どんな時も空っぽがよかったのです。


私はかつて「空っぽ」でいられたので
ある程度楽ちんでした。

でもその状態の更なる先がありました。

そしてその更なる先は
「意図することを忘れたらどうなるか?」

という問いを解決するものでした。

、、、解決した、というよりは
問題そのものが消えてしまったのだけども。


至る前はこの問いに対して
「意図することを忘れても大丈夫になりたい。
どうしたらなれる??」
と思っていた私でしたが
実は想像以上の解決を得ました。

至った瞬間、
そもそも意図すること自体が消え去り
意図する私が消え去り
「忘れたらどうなるか」なんて問い自体が消え去り
「大丈夫」であることも消え去りました。

そう、問題そのものが消えた。

問題を超えてしまったのでした。

(これは例えですよ)

もしかして
かつての私のような人がいたら
ヒントになるかも、と書きました。
@(*・ω・*)ポッ



ちなみにここに書いたことは
実践されている方は
「ふ~ん、そうなんだぁ。
さて、精進、精進!」
くらいの姿勢がいいです。

私の書いていることについて想像し始めると
その時点で実践できていないことになります。

これはスピ系の本に対しても言えます。

精神世界の本を読んでも
「そうなんだぁ~」くらいの姿勢がいいと思います。

議論しても それがどういうことか考えても
意味ないのです。

それはそうならなければ
単なる想像となるだけですから
議論も単なる想像上の議論となってしまうんです。

だからそうなるしかない。

そうなるためには
ひとまず、そうなろうとすることから離れて
自分の理想に集中してください。


今を大切に、、、。



スポンサーサイト

Comment

ラピ。さん。こんにちは。
ご無沙汰しております。

少し前のエントリ関連になると思いますが、こちらに書かせて頂きますね。


意思の力が強い=エゴ、我、自我の強さ。ですね。

思うにエゴって体力と同じじゃないかな。

個人的に、【命がけで渡る激流 (と、その後の悟り)】とは、
激流と表される程の葛藤に踏み入り、自我の消滅と引き換えにそこに至るか、流されて正気を失うか。だと解釈しています。

相当な意思の強さ=体力が無いと溺れてしまうのです。

反面、その意思の強さゆえに、努力の方向が違っていても自分では気付けない、軌道修正が難しいという事も起きますね。

けれど、激流を渡る資格があるのもまた、人の意見に聞く耳を持たないぐらい我の強い人=体力のある人なのです。

なので強い意思+正しい方向性の両方が大切だと感じました。

続きます
  • 2014-11-19│13:36 |
  • 楓 URL│
  • [edit]
そして。そうなんだ~。
私の方はと言えば、日常生活をコツコツ積み上げていますよ。

マインドは相変わらず(…ぃゃゃ~ ) 言いますけど。前よりは小声に(笑)

つべこべ言わずにすぐやれ。でも、やる。をやってます。

するとたまに、やる事に集中し「空っぽな容器」になっていて、(あ、今自分が居なかった…)となる時があります。
これはこれで充実しているのです。

私は今までも宗教その他にはまった事は無かったのですが、これからもそれらが不必要な身軽さと、日々頑張る事でok。と言う安心感をラピ。さん、TKさんから頂いたのです。
本当にありがとうございました。

では。
引き続きコツコツと、くたくたになりに戻ります。
ラピ。さんもお疲れの出ませんように。
  • 2014-11-19│13:41 |
  • 楓 URL│
  • [edit]
e-278 楓さん コメント ありがとうございます!

楓さん、お久しぶりです!

がんばられているようですね。
お元気そうでよかった。


>個人的に、【命がけで渡る激流 (と、その後の悟り)】とは、
>激流と表される程の葛藤に踏み入り、
>自我の消滅と引き換えにそこに至るか、流されて正気を失うか。
>だと解釈しています。

>相当な意思の強さ=体力が無いと溺れてしまうのです。

そうだと思います。

>けれど、激流を渡る資格があるのもまた、
>人の意見に聞く耳を持たないぐらい我の強い人=体力のある人なのです。

「意見に聞く耳を持たない=我の強い人」
これについては
私の場合、そうであったとも言えるし
そうでなかったとも言えます。

私は、(そして皆さんもそうだと思いますが)
日常を生きながらの実践でした。

社会で生きていく中で
やるべきこと(仕事とか、家事とか)はきちんとやり
実践し続けました。

自分の実践に対しては
誰かに「そんなことやめたら?」といわれても
辞めないくらい頑固だったでしょう。

というか、あれこれ言われたくなかったので
誰にもなにも言わず
誰にも相談せず 
それでいてずっと実践しておりました。
(第2の実践)

実践時中、私の実践について伝えたのは
師匠のみです。(第4の実践の前)

人の話を聞かない、というのが
そういうことであるのなら
そうなのですが
かつては社会の中で
実践以外のことでは我を通すことはなかったです。

ちなみに最後の激流前は
師の話をきちんと聞き、それに従いました。

そしてそれによって激流が起こり
その激流に飛び込みました。

「え?」かもしれませんが
その疑問は今はひとまず置いといて
「そうなんだぁ~」でいいです。

わかろうとしないほうがいいです。


>強い意思+正しい方向性の両方が大切だと感じました。

その通りです。

何を実践とするかを決めるときは
必ず善なる方向であることが前提です。
そしてじっくり、納得するまで
考えたほうがいいと思います。

なぜならそれをやり通していくのだから。

方向性を間違ってしまうと
せっかくの努力も
反対のベクトル向いて進んでしまうから
遠回りをすることになります。


>これはこれで充実しているのです。

ええ、わかります。

楓さん
どうぞ、ますます清き道を!

そしてますます充実した毎日になりますように!


>ラピ。さんもお疲れの出ませんように。

ありがとうございます。

でも大丈夫ですよ。
何もすることなくできるので。

@(*・ω・*)ポッ
  • 2014-11-19│22:46 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
ラピ。さん、こんばんは。
集中の反動からか、よく泥のように眠っていますが(笑)元気です。
ラピ。さんもお変わりなく、なによりです。


『人の話を聞かない』については、私の言葉足らずでしたね。

『我が道に関しては曲げない人 (頑固)』の意味でした。
なのでご指摘の通りです。


善を選ぶ。
それに加えて私の場合は、24時間自分を録画しているつもりで居ます。

出来事は起こるけれど、自分の善の基準で行動する。
物事を人のせいにしないで最善を尽くそうとする。
言葉にするとこんな風でしょうか。

自分基準での後ろめたく、格好悪い事はしたくないのです。

(そして方角はあっているのだから後は) 全力でやれるだけやったな。と、日々の終わりに思えれば満足です。

その先の事はわかりません。
やれる事をやらず以前のように想像や空想に費やす時間がもったいないのです。

お時間ありがとうございました。
ますます。を続けます☆


では。お疲れ様です。
(もちろん、一般的なご挨拶ですョ。笑)
  • 2014-11-20│20:28 |
  • 楓 URL│
  • [edit]
No title
楓さん

『人の話を聞かない』について私が書いたことは
他にもコメントを読んでくださる人も
いるかもしれないので
これから実践すると決心される方のために
ヒントとして
私の場合を付け加えただけです。

指摘ではないのでよろしくね。

(ちょっとあえて書かせていただきました。
「指摘された」と楓さんは感じたわけですね。
そしてそれが、更なる行動のきっかけとなります。
思いが行動のきっかけとなるのです。
ちなみにこの私のコメントも ヒントと捉えてください。
批判ではありませんよ。)


>それに加えて私の場合は、24時間自分を録画しているつもりで居ます。

興味深いのですが
それは何かの意図があってのことですか?

実践が一番大切なので
これについてのお返事はなくていいです。

質問だけしとくね。


>自分基準での後ろめたく、格好悪い事はしたくないのです。

大切なことです。
後ろめたい、と思うことをすることは
「自分が後ろめたいことをした」という
事実となって残ります。

いわゆるカルマがそこで追加されるわけです。

これからの道を歩くとき、
その「事実」(その人にとってのうしろめたい事実)は
少ないほうがいいです。


楓さん、本当にがんばられていますね。

これからも充実した毎日を送られていくでしょうね。

お疲れ様です。
  • 2014-11-20│22:48 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
こんばんは。

はい。大丈夫です。お気遣いありがとう。

ラピ。さんには諸々お見通しだと思いますのでお気になさらず。

私は自主的に妄想するのをやめたし言葉や例えにはとらわれないので、私の書き込みを使ってラピ。さんの好きなように書いて頂きたいです。


…って何だか私、優等生みたいな口ぶりですね(苦笑)

でも少し前までは自分の事ばかりで、ラクやズルしたいろくでなしでした。

今は方向性も意図もあり、地に足が付いたとても清々しい気分です。

続きます
  • 2014-11-21│20:51 |
  • 楓 URL│
  • [edit]
そう言えば小さい頃、よく昔話や絵本を読んで貰いました。

中でも杜子春が印象的だったのを思い出しました。
子供ながら色々想像してましたね。

人でなしなら仙人になれるんだろうか?

でもこの仙人は、人でなしにはその資格が無いとした。

それから、その気があるなら(これまでのような金銀財宝ではなく) 山奥の田畑をあげよう。=勤勉な人間に戻れ。と。

じゃあこの仙人自身はどうやって仙人になったんだろう?

なんかモヤモヤ納得行かない…

こんな感じで(笑)


最後のページは、桃の花咲く田畑で鍬を振るう杜子春の挿絵で終わります。

そして。

他の方の書き込みやラピ。さん達に関わって頂いた今ならわかります。

あれはとても幸せな結末及び始まりだと。

ろくでなしだった私、まんま杜子春ですね(笑)

ではまた行って来ます( ´ ▽ ` )ノ
  • 2014-11-21│20:58 |
  • 楓 URL│
  • [edit]
No title
「空っぽそのもの」と言っているのは誰でしょう。
そこのところを考察してみてくださいな。
  • 2014-11-21│21:29 |
  • 探求者K URL│
  • [edit]
楓さん

杜子春って話、
なんだか素敵な話なんですね。

楓さん、ありがとう!

そして、
いってらっしゃい!

@(*・ω・*)ポッ
  • 2014-11-21│21:42 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
探求者Kさん

>「空っぽそのもの」と言っているのは誰でしょう。

なんだか、かつて同じような質問があったような、、、。


>そこのところを考察してみてくださいな。

面白い提案ですね。
探求者Kさんは考察できるんですね。
  • 2014-11-21│21:52 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
>完璧な空っぽ
どんな時も空っぽがよかったのです。

空っぽでなくても、よくないですか?


>何も意図する必要がない。

必要がないということは、意図できるのにごまかしている?
  • 2014-11-23│15:38 |
  • ローマ法王 URL│
  • [edit]
ローマ法王さん

>空っぽでなくても、よくないですか?

私の場合は精進した結果
「空っぽ」を得ました。
(まだ至ってない時の空っぽ)

もちろん、それまで「空っぽ」を
求めていたわけではなく
精進した結果、いつの間にかそれを得ただけのこと。

ちなみにかつての私は「空っぽそのもの」が
よかったです。

「空っぽ」は知っていたけど
「空っぽそのもの(完璧な空っぽ)」ではないとわかったので
「空っぽそのもの(完璧な空っぽ)」がいいと思いました。


>空っぽでなくても、よくないですか?

ええ、いいんじゃないですか。
ローマ法王さんの自由だと思います。

別に押し付けておりません。

もしかしたら誰かのヒントになるかも
と思って
かつての私の思っていたことを
書いただけです。

そしてすでに「空っぽ」は得ている方がいたら
その先もあるよ、ということです。
(私はそれを、師と出会うことによって
気づけましたから。
師に感謝しています。)


>必要がないということは、意図できるのにごまかしている?

なぜごまかす必要があるのでしょうか?
何のために?
私になんの得がありますでしょうか。

何度も書いてますが
必要がない、というのは
そうしなくてもできる、ということです。

そして「そうしなくても」
という言葉に
「では、そうすることもできるのですか?」
と質問されるのなら
「そうする」という仕組みそのものが
消滅しているから
「そうする」ことはできません。(これは例えですが)

かといって何もできないわけではなく
「できる」わけです。

そうすることなくできる
(=意図なくできる)
ということです。

ちなみになぜ、「必要ない」という言葉を使うのかは
普通は「意図が必要」だからです。
  • 2014-11-23│16:50 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
素直なラピさんを感じたので満足です。

ただ、まだ捨てるべきものはあると思いました。

失礼します。
  • 2014-11-23│17:47 |
  • ローマ法王 URL│
  • [edit]
No title
捨てるべきではなく、
捨てられるものでした。

  • 2014-11-23│17:48 |
  • ローマ法王 URL│
  • [edit]
ローマ法王さん

ローマ法王さんにどう思われようと
残念ながら(笑)
私には捨てるもの
捨てられるものがないんよね。

ローマ法王さんそうが感じるのは
「悟った人はこうだ」
のような先入観があるからでしょうね。

  • 2014-11-23│21:04 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
ラピさんは、悟った人なんですか?

慢心はどうですか?

  • 2014-11-25│11:20 |
  • ローマ法王 URL│
  • [edit]
No title
ローマ法王さん

例えて言えば
その慢心のもとがないんですよ。
  • 2014-11-25│12:25 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
よく見れば、まだ もとはあります。

見なければ、あるはずもありません。

これ以上はやめておこうと思います。
  • 2014-11-25│14:19 |
  • ローマ法王 URL│
  • [edit]
ローマ法王さん


>これ以上はやめておこうと思います。

ええ、ぜひそうしてください。
  • 2014-11-25│17:34 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。