[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

幸せでいいと思う


かつて私は 大変自分に厳しく
そんな私が歩いてきた道を
今ブログに少し書いているのですが
全てを書いてしまうと
すごく厳しい内容となってしまいます。


私は私以外の人に
大変な思いをさせたくありません。

「私が身代わりになって
全てを引き受けよう」

この思いで第2の実践を続けました。

みんなが幸せになれる方法を
見つけたかった。


しかし、私が大変な思いをして
至ったこの道であることも事実。

大変なことを乗り越えたからこそ
今の境地であることも事実なんです。

この境地の前に
激流があるので
この境地になるには
そこを乗り越えなければならない。



この世界で
全ての人がどんな瞬間も
幸せに生きられたらいいのに。

私はずっと続く幸せがよかった。

そしてずっと続く幸せを見つけたら
みんなと分かち合いたかった。

辛い思いは私一人でたくさんだと思った。

全ての人を代表して
私がその苦を乗り越えるのだ。
私が永遠の幸せを見つける!

なんて思っていました。


でもね、実は世の中
そんなに辛いものではないのかもしれない。

しかし私にとっては
とても辛いものだったから
みんな辛いと思っている
と思っただけかもしれない。

それとも私は欲が深かったのかもしれない。

「楽しいことも辛いこともある。
人生こんなもんよ」
なんて全く思えませんでした。

もっと完璧な幸せがいい
って思ってました。

そしてその強い思いは
私を実践へ集中させた。



私は今、
とても幸せです。

そして幸せだと言っているけど
一般的な幸せとは違い、
この幸せの境地は
それを受け入れられる状態でないと
受け入れることができない。

例えば私がまだ自分の準備ができていない時に
この境地に少し足を踏み入れたのですが
その時は大変怖かった。

今私が言っている「対象のない世界」が
まだ準備できていない時は
恐怖でしかないのだ。

今わたしの安らいでる境地が
多くの人にとっては恐怖かもしれない。

なぜならかつての私もそうでしたが
普通の人は対象を拠り所とし、
対象によって自分の存在価値を得ているからです。

そんなかつての私が
対象のない世界で存在できるはずがない。

それは誰にも当てはまること。


だから
この境地は目指さないことです。

考えてるより甘くはありません。

そしてお勧めできません。



私はみんなに幸せでいてほしいと思う。

ずっと幸せでいてほしいと思う。

そして「それで幸せ」と言うなら
そのままでいいんじゃない、って思う。



でももし、
かつての私のような人がいたのなら
私の通った道を伝えることで
何かの力になれるかもしれない。

だからブログ書いてます。

@(*・ω・*)ポッ



スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014-12-15│02:18 |
  • [edit]
No title
鍵コメさん

以前から読んでくださっていたのですね!
どうもありがとございます。

はい、実は少し心配していました。

私は私のその道のおかげで
今の私があるのですが
私がやってきたことを人に伝えてよかったのか
とふと思いました。

なぜなら楽な道ではないから。
(私にとってはその道しかなかったのですが)

私にとってはその道が当たり前だったので
(挑戦することが好きでした)
私にとっては全く問題がなかったのですが
他の人にとってはどうなんだろうと、、、。

この道をまっとうすれば
それまで費やされたものは
おつりがくる以上のことなんですが
(変な言い方ですね(笑)でもほんとです)
そこに至るまでの道が
楽な道ではない。

そして進み始めたら
ある意味後戻りはできません。

でも鍵コメさんのコメントを見て
安心しました。

どうもありがとう。

安心して応援することができます。

これからもどうぞよろしくお願いします。


ちなみにですね。

私やTK師の状態についてですが
感情がなくなったわけではありませんよ。
逆に至ったほうが感情豊かな気がします。

感情の表現を遮るものがなくなったので
自由に表現することができるのです。

感情の表現に付随するものがないのです。
(例えば思いとか。ここ、表現が難しいのですが)

そして表現しても
表現せずに表現できる、といった感じです。

表現しているように見えて
それは行為ではなく
何もしていない。だけどできる。

例えば怒りを表現するとき
表現はできるけど
怒りは起こっていない状態
とでも言いましょうか。

普通、感情を表現すれば
その表現したことが行為として積み重ねられます。
(=カルマとも言える。
よって日々、善なる行為をおすすめするのはそのためです。
善なるカルマの積み重ねとなります。)

しかし私たちは表現してるように見えて
何もしていないので
カルマが積み重ねられようがないのです。

何も考えられないことはありません。
逆に至った時のほうが
考えを邪魔するものがないので
常にクリアな感じです。

そしてこれまた、「考える」という
行為なしで考えることができる
といった状態です。

なんでもてきぱきできちゃいますよ。
何もしていないけど。

今の状態は例えて言えば
子供の頃のような感じかな。

なにかを 表現するときに
何も遮るものがなく
ありのままに表現できることができる。

自由を超えた自由と言えるかな。

この境地はこの境地を受け入れられるのであれば
最高に快適なんです。
  • 2014-12-15│12:54 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014-12-15│19:17 |
  • [edit]
No title
鍵コメさん

>悪いこと、間違っていることをすると心が痛み。
>人が喜ぶこと、善を行っていると力がみなぎるからです。楽しいんです。

その通りだと思います。
そしてそれは人として大切なことであり
当然のことです。

しかし、それがなかなかできない人が多い。

簡単な真理であるのに。


鍵コメさんの書いてくださったその思い、わかりますよ。

その思いが本物であれば
これからの道できっとそれが助けてくれる時が来ると思います。

鍵コメさんはかつての私にちょっと似てるかも。
コメントを見てそう思いました。


鍵コメさんが今決めたことを精一杯やって
それをやり遂げたとき
次の扉が開きます。
(求めても扉は現れません。
結果的にあらわれる、という感じです)

今は善なる自分を信じて
どうぞ、これからも清き道を。

きっともう、道がそれることはないでしょうね。
  • 2014-12-15│23:50 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
質問です
全ての人が死を安楽に迎えられるようになって欲しいと願っています。

ラピさんの至った境地からはこのような他人の死に際の苦しみについて、どのような感じるのでしょう?
私の願いを達成するために、何かアイデア、アドバイスいただけるとありがたいです。

また、ラピさんは輪廻から解脱したのですか?

よろしくお願いいたします。
  • 2014-12-20│17:58 |
  • pipi URL│
  • [edit]
No title
pipiさん

ようこそいらっしゃいました!
書き込みありがとうございます。


「苦」については
私もかつてそれを経験していますのでわかります。

かつては最高の苦を通っております。

だからこそ、こうやってブログを書いています。


>全ての人が死を安楽に迎えられるようになって欲しいと願っています。

このpipiさんの目標(というのかな)は
pipiさんならの目標ですね。

pipiさんご自身の経験からの目標なのではないでしょうか。

よって、それをどうやって叶えていくかの方法は
pipiさんが一番よく知っています。

pipiさんのかつての経験から
こうすればよかった、というものがあるのなら
それをやっていけばいいと思います。

後悔ないように。

ちなみに私はどちらかといえば
>死を安楽に迎えられるように
よりは
幸せに生きていけるように、という方向性でした。
これが私の特性とも言えます。


そういう目標の設定は
人それぞれの特性が現れると思いますから
pipiさんならではの方法が一番だと思います。

どうすればいいかは、
pipiさんが一番わかっていらっしゃると思います。


ちなみに私の場合をお伝えすると、
自分がどうすればいいかについて
自分に問い続けました。

そして自分の納得いく答え、
例えばそれまで自分が問題と思っていたことを
解決していけるだろうと思える
納得した方法を答えとし
それをやり続ける決心をしました。

それが私の第一の実践です。

自分の善の心により納得した方法でなければ
続けられないと思います。

そして継続は力なり、です。


>ラピさんの至った境地からはこのような他人の死に際の苦しみについて、
>どのような感じるのでしょう?

至れば感情がなくなるわけではありません。

悲しい話を聞けば涙するし
おもしろい話を聞けば笑う。

ただし、悲しみそのもので
悲しむものはいません。

笑いそのものであり
笑う人はいない、という例えで表現できます。


私もかつて苦しんだことがあります。

苦しむということが
どういうことかわかっております。

その人の苦から
その人に合ったことを
お伝えできたら、と思います。



>また、ラピさんは輪廻から解脱したのですか?

カルマはもう生じないと思います。


このあたりの話は
pipiさんの目標を達成するのに必要ない話だし
伝えてもいろいろ想像してしまうと思うので
これ以上は控えさせていただきます。
  • 2014-12-20│22:07 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
睡眠時の夢
ラピさんありがとうございます。
自分で決めるより他ないのですね。
自分なりにやっていこうと思います。

私は毎日のように夢を見て良く覚えています。熟睡できていないように感じる時もあり、コントロールできないものか?と思っています。

ラピさんは夢を見ますか?
至った後と前で何か変化がありましたか?
  • 2014-12-21│11:51 |
  • pipi URL│
  • [edit]
No title
こんにちわ。

<悟り>には「対象をそのものになりきる、自己拡散系」ものと「対象を傍から観察する、自己観察系」2種類あると思われますが、ラピさんはどうお考えですか?

また、<悟り>と<チャクラ>には関係があると思いますか?

ご教授ください。
  • 2014-12-21│15:21 |
  • happy URL│
  • [edit]
No title
pipiさん

夢は見ません。

>至った後と前で何か変化がありましたか?

変化したとも言えるし
変化していないとも言える。

私に起こったことは
pipiさんが思っている「変化」ではありません。

しかし、変わった、と言えば変わったのです。

  • 2014-12-21│15:57 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
happyさん

こんばんは。

><悟り>には「対象をそのものになりきる、自己拡散系」ものと
>「対象を傍から観察する、自己観察系」
>2種類あると思われますが、ラピさんはどうお考えですか?

実践の内容とネーミングが微妙ですね。
ちょっと「想像」が入っていると思います。

>「対象をそのものになりきる、自己拡散系」

これは拡散というより「集中」ではないでしょうか。

>「対象を傍から観察する、自己観察系」

対象=自己ということでいいですか?
自己観察ですよね??


ちなみに私は
対象に集中する実践でした。

自己観察で至った人もいるのですか?
教えてください。


><悟り>には「対象をそのものになりきる、自己拡散系」ものと
>「対象を傍から観察する、自己観察系」

このことばから受けるイメージで実践してしまうと
うまくいかないと思います。

悟りにも「コツ」があるのです。

それについてはこのブログのいろんなところに
書いてあります。

そもそも実践中に「対象」と思っているもの以上に(以外に)
「それ」はあります。

至る前ではそれに気づくことはできないでしょう。

よって、想像外、想像以上
想像できるものではないです。
(=想像できること自体、対象が存在していますから)

だから実践は実践以上でなければなりません。

決めた実践し続けて
それを飛び越えるしかない。
(例えです)


>また、<悟り>と<チャクラ>には関係があると思いますか?

私の実践に関していえば「ある」と言えます。
  • 2014-12-21│19:06 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
ご丁寧にありがどうございます。

「対象をそのものになりきる、自己拡散系」というのは、全チャクラの解放により、自分(カラの意識)が拡散し、世界に自分(意識)が拡がる悟りのことで、
「対象を傍から観察する、自己観察系」 というのは、眉間のチャクラが自分に向き、自分に起こる全てのことをそれに巻き込まれることなく只冷静に凝視する眼で自分(カラの意識)の中に世界を見る悟りのことを表しました。

これを<悟り>というのか分かりませんが、前者は「世界に自分が吸い込まれることで、自と他が一致」し、後者は「自分の中に世界が吸い込まれることで、自と他が消滅」します。

ラピさんの仰る<悟り>とは以上のどちらかではないですか??
  • 2014-12-21│21:50 |
  • happy URL│
  • [edit]
No title
happyさん

>「対象をそのものになりきる、自己拡散系」というのは、
>全チャクラの解放により、自分(カラの意識)が拡散し、
>世界に自分(意識)が拡がる悟りのことで、

対象そのものになりきると
全チャクラが解放されるのですか?
(その言われている対象って何でしょうか?
何になりきるのですか?
具体的に教えてください。)

世界に意識が広がるとのことですが
私の状態では世界も意識もありません。

よって「世界に自分(意識)が拡がる悟り」というのは
あり得ません。


>「対象を傍から観察する、自己観察系」 というのは、
>眉間のチャクラが自分に向き、
>自分に起こる全てのことをそれに巻き込まれることなく
>只冷静に凝視する眼で自分(カラの意識)の中に世界を見る悟りのことを表しました。

自分の中に世界を見るとのことですが
私の状態では見る自分も世界もないのです。

よって「只冷静に凝視する眼で自分(カラの意識)の中に世界を見る悟り」
というものはあり得ません。

(この時、どんな世界を見るのでしょうか??
もし、その体験をされたのだとしたら
一種の神秘体験ではあると思いますが
まだ対象が存在しているので悟ったとは言えません。
そもそも悟りは経験できません。
経験として残っているその出来事は神秘体験の一種でしょう。
その自分の中に世界を見る状態って
ずっと続かないでしょう?)

自分に起こるすべてに巻き込まれない
「それ」はなんでしょうか。
巻き込まれない、ということは
分離していますよね?

その「それ」が消滅したのが悟りです。
(分離しようがない)

よって巻き込まれるとか、巻き込まれないとか
そもそもそういうことが起こりようがない状態です。

巻き込まれることがない、ということは
巻き込まれるものと巻き込むものがまだ存在していますね。


>「対象をそのものになりきる、自己拡散系」というのは、
>全チャクラの解放により、自分(カラの意識)が拡散し、
>世界に自分(意識)が拡がる悟りのことで、

これが「世界に自分が吸い込まれて自と他が一致すること」 とのことですが
世界に自分が広がると表現できるのなら
それは消滅していません。

>「対象を傍から観察する、自己観察系」 というのは、
>眉間のチャクラが自分に向き、
>自分に起こる全てのことをそれに巻き込まれることなく
>只冷静に凝視する眼で自分(カラの意識)の中に世界を見る悟りのことを表しました。

これが「自分の中に世界が吸い込まれることで、自と他が消滅」
とおっしゃっていますが
自分の中に世界を見る時点で
見るもの(自分)と見られるもの(世界)が存在しており
消滅していない表現となっています。

よってそれぞれ矛盾しております。

>ラピさんの仰る<悟り>とは以上のどちらかではないですか??

ということで違うようです。

悟りとチャクラが関係すると前のコメントで書きましたが
もちろん、関係していますが
happyさんが書かれているようなことではありません。

  • 2014-12-21│22:45 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。