[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

悟り


「それ」は対象ではないので
知ることができない。

知っている

と言った瞬間
「それ」は「それ」ではなくなる。


私は何も知らない。

知らないが故に
知ることができる。

何にも縛られることなく
ありのままに知ることができる。




悟った人は
何かをしているようで
何もしていない。

悟った人の発した言葉は
発した瞬間、単なる言葉であり、
悟った人のものではない

発することなく発する

言葉に表すと変ですがそうなんです。

だからカルマが発生しない。

なぜなら何もしていないし
何も起こっていないから。

何かを「する」人はいないし
何かを「経験する」人もいない。


ただただそうあるのみ。




悟った人は愛である。

愛するとか愛されるとかではなく
愛そのものである。

愛する対象はないが
(この愛する、というのは動詞ですね。
意図が必要な動きです。
愛する、という意図があっての行動ですね。
その動作が悟った人にはないんです。
「愛する」と言う時
愛さない状態も同時に存在します。
永遠に愛し続けると決心し、そう行動し続けることは
ある意味精進の道です。
素晴らしい道だと思います。)
愛することなく
愛そのものなんです。



悟った人は例えて言えば「心」がない。

よって煩うことなく
迷うこともない。

なぜならそれらの原因となる「心」がないから。


心が豊かという表現がある。

それは豊かでない状態もあるからこそ
言える言葉である。


悟った人は豊かになりえない。

豊かになろうと思っても無理です。


なぜなら「豊か」そのものだからです。

何もすることなく。行為することなく。





究極の幸せがよくて
日常の幸せには満足できず
よって日常の幸せを捨てて
わざわざ自分から大変な道を選びました。

幸せである時もあれば
そうでない時もある幸せなんて
そんなものいらない

と捨ててしまいました。

その幸せは
私の本当に欲しいものの代わりにはなりえなかった。



究極の幸せを求めて
日常の幸せを捨てました。

そして険しい自分への挑戦をし続けました。

自分の限界の先に何があるのだろうか。

それを想像する暇もなく
自分の限界に挑戦しました。

そして今に至りました。


何でも決心して精進することは
きちんと実を結びます。


しかし、精進すると決めたなら
結果を期待して精進してはいけません。

求めることなく精進しなければなりません。


私の場合、自分の思いを捨てて
ひたすら精進しました。


何度も書いていますが、、、、。


ほんとあきらめないでよかったです。


んでもって今の境地。

これは想像以上のものでした。

よって想像できな境地です。


私がお伝えしても想像できない。

想像したものはそれではありません。

はい


@(*・ω・*)ポッ



スポンサーサイト

Comment

No title
いつもロムさせて頂いています。v-436
ありがとうございます。

ラピさんから見て悟った方は、
tkさん、釈迦以外にあげるとするとどなたですか?


あと仕事、していらっしゃるんですか?
悟っても仕事できるものですか?
  • 2015-03-02│11:53 |
  • 真木 URL│
  • [edit]
No title
真木 さん

読んでくださってありがとうございます。

>ラピさんから見て悟った方は、
>tkさん、釈迦以外にあげるとするとどなたですか?

あまり詳しくはないのですけど、、、。
インターネット上で言葉を見たことがある人のなかでは。

キリストもそうだと思います。
(TK師がよく引用されます)
またEOさんも。

その方たちの言葉は「なるほど~」とわかります。

またバーナデット・ロバーツさんの本の内容が
インターネットで少し紹介されていて
読んだことがあるのですが
これまた なるほどと思います。
この方の表現、好きかもです。

他にもいらっしゃると思いますが
詳しくは知らないです。

悟っても、ネット上で表現していない方も
いらっしゃるかもしれませんしね。

対話すればお互い、わかると思います。

>あと仕事、していらっしゃるんですか?
>悟っても仕事できるものですか?

はい。
悟った後も普通に仕事して普通に生活しています。

周りからは何も変わってないように見えると思います。
特に私からそういうことを言うことはありません。
悟りに興味のない人にとっては
「?」な話だと思うし
それでいいと思います。

日常は何にも煩わされることなく、
快適に生活できております。

仕事も休日も全く区別がなく
何をするのにも効率が上がりました。

というのも例えて言えば仕事であるなら
「仕事」と「仕事をしている私」と「仕事をすること(動作)」の
時間差がなく(区別がなく)
無駄な動き、時間(というのかな?、例えです)がないからです。

瞬間に生きている、という例えで表すことができ
未来とか過去に煩わされることがありません。
  • 2015-03-02│13:01 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
早速、ありがとうございます。

やはり追い詰め系なんですねv-410

仕事に関しても普通に仕事をしていらっしゃるという事で
とっても意外で私の中でのラピさんへの好感度アップしました。

もう3点お尋ねさせてください

1. 悟りについて人によっては以下のような記載を見ます。
・一回きりでおしまい
・無限に深まっていく
・悟った後に苦労する
どれが的を得てますか?

2. 以前スピリチュアルやってらっしゃったと思いますが、
エネルギーが云々のような所とか完全に捨て切れましたか?
もし残っていたら、
どういう感じに残っていますか?

3. 実践終わったら、人生の楽しみは何ですか?
毎瞬で完結してて何もしないでしているような状態だったら、
仕事とかもそうですし、生活自体のやる気おこらなそうですけれどもv-354


  • 2015-03-02│13:44 |
  • 真木 URL│
  • [edit]
No title
真木さん

>やはり追い詰め系なんですね

追い詰め系とはなんでしょうか。
その他の系も教えてください。


>1. 悟りについて人によっては以下のような記載を見ます。
>・一回きりでおしまい
>・無限に深まっていく
>・悟った後に苦労する
>どれが的を得てますか?


へぇ。そういう記載があるのですね。

「一回きりでおしまい」はもう生まれ変わらない、という意味でしょうか?
、、違うでしょうね。

神秘体験を悟りと勘違いしている人の記載の
可能性があります。

神秘体験は確かに一回きりです。


「無限に深まっていく」

う~ん。
前後の文がないので何とも言えません。
実際はそのようなことはありませんが
例えとしてはそう言えるのかな、、。

私には当てはまりません。
(その例えは使わない)


「悟った後に苦労する」

面白いですね。
この人は悟ってないと思いますよ。

なぜなら、悟ってしまえば苦労しようがないからです。
苦労する私が消滅しているので
周りからは苦労と見えるかもしれない状況でも
「苦労を経験」しようがありません。

その人は何を苦労しているのでしょう。
それは神秘体験どまりなんじゃないかな。

神秘体験をした後、現実に戻った時
ある意味、苦労するような気持ちになるかもですね。


>2. 以前スピリチュアルやってらっしゃったと思いますが、
>エネルギーが云々のような所とか完全に捨て切れましたか?
>もし残っていたら、
>どういう感じに残っていますか?

スピリチュアルしてた時は確かに
私の斜め上から幸せなエネルギーを感じていた時がありました。

しかし、このエネルギーは外から来ているものですね。
(ちなみに内からエネルギーを受ける、発生するというのも同じです)

エネルギーを発する対象があって
それを私が受け取る状態で
明らかに悟っている状態ではありません。
(対象が存在している)

確かにこの頃は幸せ「感」を感じていました。
「感」というのがポイントです。

感じることは
対象があって感じることができるのであり
もし、この幸せ感にとどまっていたら
私は悟ることはできませんでした。

よってこのエネルギーはいらない、
と繋がることをやめて
実践に集中しました。

>エネルギーが云々のような所とか完全に捨て切れましたか?

最終的には捨てるとか捨てないではなく
対象が消滅したので
=エネルギを発する対象も消滅したのです。

捨てる必要なく、消え去りました。

よって残ることもありません。

エネルギーに頼る必要なく
幸せそのものになりました。

ちなみにこのエネルギーを受けている状態は
明らかに悟っていません。

しかし、この状態で悟っていると勘違いしている人は
いるかもしれません。
幸せ「感」はあるでしょうけど。
「感」じゃだめです。

そのエネルギーが途切れたら
幸せ感はなくなっちゃうよね。
何かに頼っている大変不安定な状態だと思います。


>3. 実践終わったら、人生の楽しみは何ですか?
>毎瞬で完結してて何もしないでしているような状態だったら、
>仕事とかもそうですし、生活自体のやる気おこらなそうですけれども

実はこの質問自体にからくりがあります。

そもそもこの質問の前提に
人は生きていくには楽しみや目的ややりがいが必要
というのがあるのではないでしょうか。

しかし、悟ってしまえば生きていくのに(例えですが)
楽しみも目的もやりがいも必要ないのです。

ただただそうあるだけで幸せそのものなのです。

幸せになる手段が必要ない。

目的が必要だという時
まだ目的が果たせていない時はある意味幸せではないかもしれない。
しかし、その目的が行動の動機となりますね。

またやりがいというものがあれば
大変なこともがんばれますね。

これらは相対的な現象で成り立っています。

目的もやりがいも
ある意味大変だと思うことをがんばることのできる
動機づけになっています。

何かをやり遂げるのには
動機や理由や目的が人には必要です。

しかし、悟ってしまえば
大変なことがそもそもないので
それを動機付ける必要がないのです。

普通、人はやる気がないとできないかもしれません。
やる気があって、そのおかげで行動することができる。

悟った人はそれそのものなので
やる気なく行動できる。
(誤解を受ける表現の仕方かな(笑)

行動そのものであり
幸せそのものだから
目的もやる気も必要ないのです。

やる気が起こらなくとも簡単にできてしまいます。
やる気が必要ない。

そして全てがその都度新鮮で
退屈しようがありません。

その都度完結し、その都度新鮮なんです。


> 実践終わったら、人生の楽しみは何ですか?

人生には楽しみが必要だ と思っているから
この質問が出ます。
普通はそうだと思います。

しかし、悟った人は楽しみがなくても
楽しみそのものだから
楽しみが必要ありません。

何も必要なく、それそのもの
例えて言えば幸せそのものなのが悟った人です。

(ちなみにエネルギーを受けて幸せな場合、
エネルギーがあるから幸せであって
その幸せにはエネルギーが必要ですね。)

実践が終わってよかったです。

ちなみに実践を終わらせたのではなく
実践する私が消滅したことにより
実践そのものがなくなったのでした。
  • 2015-03-02│20:41 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
>追い詰め系とはなんでしょうか。
その他の系も教えてください。

崖まで追いつめて苦しみそうな感じの教えです。
良い事を前面に押し出す教えもあるかなと。


>「一回きりでおしまい」はもう生まれ変わらない、という意味でしょうか?
、、違うでしょうね。

私がいなくなるのは一回きりで私がまた現れたりしないのかな?って

>神秘体験は確かに一回きりです。

神秘体験が一回ですか
体験だから逆にいっぱいしそうなイメージあります。

>「無限に深まっていく」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%B7
例えば、完全な、無限の、不死の、実在かつ意識かつ至福である真我というような記載です

>例えとしてはそう言えるのかな、、。

>私には当てはまりません。
(その例えは使わない)

これは、悟った人でも解釈の違いが出てくるという事ですか?

>神秘体験をした後、現実に戻った時
ある意味、苦労するような気持ちになるかもですね。

私は、十牛図をイメージしていました。
ラピさんの神秘体験ってどういうのだったのですか?


>対象が消滅したので
=エネルギを発する対象も消滅したのです。

今は、エネルギーは感じるのですか?
それともエネルギーそのものだから感じないですか?

>悟った人はそれそのものなので
やる気なく行動できる。
(誤解を受ける表現の仕方かな(笑)

なんだかよくわからないけど、私も嬉しくなりました。v-290
  • 2015-03-02│22:23 |
  • 真木 URL│
  • [edit]
No title
>崖まで追いつめて苦しみそうな感じの教えです。
>良い事を前面に押し出す教えもあるかなと。

なるほどです。

釈迦は彼岸の前は激流だと言っています。
私もその通りでした。

ある意味、激流は苦しみとも言える。
そこを乗り越えて彼岸に渡ります。

最終の自我消滅には
激流を渡らなければなりません。
よって楽な道では決してありません。


>私がいなくなるのは一回きりで私がまた現れたりしないのかな?って

悟っているのなら私はいないし、
私がいるのなら悟っていません。

ちなみに悟りは
「私がいなくなる」という動作(動き)ではないです。

だからいなくなったり、現れたり、ということはなく
私そのものの消滅のため
その動作(動き)は発生しません。


>神秘体験が一回ですか
>体験だから逆にいっぱいしそうなイメージあります。

神秘体験は1回体験したら元に戻って終わり
という意味で書きました。

悟りの場合は
1回も2回もなくおしまいもない。


>「無限に深まっていく」

>例えば、完全な、無限の、不死の、実在かつ意識かつ至福である真我というような記載です

なるほど。
でも無限に「深まっていく」、とは書かれていませんね。


>これは、悟った人でも解釈の違いが出てくるという事ですか?

解釈ではなく例えて言えば表現の違い、ですかね。


>私は、十牛図をイメージしていました。

十牛図というのをほとんど知りません。
(言葉は聞いたことがあります)


>ラピさんの神秘体験ってどういうのだったのですか?

全てが一瞬でつながったような素晴らしい体験や
周りが金色でいっぱいになる体験です。

どちらも一回体験したらそれで終わり。
もとに戻ってしまいました。


>今は、エネルギーは感じるのですか?
>それともエネルギーそのものだから感じないですか?

例えて言えば空っぽです。
  • 2015-03-02│22:55 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
>だからいなくなったり、現れたり、ということはなく
私そのものの消滅のため
その動作(動き)は発生しません。

>1回も2回もなくおしまいもない。

もともとそうだった ということですか?


>例えて言えば空っぽです。

空っぽが、ずっとですか…
色々と起こるのをただ気づくということではなく?

聞いてみたかったことが聞けました。
ありがとうございました。v-290
  • 2015-03-03│08:08 |
  • 真木 URL│
  • [edit]
No title
>もともとそうだった ということですか?

私が至った時の感想は
「なんじゃそりゃ。」でした。

もともとそうだった、というのは
例えて言えばそう言えるかもですね。


>空っぽが、ずっとですか…
>色々と起こるのをただ気づくということではなく?

ただただ気づくというのは
私も悟りとはそういうものだと思っていましたし
そうすることが(気づき続けることが)
悟りだと思っていました。

しかし実際悟ってみると
気づきすらない境地でした。

気づくものがない。

気づく対象がなく
気づく私が無いんで
気づきようがないのです。

それでいてわかってしまう
という不思議な現象です。

「空っぽがずっと」、という表現についてですが
そう表現してしまうのはわかりますが
それは的を得ていません。

ずっと、という時間自体も存在しないんです。

ただただ空っぽです。

(このお返事は真木さんの言葉を否定しているのではなく
ただ悟りの状態について説明しているだけなのでよろしくです。)

ちなみに「なんだかよくわからないけど」
という真木さんの言葉好きですよ。

本当にその通りなんです。

わかってしまったらそれはそれでなくなります。

なんだかよくわからないけど~
ぐらいで私の話は読んで
あとは真木さんの素晴らしい人生を精一杯生きてください。

応援していますよ。
  • 2015-03-03│08:25 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
ああ なるほど〜v-291
一致しちゃって気づきようがないんですね
でも、理解がただ起こってきているという
この理解の更新みたいのがあるのかもと思いました。
それに執着なさってないと思いますからただそうなんでしょうけど。v-290

ありがとうございました

また、お聞きしたいこと でてきたら
よろしくお願いいたします。
  • 2015-03-03│09:10 |
  • 真木 URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-03-29│11:40 |
  • [edit]
No title
鍵コメさん

ご報告どうもありがとう!
とてもうれしいです。

求めることなく得てしまっている道がいいですね。
鍵コメさんはそれがすでにできていると思います。

得ることを考えることなくひたすら目の前を精一杯頑張る。
それは得ることなく得てしまう方法の一つです。
(そもそも得る必要すらないのらけども。
得る、得ないという言葉は例えです。)


>自分の幸せは もういいかな~ という気分です。

本気でそう思うのであれば
これからますますできることが増えると思います。

私の歩いた道を例えに使うなら。

「自分を捨てて」というものがそのひとつです。

この私の「自分を捨てて」というのは
どういうことなのかと言うと、例えて言えば
目標に向かって頑張っている時、
「もう、いやだなぁ」とか「アホらしいなぁ」とか
「こんなことしてなんの得になるのだろうか」とか
そういう、目標に向かうのを妨げる声を捨て続けて
ひたすら目標に向かって進むことです。
(ちなみに「目標」は必ず、善なる目標)

この「もう、いやだなぁ」とか「アホらしいなぁ」とか、
そして「もうやめようかなぁ」という自分の声は
釈迦の言っている「悪魔の声」というもので
この声に負けてしまうと、=エゴに負けたということになります。

このエゴの声に戦うことなく勝つには
(勝つというのは例えです。実際は勝つことすら必要ないです。)
ひたすら目標に集中し、
エゴの声が発生しようとする前にそのエゴの声を切り捨てて
さらに目標に集中します。

(ちなみに今、鍵コメさんががんばっていることは
「自分を捨てて」に近いものです。)

この「自分を捨てて」は私は小学校高学年から
ずっと積み重ねることなく積み重ねていたので
どの段階の道でも
そこから得たコツは私を助けてくれました。

どんなことも精一杯すれば無駄なことはないと思います。

鍵コメさんも
鍵コメさんなりのコツがあると思います。

どうぞ、その自分の道を極めちゃってください。

あきらめなければ必ず道は開けますし
今までも開いてきたよね。

応援しています。

どうぞ、これからも善なる道を。

どうもありがとう!
@(*・ω・*)ポッ
  • 2015-03-29│21:39 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-03-31│16:47 |
  • [edit]
No title
鍵コメさん

応援していますよ。

鍵コメさんのコメントから
今の段階では
鍵コメさんは振り向く必要はないと思います。
(さらに鍵コメさんがこれからどう進みたいかによって
お伝えする内容は変わります。)

どうぞ、そのまま前を向いてがんばってね。

「大丈夫」

この言葉が役に立つ時があるかもしれません。

(このコメントは鍵コメさんに向けて書いたもので
他の人には当てはまりませんのでよろしくです)
  • 2015-03-31│22:13 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。