[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

私が歩いた「自分を捨てて」 その4


「自分を捨てて」の実践から
私は何を得たのであろうか。

「捨てて」なのだから
得るはずもない(笑)

得るものがあったのなら
それはなんじゃらほい。

得たものなんて
いつか失う。

得たものに執着するような実践は
いつか苦しみを感じるでしょう。



自分を捨てての実践で
受けた恩恵の一つが

「何も求めることがなかった」

というものです。


当たり前ですね。

自分を捨ててを実践とするのですから
自分の求める心なんてあるはずがない。(笑)


よって得たり、失ったりの苦しみは
実践中、私はほとんどありませんでした。



自分の思いを大切にすることは
結果的に大切にはできず
(思いに翻弄され、ある意味くたくた(笑)
思いなんてコロコロ変わるもん)
自分の思いを捨てることは
結果的に大切にできている、ということになります。

大切にすることなく大切にできている。

そしてそもそも
思いを大切にするってなんだろう、って思います。

思いを大切にすると
コロコロ変わる思いにあわせて
いろんなことがコロコロ変わっちゃうよね。


そして自分の思いに対して無防備になると
(自由奔放、とも言えるかな)
いろんな思いが流入してきて
それに翻弄されます。

※自由であるつもりが
自由というものにある意味
支配されているのですね。
まぁ、自由なふり、っていう感じです。


だから自分の目標をしっかり持ち
それに向かって
自分の目標に必要ない思いを捨てつつ
精進することは
大変清き道となります。

清き道。

いらぬことに翻弄されず
ひたすら神の国目指す清き道です。



確か、スピ系に
「自分の気持ちに正直になる」というのがありましたね。

私もそれをやってみましたが
今振り返ると「私はアホやった」と思ってしまいます。

ええ、個人的感想です。

ちなみにそれをやっていたら
今の境地には至れませんでした。

断言します。


悟りの道は自由奔放なものはありません。

残念ですが。

スピ系で言っているものと
悟りをごっちゃにしてはなりません。

昔から「修行」って言葉があるよね。
悟りの道はまさしくそれなんです。(笑)

でもスピ系で
「自分を捨てて」を同時に実践するのであれば
悪くないと思います。
(例えば人のため=自分を捨てて になる)

しかし、「自分を捨てて」では
スピ系はできないでしょうね、ある意味。

自分を捨てるのであれば
自分の求める愛や富に対する思いも捨てるからね。

聖なる恩恵を得る、というものも
残念がら自分を捨ててとは違う方向です。

得ることを目標とすることには
失う出来事も付随しています。

相対的世界にいるのだから
当然なんです。

それを超えたければ
得ることを超えた方法がいいでしょう。

私の場合はひたすら捨てて
さらに実践し続けることで
得ようとすることなく
得ることを飛び越えました。



いろんな方法があります。



@(*・ω・*)ポッ





スポンサーサイト

プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。