[Edit]

お久しぶりです

みなさんいかがお過ごしですか?

ひと段落しましたので再開いたします。




しかしさて、さて書くことがありません。(笑)
あるのだけどないんです。



ところでファンさん、師匠との対話の中で
私にもコメントくださったみたいですが、、、


>これは主にラピ。さんに向けての言葉になります。
>私が「すべてを否定する」と言っていることと、
>ラピ。さんが少し前のブログで書かれている「すべてを捨てる」ことは、実質的にはほぼ同じことです。

いいえ違います。
捨てるとは否定も肯定もなく
「ただ捨てる」のですよ。

否定は肯定と表裏一体でどっちも同じなんです。

どちらかに偏っちゃだめですよ。

ただただ捨てるんです。無心にね。
否定も肯定もなく。

否定する暇があったら捨てるのですよ。
否定する時間を与えることなく捨てるのです。
わかりますか?
ただただ捨てるのです。

また、言い方を変えれば
否定することも捨てるのですよ。

単に否定するだけの行為では
至るのは無理ですね。

そこを超えなければなりません。


>ほぼ同じこと言っているのに、私が「まだ捨てられるものが残っていますよ」と言うと、ラピ。さんは強く反発されました。

反発した記憶がありません。

>その反発心の出どころには何があるのでしょうか?

反発していないので出所もありません。

>ラピ。さんが握り締めた何かの考え(囚われ)があるのではないですか?

ないですよ。
なぜあると思うのですか。

その「ある」はまさしくファンさんの状態を物語っています。
ファンさんにあるから
私に「あるように見える」んです。


>その三つとは、無常、無我、苦(一切皆苦)とされているようです。
>大変失礼な物言いで恐れ入りますが、tkさんとラピ。さんは、
>うえの三つの要素のうちの少なくとも苦に対する理解を得ておられないように思うのです。

私の通った苦の道は
簡単に公開できるようなものではありません。
興味ありますか?
でも否定のみのファンさんであれば
ここは「興味ない」ですよね。


>tkさんもラピ。さんも、こうやって私とやり取りする間も普通にやっておられます。
>感情の動きも読み取れます。

面白いなぁと思いました。

感情の動きが読み取れるのですね。
それはファンさんに感情があるからそう思うのですよ。

例えば風景を見る時、見る人によって解釈が違うでしょう。
夕暮れをさみしいと感じる人もいれば、
温かく懐かしく感じる人もいる。
しかし、風景に感情があるわけではない。

お分かりでしょうか。

感情の動きを読み取っているように見えることは
単にファンさんが勝手に意味づけをしているだけなのですよ。

ファンさんが私の感情だと思っているものは
単にファンさんの感情なんです。

ファンさんに起こっている感情。

私の感情ではない。

「ラピ。がこう思っている」というファンさんの思い込みとも言えます。

それがエゴのフィルターです。



私が幸せばかりについて書いている(ように見える)から
幸せに偏っていると思われているみたいなので
苦についてでも話しますか?

ええ、幸せについてでももちろんいいです。

それとも苦も楽もないことについてがいいですか?


否定するしかできないみたいですが
肯定ができない、、、ってことはないですよね?

スポンサーサイト

Comment

No title
ブログ再開されたのですね。
しかし、私としてはあまりのワンパターンぶりに、いまはちょっと飽きています。
また気が向くまでちゃちゃは入れませんので、存分にお書き下さいな。(^^)/
  • 2015-08-03│11:38 |
  • ファンです。 URL│
  • [edit]
No title
ファンさん

記事にも書いた通り
特に私からは書くことがないのですよ。


>あまりのワンパターンぶりに、いまはちょっと飽きています。

否定ばかりするそのワンパターンに
飽きちゃったの?(笑)

私にはいろんなパターンがありますけど
ただ書いていないだけです、
記事にも書いた通り。

だから私は飽きることがないです。


しかし。
今までちゃちゃをいれていたのですか。

ちゃちゃをいれる:
「じゃまをする。水をさす」
  • 2015-08-03│18:41 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
ラピさん

別のパターンで演じるラピさんが見てみたいです。
上記、コメントもワンパターンの範疇かと思いました。

tkさん

前に仰ってた
阿羅漢にもレベルがあるってどういう事ですか?
成し終えた方のはずですが

  • 2015-08-03│18:52 |
  • ローマ法皇 URL│
  • [edit]
No title
ローマ法皇さん

>上記、コメントもワンパターンの範疇かと思いました。


いまいちワンパターンの定義がわかりません。
教えていただけますか?



>前に仰ってた
>阿羅漢にもレベルがあるってどういう事ですか?
>成し終えた方のはずですが

「成し終えた」という言葉についての
ローマ法皇さんのイメージが
邪魔をしていますね。
  • 2015-08-03│19:11 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
>いまいちワンパターンの定義がわかりません。
教えていただけますか?

定義はよく分かりませんけど、
ラピさんっぽいと感じます。


>阿羅漢にもレベルがある

ラピさんも同意されます?


  • 2015-08-03│21:29 |
  • ローマ法王 URL│
  • [edit]
No title
>ラピさんっぽいと感じます。

ラピ。っぽい=ワンパターンということですか。


>ラピさんも同意されます?

「阿羅漢」というのがどういうものか
「成し終えた」というのがどういうことなのか
ローマ法王さんにとっては
単なる想像でしかありませんよね。

それを成し遂げていないからです。

想像に想像を重ねたところで
何の役にも立ちませんよ。

例えて言えば
ローマ法王さんが「成し終えた」時
わかりますから
まずは精進されてはどうですか。

>阿羅漢にもレベルがあるってどういう事ですか?

それを本当に知りたいのであれば、
本当に真実を知りたいのであれば
楽しちゃダメですよ。

急がばまわれ って言葉ありますよね。

最も遠くて一番近い道が
自分が本物になることです。

それともそれは単なる好奇心?単なる趣味?
  • 2015-08-03│22:02 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
>最も遠くて一番近い道が
自分が本物になることです。

仰るとおりだと思います。

>それを本当に知りたいのであれば、

阿羅漢には、レベルはないと思ってます。

レベルがあると言っているのは、

阿羅漢ではないと言っているようなものです。
  • 2015-08-03│22:56 |
  • ローマ法皇 URL│
  • [edit]
No title
ちなみにTK師は
阿羅漢にもレベルがあるって
言ってましたっけ?

原文、(師匠の言葉そのまま)引用して教えてくださいますか?
  • 2015-08-03│23:04 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
以下に貼りますね。



>阿羅漢の先があると仰っておりましたが

阿羅漢にもグレードがあると話ししたのです。

しかし、現代で阿羅漢に、しかもこの距離で二人にお
目にかかれるのは稀ですから、それだけで十分だと私
は思います。

私もネットの掲示板をあちこちと放浪歴があります
し、まず、自称覚者はいましたが阿羅漢と対話したこ
となど一度もありません。

阿羅漢とは為すべき実践を為し終えた人、本当にもう
為す事が不可能な境地に至るのです。

やめたのではなく、実践をやり尽くして・・・になっ
たので、これが阿羅漢の境地です。

目の前から対象が無くなる。心が無くなる。何も無く
なる。という事なんです。

実際に皆さんのエゴが手に取るように見えてますの
で、私以上の人がいようといまいと、お目にかかった
皆さんには全く関係ありません。

これを慧解脱の境地と言います。

阿羅漢は慧解脱を得た人を言います。

止の行で一時的に最高の境地に私のように辿りつけた
としても、それだけでは阿羅漢ではありません。

前に掲示板でトンでも勘違いの人がいまして、止の体
験で最高になったと述べてたので、説得しましたがエ
ゴが出ていて無理でした。

止の行では、煩悩、すなわちサンスカーラは一時的に
眠っているだけですので、また、禅定から出ればエゴ
のままです。

精々で不還、ここでいい気になっているのでもう先へ
はこの者は進めません。

止の行で辿りつけた、心解脱だけでは、阿羅漢ではあ
りません。

また、止の行なしに観の行だけでも阿羅漢果を得れま
す。

この阿羅漢を「乾観者」と呼びます。

止で最高の境地に辿り着け、なお、観の成就をした阿
羅漢は俱解脱者の阿羅漢と呼びます。

EO氏の分類で大悟、中悟、小悟の小悟以上で事実阿
羅漢の境地ですから、ただし口で言うのは簡単です
が、小悟の阿羅漢ですらお目にかかるのは稀だと思っ
て下さい。
  • 2015-08-03│23:24 |
  • ローマ法皇 URL│
  • [edit]
No title
レベルでなくグレードでした。

阿羅漢とは為すべき実践を為し終えた人とも言ってますね。

そのわりに、小悟の阿羅漢もいるというので、
ゴチャゴチャしてる感じです。



>目の前から対象が無くなる。心が無くなる。何も無く
これは、分別心が無くなったという事かと思いますが、禅系の悟りなのかなと思っています。

参考になるか分かりませんが、
http://ameblo.jp/70702/entry-10698245988.html

  • 2015-08-03│23:28 |
  • ローマ法皇 URL│
  • [edit]
No title
ありがとうございます。


>止の行で辿りつけた、心解脱だけでは、阿羅漢ではありません。

>また、止の行なしに観の行だけでも阿羅漢果を得れます。

>この阿羅漢を「乾観者」と呼びます。

>止で最高の境地に辿り着け、なお、観の成就をした阿羅漢は
>俱解脱者の阿羅漢と呼びます。


ここですね。

阿羅漢になる前にどうだったか、
の違いですね。

それを例えでグレードと言ったのです。
よく読んでみてください。


>そのわりに、小悟の阿羅漢もいるというので、
>ゴチャゴチャしてる感じです。


わかっていないからゴチャゴチャしている感じを
受けるのです。

わかればシンプルですよ。

小悟の阿羅漢とは
例えて言えば大悟や中悟の経験がない
阿羅漢とも言えます。

大悟や中悟はずっとそこにはとどまっていられない、
というのは聞いたことがありますよね?

大悟の阿羅漢ともし例えて言うのであれば
(言わないかもですが)
それは言い方を変えれば
大悟をちらっと経験したことがある阿羅漢という意味です。

本当に大悟したら
この世にいませんよね。
  • 2015-08-03│23:48 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
EO氏は、独特な括りなのですね。
大悟を涅槃としているのですね。



私には、貼り付けさせていただいた
webの方がしっくりきます。


お二人は気になさらないでしょうが
tkさんラピさんは、
禅系の悟り(分別心が無くなっただけで煩悩はある)かなと思っています。
  • 2015-08-04│00:09 |
  • ローマ法皇 URL│
  • [edit]
No title
>私には、貼り付けさせていただいた
>webの方がしっくりきます。

想像で書かれたものの方がしっくりくるのは
ローマ法皇さんも想像しかできないからですね。


>tkさんラピさんは、
>禅系の悟り(分別心が無くなっただけで煩悩はある)かなと思っています。

なぜ煩悩があると思うのですか?


煩悩:心身にまといつき心をかきみだす、一切の妄念・欲望。 

煩悩とはこれでいいですかね。

またローマ法皇さんの言う分別心とは
どういう意味で書かれていますか?

自分の書いていること
わかってらっしゃいますか?
  • 2015-08-04│05:41 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
>なぜ煩悩があると思うのですか?

雰囲気からです。

>自分の書いていること
わかってらっしゃいますか?

こういう言葉は出てこないですかね。


>分別心とは
どういう意味で書かれていますか?

tkさんが仰ってた
フローやら意識焦点消失といった状態の事です。
ラピさんも仰ってた
在るそのものでも良いです。


  • 2015-08-04│06:25 |
  • ローマ法皇 URL│
  • [edit]
No title
>雰囲気からです。

その雰囲気とはローマ法皇さんが
「勝手に感じている」ものですよね。


>こういう言葉は出てこないですかね。

どういう意味ですか?


>tkさんが仰ってた
>フローやら意識焦点消失といった状態の事です。
>ラピさんも仰ってた
>在るそのものでも良いです。

それが分別心として。
その状態で煩悩がありえますでしょうか。
  • 2015-08-04│06:29 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
>それが分別心として。

正しく書けば
それが「分別心がない状態」として。
ということですね?



  • 2015-08-04│06:46 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
>その状態で煩悩がありえますでしょうか

その状態に執着されて、

見えなくなってるだけかと思いますよ。
  • 2015-08-04│06:52 |
  • ローマ法皇 URL│
  • [edit]
No title
>その状態に執着されて、

その状態でどうやって執着できるんですか?

執着するものが無いのに。


>tkさんが仰ってた
>フローやら意識焦点消失といった状態の事です。
>ラピさんも仰ってた
>在るそのものでも良いです。

これがどういう状態か
わかってらっしゃらないようですね。

  • 2015-08-04│06:54 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
ちなみにおさらいですが
ローマ法皇さんが
私に煩悩があると思える理由は
「雰囲気から」ですよね。

そして
>その状態に執着されて、
>見えなくなってるだけかと思いますよ。

煩悩がないと言っている私に
その状態に執着しているからそれがわからないのだ。
あなたに煩悩はある。
と言われているのですよね?

しかし、その煩悩があるとかないとかはそもそも
単にローマ法皇さんの
私から感じる雰囲気が根拠ですよね。

そもそもがローマ法皇さんの感じる「雰囲気」から始まったこと。


ローマ法皇さんは雰囲気によって人を判断するのですか?
(そうであれば騙されやすいと思います)

スタートが間違っている場合、
話せば話すほど
ズレていきますね。
  • 2015-08-04│07:21 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー