[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

悟りと苦悩

そもそも「悟りたい」と思うのは
苦しみや悲しみ、その他
自分にとって好ましくない感情があるからこそです。

本当に幸せな人が「悟りたい」って
思うでしょうか。

満たされた人が
「悟りたい」って思うでしょうか。

「悟りたい」は願望ですので
明らかに満たされた状態ではないですね。


よって「悟りたい」には
苦悩や悲しみは必須ということになります。

苦悩や悲しみがあるからこそ「悟りたい」であって
苦悩や悲しみがなければ「悟りたい」もない。


「悟りたい」
(=悟った境地は幸せであるだろう、と
悟りを希望する状態)
を幸せ(自分の希望する幸せ)だと定義したとすれば
さらにわかりますね。

幸せもあればそうでない時もあるからこそ
幸せがあるのです。

この世界は相対で成り立っていて
一方だけでは成り立ちません。

よって悟りたいという思いがあれば
苦しみもある、
ということです。

(これは至る前のことです)


そして本当に悟れば
苦しみも幸せも
相対性がなければ成り立たないものは
消滅します。

そして更なる境地となるのですが
言葉は相対的ですので
そもそもその更なる境地は
言葉では表せません。



楽して悟りたい、は
よってその「悟りたい」がどこから来ているかが
わかっていないから言えることです。

そもそも苦悩の上に成り立っている
「悟りたい」ですから
楽しようとすることは
悟りたいの源の苦悩に
蓋をしてしまっていますから
悟りにふたを しているのと同じです。


楽したい=苦悩から逃げたい=悟りを遠ざける


苦悩から逃げず
そこに飛び込むことによって
激流となりますが
激流の向こうに悟りがある、というのは
そのためです。


苦悩から逃げる=悟りから逃げる


なんとなくおわかりでしょうか。

スポンサーサイト

プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。