[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

激流を選択すること とは

TK師のこのコメントに対して
私なりに書かせていただきます。



>命を落すか実行しないかの選択肢では、
>命を落しても実行する方を選択できるレベルの
>善玉エゴの力が必要です。

まさしくそのとおりです。

私の場合、人として一生懸命生き
もうできる限りのことはやったので
人として生きることに全く未練はありませんでした。

これくらい一生懸命生きました。

なので次の段階として
人としての限界に挑戦する、
という道を選択しました。


『もう二度と
人として生きられないかもしれない(=死)けど
それでもいいか?
後戻りはできないけどいいか?』
という問いにも
「かまわない」
と即答できる状態でした。

(そもそも自分を捨てていたので
そんな問いも出てこず
後ろを振り返ることも全くなかったのですど)

それほど人として生きることを全うし、
それにまったく未練がなかったのです。

こういう言葉に対して
「そこまでしなくてもいいやろ」とか
「がんばるのめんどくさい。楽したい。」
と言う人は
「めんどくさい」「楽したい」という選択肢、生き方がまだあります。

まだ、人生を経験する選択肢が残っている
ということです。

だからそれをせずにはいられないのです。
だからそう生きるしかないみたいですね。

激流渡る人は
「楽したい」という選択肢が
どういうものであるのかを知っているので
二度とその選択肢は選びません。

人は生きることを通して学んでいきます。

そうやって人としての選択肢を
すべてやりつくしてしまった人は
「究極に向かうしかない選択肢」しかない状態であり
最後、究極の激流を選択するのです。


よって「楽したい」という選択肢がある人は
「楽したい」と思いながら生きることがどういうことか
しっかり味わって
もしかしたらいつか
「これはどういうことだろうか?」
と思うかもしれない時まで
そうしていればいいと思います。

そしてなにも疑問に思わなければ
永遠にずっと「楽したい」が続くでしょうね。

もちろん自由ですね。


人は何かのきっかけがないと
考えが変わることは少ないと思います。

「楽したい」という生き方がどういうことか
人に言われてもピンとこない人は
自分の人生使って
それを経験していくしかありません。

貴重な人生をつかって
「めんどくさい、楽したい」と思う人生を
生きることはどういうことか、
学び、気づいてほしいと思います。

その「楽したい」という人生を
永遠につづけたら
どんな気持ちになるのでしょうか。

その生き方を変えなければ
その人生は変えない限り永遠にずっと続きますよ。

それでもいいならそれでもいいと思います。

自分の人生
自分に責任もって
自分なりに生きていくしかありませんよね。




スポンサーサイト

プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。