[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

激流について

TK師のコメント
記事にさせていただきます!



*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・

激流法にトライできる精神的な資格を持つ人は、
そうそう見かける種類の人たちでもないわけですが、
激流法も折角発掘したのに少しくらいポイントを明かしておかないと、
秘教の域に埋もれさせてしまう事になります。

「激流」とは苦行と同等の言葉と捉えてもらって構いません。

釈迦が苦行を否定したと間抜けが流行らせ、
それをまことしやかに信じる愚かな群れ。

釈迦は苦行を否定していませんし、
釈迦自身、苦行によって悟りに至るためのメンタルを整えた、しかし、
ラピ。さん同様にあと一歩、真のベクトルが無かった
だけです。


http://www.performanceship.com/blog/2008/07/post_3e48.html

(→リンク


苦行イコール激流の要素がある以上、
そこに何も効果が無い訳がないではありませんか、
常識で考えればバカでもちょんでもわかる事です。

どこかの間抜けが、
釈迦が苦行を否定したと嘘八百をばら撒いところから、
葬儀屋仏教とか全ての真髄の歪曲、緩流が流行ったと思います。

ヴィパッサナとはそもそも、激流(精神的な苦行レベル)でなければ
その実践の意図している効果は得られません。

この最大限に重要なポイントが全く外されています。

次の二つの経典を比較して何かに気が付きませんか。

増支部経典
>「もし、バラモンがタパスを行ない、それによって
>その人の善い性質が減り、悪い性質が増すようであれば、
>私はそのようなタパスをしりぞける。
>しかし、それによって善い性質が増し、悪い性質が減るようであれば、
>私はそのようなタパスを勧める」


相応部経典
>「不死に達するための苦行なるものは、
>すべてのためにならぬものであると知って、
>乾いた陸地にのり上げた船や艫のように、
>全く役に立たぬものである。
>さとりに至る道――戒めと、精神統一と、智慧と――を修めて、
>わたしは最高の清浄に達した。
>破滅をもたらす者よ。お前は打ち負かされたのだ」


ポイント
苦行自身を否定しないが、悪い性質が増す苦行は否定する。

不死に達するための苦行はためにならない。


バカな間抜けな人でもここまで手鳥足取り教えれば
わからないはずがありませんね。

釈迦自身が苦行によってメンタルを整えましたが、
「不死に達するため」、これは五上分結の無色貪の一種です。

つまり、無色貪に縛られた苦行にしろ行いは、
ためにならない事なんですよ、
これバカな人でも常識的にわかりますよね。

釈迦にとって、最大の命までかけた貪りの行為をした、
それが「釈迦にとっては苦行と言う行為だった」
という事なのです。

バカな人たち、だから阿羅漢にもならない盲人である
無資格者が、
やたらに経典振り回す行為は「豚に真珠」でしかなく、
おかげで末法の世を加速させる仏罰的な愚かな行為を犯すだけなのです。


五上分結
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E4%B8%8A%E5%88%86%E7%B5%90


つまり、「激流段階」の実践では肉体的な苦行にしろ、
精神的な苦行にしろ、実践のポイントは目的を持ってはならない。

常識から考えたらかなり難解な点です。

命がけの苦行にしろ行為を、
目的を持たずにできますか、と言う点です。

目的を持たずに、命をかけることが出来ますか、
という事です。

釈迦が悟れなかったあと一歩は、この点でした。

よって、釈迦の苦行仲間の五比丘も、
この真のベクトルの一歩を手に入れて次々と悟ることが出来ましたが、
この人たちにはあらかじめ苦行(激流)で整えた
メンタルの素地があったものと考えられます。

ヨーガでもウパニシャツドでも
苦行(タパス)は解脱の方法論として有効であるのに、
ヴェーダの達人とまで言われた釈迦が
苦行を否定するなどとうそぶく事は、
それは何もわからない者のバカな解釈というものです。

少し話が多くの人々には関係のない「激流」段階の修行法に触れましたが、
多くの人たちにとっては「目的」は必須内容ですから、
くれぐれも「目的」も持たないような行為はしないで下さい。

次第説法は釈迦の時代から重要なものとされてましたが、
これを無視する経典を振り回す仏教とか名乗る人たちは本当にバカですね。

次第説法では次第に従って、
真逆の実践法になるものが多いのです。

それを悟ってもいない盲人である者が、
自分の判断で好き勝手に、
拾ったり拾わなかったり分別してやってたら、
何でも詰め込むゴミ箱以下の人間が出来上がるだけです。

経典にはその人の次第によって、
拾ってはならない真逆な内容が沢山ありますが、
それも分からずに私の前に仏教を振りかざす
釈迦の真の教えを汚すゴミ箱のような人間が、
私の前にどれほどいた事か知れません。


例えば理不尽な事をされた時に、
その理不尽に対して 対策を練って、攻略法を模索する、
これがまっとうな人のやる事ですが、
そういう人間としてはあたりまえの事もしないで、
否定せずに受け入れるなどとやったら、
バカ丸出しですよ。

この2者、実はその人の次第によっては両方正しい実践法ですが、
次第によって、なのです。


その人の次第によって、その人に適切な実践法と
「メンタルの毒」になる実践法が真逆になるのです。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・


TK師ありがとございます。

確かに激流については
誰にでも伝えられるものではないため
それについての資料や残っている教えは
少ないかもしれません。

私自身も激流を渡り終えた者ですので
それを記事にすることで
誰かの役に立つことができるかもしれません。


しかし、この激流
普通の人には害になる可能性があります。

私の場合、
激流というものを知らず
いつの間にか激流に飛び込んでいたのですが
(第一回目の激流)
この激流に飛び込むきっかけは
一言では表せません。

いろんな要因が絡んでいるからです。

しかし、ヒントになる一つの出来事について
書いてみようと思います。


私はなんでもチャレンジャーでした。
そしてエゴが強く
ある日なんでも自分の意志でしたいと思いました。

当たり前にできていたこと
何も考えずに当たり前に出来ていたこと

これをあえて
意図的にする実験をしました。


そしてこの実験をすることにより
私は
どんなことも無意識にすることが
できなくなりました。

当たり前に出来ていたことが
当たり前にできなくなってしまった。

何も考えなくてもできていたことが
自分が意図しないとできなくなってしまった。

よって私は「無意識」と
無縁になりました。

常に意識を働かせている状態です。
休むことは許されません。


私のすべてを
自分の意志が支配する形になった。
=安らぎは全くありませんでした。

もちろん、挑戦でしたので
安らぎは求めていなかった。

しかし、よって
起きている時間は
常に意識を働かせることとなる。

これにより、
私は意志=自我のみで生きることを選択したつもりでした。


しかし、
しかし、
甘かった。


たがが意志でした。

たががエゴでした。


意志もエゴも無能でした。

私が生きていることに関して
どれだけの意志が働いていたのだろう。

大したことなかった。

私の「意志」「エゴ」「自我」は
完璧に無能だった。

都合のいい時だけ
「自分の意志がやった」
と言えるだけのこと。

とことんこの実験をやってみればわかります。

私たちは実は
「何もしていない」
ということです。



しかし、この実験を真剣に始めてしまうと
もう、後戻りはできない。

残念ながら
最大に肥大したエゴは
意図し続けると選択した私にとって
逃げ道を一切許さなかった。

私はもう、普通に生きることは
許されなかった。

これは私のエゴへの挑戦であり
エゴから私への試練でした。



なんでもとことんしてみてわかることがあります。

私のこの実験は
誰にも勧められない。

激流に向かう可能性のある実験です。

(しかし、徹底的にしなければ
激流は無理ですが。
中途半端だと変に「わかったふり」で終わる可能性があり
害になります。)

しかし、もし、
今、別の方法で自我が最大に肥大した人がいたら
もう、行く道は一つです。

その人にはもう
激流しかない。


私がそうであったように。


この実験により
最大に肥大したエゴは
更なる実践により中途半端な消滅を経て
スピリチュアルへと向かいました。

そして最後
TK師による本物の教えから得たヒントを活かし
私の最終形の激流へ飛び込むこととなります。


(私の文は例えが多く使われています。
だからこの文を自分なりに解釈して
勘違いしたままこの実践をしてはダメですよ。)



ちなみに、スピリチュアルをしている方は
実はエゴが強いです。

私がそうでした。

「この教えが正しい」

と根拠なく信じたもの
疑ってみてください。

本当にそうでしょうか。

本や人からの受け売りではありませんか?


私はそうだった。

本当にそうだった。

「知っている」

これもスピリチュアルの本から得た情報でした。

そして「知っている」も試してみたけど
実は何も変わらず
単なる自己満足のみでした。

今だから言えますが
「知っている」
これは至った人が使うのであれば
全く違ったものとなりますが
至ってない人にとっては
スピ系でそう言ってしまうと
ドツボにはまります。

もちろん、日常の経験から「知っている」
と言うこと
仕事から得た経験により「知っている」
と言うことなどは
とても素晴らしいと思います。

なぜならそれはその人の経験であり、
そこから得た「知っている」だからです。

(ちなみにこの「知っている」も
実はコロコロ変わりますが。
例えて言えば医療の現場などもそうです。
常識は変わり続けています。)


しかし、スピ系に関しての「知っている」は
ほぼ思い込みです。

「悟りとは知ること」

「悟りとは差取り」

なんもわかってないなぁと思います。
(この言葉で検索したら
いろんな思い込みの記事だらけにヒットします)

そう言う人は
そうだと思い込んでいるだけです。

申し訳ありませんが
それは嘘です。

「悟りとは知ること」
「悟りとは差取り」

こう思っている人が多いので
それが正しいと思われていますが、、、。


これについて
また改めて記事を書きたいと思います。
(いつになるかはわかりませんが)

自分の経験から書きます。


@(*・ω・*)ポッ


スポンサーサイト

プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。