[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

苦しみ

苦しいことがあると苦しい

辛いことがあると辛い



その苦しさ、辛さを
私が代わりに受け止めたいのですが
それができません。


なぜなら、辛い、苦しいとは
その人にエゴがあるからであり
苦しみの元がなくならない限り
その人に苦しみはあるからです。


この苦しみをどうにかしたいと思うのなら
2つの方法があります。


一つは苦しみはあるけど
苦しみをかわす方法を体得することです。

それができれば
生きていくことはずっと楽になります。


二つ目は苦しみそのものを断つことです。


どちらの道を選ぶかで
お伝えする言葉が変わります。


しかし実は、
一つ目の苦しみをかわす方法は
私の言葉なんて必要ありません。

この世の中
これを達成している人は多くいると思います。

この一つ目の方法は
努力、工夫、経験を活かす
人の言葉を活かす、などで
叶えることができます。


これが

「マインドを大いに活用して乗り越える」

ということです。


マインドとは言い換えると
エゴ、意志、努力、創造、想像

マインドを活用するとは
努力すること、想像すること、創造すること、などなど


なぜそう言えるのかというと
私の状態ではマインドは消滅しており、
それらのものがないからです。


努力することもなく
想像することもなく
創造することもない。

しかし、努力することなくできて
想像することなくわかり
創造することなくできてしまう

そんな状態が私の状態です。

想像できますでしょうか?

できないと思います。

なぜならこの状態は
想像できないものだからです。

ちなみに想像した(つもりの)
または想像できたものは
それではありません。


私は私の状態を
言葉で表す必要もなく
ここで書く必要もありません。

そして私が通ってきた道を
お伝えする意味もありません。

私はこのまままで十分であり
十分、十分でない
も超えた十分です。

ここで私がなにかを伝えたところで
私に何か得るものがありますでしょうか。

なにもありません。


しかし、なぜそうしているのかは
かつて私は苦しんでいたけど
それから今、解放されたからです。

嘘みたいに解放されたのです。


私は最高の苦しみを知っています。

自分の体が保てなくなるくらいに
(いや、それ以上で言葉に表せないくらい)
私のマインドは苦しみに引き裂かれました。

例えて言えば
前世、現世、来世の苦しみを
すべて一気に受け止め
本当にすべてのすべての苦しみを経験しました。

だから、苦しみがどういうものかわかります。

今はありませんが。


マインドが苦しみに引き裂かれたとき
マインドも苦しみも同じであることがわかりました。

私だと思っていたものが消滅したと同時に
マインドも苦しみも消滅しました。

そして思う私もなかった。

ただただそうであるのみであった。

例えて言えば
それまでにない静寂?

何とも表現できない
言葉にできない状況でした。

「?」

でした。



エゴがあった時には
決してわからないものです。

なぜなら「わかる」という行為そのものが
「それ」をわからなくしてしまっているから。


私は苦から解放されました。

それはそれでいいのですが
(ブログも続ける必要なんて全くないです)
もし、一人でも私のように苦から解放されることができたら
と思い、書いてます。


当たり前ですが
私の言葉を信じる必要は全くありません。

しかし、人は何かを信じています。

それが間違った方向である可能性があるのなら
つい、伝えたくなりますね。

その方向でその人が幸せであるのなら
それでいいのですが。

自分の信じたものが
自分に幸せをもたらしているのなら
それでいいのではないでしょうか。

私の言葉なんて
必要ありません。


スポンサーサイト

Comment

No title
おはようございます。

以前に、夜に非公開のコメントをさせてもらったものです。
色々な提案ありがとうございました。

エゴと思考とはラピさんから見たら同じものなのでしょうか。
と言いますのは、何か少しでも不安な事があった場合だけではなく、ふと過去の嫌な事に対する思考が出てきて何でこんなこと考えなアカンねん!とイライラしたり訳の分からない怒りでしんどくなったりすることがあるのですが、これは単に自分のマインドが弱いから望んでもいない思考が出てくるのでしょうか?

この質問自体、人に聞くのは変かもしれませんが(スミマセン)エゴが無くなったラピさんから見たらどう見えるのか聞きたくなりコメントさせて頂きました。


私はスピ系も読んだりしてて、ここで言われる酔っ払いだと思いますが、TK師様の、この瞬間だけを生きる事は出来ないと違う記事のコメントに、そうやんな~と思う気持ちと、安心したいと思う気持ちから方法を探してしまったりしています。
(ただ、スピでよく書かれてる断言法だったり在る等分からなくて、どうやったら分かった!になれるのか余計に考えたり・・意味不明)

自分の理想とする生き方、こうしたいああしたいこうなりたいはあります。
全ては自分の行動次第と言ってるだけで、分かっているのに、動かない自分を責めたりまあ明日からでいいかと思ったり。・・自分に甘い本気度が低いだけか。
先が分からないから不安というのが常にあります。

すみません。愚痴みたいなコメントになってしまいましたが、思考とはどういう性質のものなのか教えて頂ければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。



  • 2015-10-10│10:28 |
  • URL│
  • [edit]
No title
おはようございます!

再びのコメントありがとございます。


>エゴと思考とはラピさんから見たら同じものなのでしょうか。

はい、ある意味同じで
両方マインドの動きです。

しかし思考が悪いものではないように
エゴも悪いものではないです。
(しかし、使い方によっては悪いものにもなる)


>と言いますのは、何か少しでも不安な事があった場合だけではなく、
>ふと過去の嫌な事に対する思考が出てきて何でこんなこと考えなアカンねん!とイライラしたり
>訳の分からない怒りでしんどくなったりすることがあるのですが、
>これは単に自分のマインドが弱いから望んでもいない思考が出てくるのでしょうか?


その気持ち、わかりますよ。
私もかつてありました。

そうですね、ある意味
マインドが弱いから、とも言えるかもしれません。
しかし、鍛えることはできます。



>私はスピ系も読んだりしてて、ここで言われる酔っ払いだと思いますが、
>TK師様の、この瞬間だけを生きる事は出来ないと違う記事のコメントに、
>そうやんな~と思う気持ちと、安心したいと思う気持ちから方法を探してしまったりしています。
>(ただ、スピでよく書かれてる断言法だったり在る等分からなくて、
>どうやったら分かった!になれるのか余計に考えたり・・意味不明)

スピ系もほんといろいろありますよね。
安心したいという気持ち、わかりますよ。
だから方法を探したい、というのも。

私も初めはそうのようだったかもしれません。

まずはそれを認めて
その気持ちをどう活かしていくかがポイントです。


>どうやったら分かった!になれるのか

大丈夫です。
精一杯がんばっていたら
結果はついてきますから。
これは忘れましょう。


>自分の理想とする生き方、こうしたいああしたいこうなりたいはあります。

よかったです!


>全ては自分の行動次第と言ってるだけで、分かっているのに、
>動かない自分を責めたりまあ明日からでいいかと思ったり。・・
>自分に甘い本気度が低いだけか。

では、あとは行動するだけですね♪

ちょっとでもいいので行動してみるといいです。

ちょっとした成功体験を積み重ねると
行動は少しづつ増えていくと思います。


>先が分からないから不安というのが常にあります。

その不安が行動の原動力となりえます。
不安を心配しないでください。
いや、心配したとしてもそれを活かすことができます。

または精一杯心配してみることも「あり」かもしれません。

そこから得たものを活かします。

いろんな方法があります。


>すみません。愚痴みたいなコメントになってしまいましたが、
>思考とはどういう性質のものなのか教えて頂ければ嬉しいです。
>よろしくお願いいたします。


思考は行動の原動力です。

わたしの かつての思考の使い方としては
まず、問題点を見つめ
それに対してどうしたらいいか
じっくり対策を練りました。

そしてあとは行動です。


同じ思考でも方向性によってはまずく働く場合もあります。

だからその今の思考を
いかに建設的に使うか、が大切です。

(ここでマインドの強さ、弱さが関係するかもしれませんね)


スピ系で間違っていることのひとつは
確かにあるエゴを無いようなふりをして生きたり
(それを酔っ払いと言う)
なんでもエゴのせいにして
エゴが悪いとすること。

善悪の判断は悟れば消滅しますが
エゴや思考のある段階では確実に
善悪の判断があります。
=思考があるからです。
=相対的な状態だからです。

よって「善や悪がない」とすることは
悟ってない場合、嘘をついていることになります。

そもそもあることを正しいと言った瞬間
正しくないものが存在します。

どうやってもそこから逃れることはできません。
思考する限り。

だからそれをきちんと
人生に活かしましょう。

そして自分に嘘はつかないことです。

人生で得た経験はかけがえのないものです。

人の数だけ方法があり
理論があります。

自分が精一杯生きていれば
必ず得るものがある。

まずは自分がどう生きたいのかをじっくりと思考をし
あとは行動するだけ!

そしてその都度軌道修正していきましょう。

みんなの笑顔を
目標にすれば
一石二鳥、いや十鳥かもですよ(笑)


困った時は聞いてください。

しかし、できる限り
自分が考えて行動してね。

依存ではなく、活かしましょう。

応援しています。@(*・ω・*)ポッ
  • 2015-10-10│11:28 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
ありがとうございます!

レス読ませてもらってて、行動しない自分・自分の善悪の判断と自分に自信が持てないので不安がってしまっているのだと思います。

基本的に人が好きだと自分で思っているので笑顔でいられる関係はとても嬉しいし望みです!(ただ私の性格上、経験から本能的に受け付けられなくなった人もいますので、そういう人に無理には難しいですが)
私の理想のしたい事は、人が喜んでくれたら嬉しいな~や、お返し的な気持ちもあるので、まず行動することを頑張っていこうと思います。

後、書いていただいてハッキリ分かったのが依存です(ヒィィィ恥)
これは上記の自分からきてるなと(恥)

ラピさん、ありがとうございました。
依存ではなくて活かす!ですね。

ありがとうございました!
  • 2015-10-10│12:42 |
  • URL│
  • [edit]
No title
素敵です!

その素直な自分を大切にね。

余談ですが
子供の頃のことが
何かヒントになることが
あるかもしれませんよ。

ええ、ますます応援いたします!


  • 2015-10-10│12:53 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
はじめまして。MAIと申します。
いつもラピさんやTKさんの文章からたくさんのことを学ばせていただいています。ありがとうございます。

ラピさんに質問したいことが四つあります。お時間のあるときにお答えいただければ光栄に存じます。

まず、私には、ラピさんやTKさんが批判的に捉えられているスピ系というものがどういうものかいまいちよくわかりません。
具体的に、スピ系の代表的な思想家や著作物などを数点あげてもらえませんか。
英国スピリチュアリズムのことを指してスピ系とおっしゃっているのでしょうか。ラピさんのおっしゃるスピ系の教えの特徴はなんなのでしょうか。例えば「エゴは苦痛の源だからエゴをなくせ」という教えはスピ系ですか?

二つ目の質問があります。
ラピさんのようにエゴがなくなると、苦痛を感じなくなりますか。例えば、大怪我をしたら肉体的な苦痛を感じると思うのですが、ラピさんのように悟れば、肉体的苦痛がどれほど激しくても、心にはいかなる苦しみも生じず平安そのものなのでしょうか。ちょっと私のような凡人には想像できないのですが、そのような境地があるのですか?また一切に執着がないので、自分の愛する人たちがどんな状態になっても、心に痛みを感じることなく静観していられるのでしょうか。

三つ目の質問です。
困難をマインドを使って乗り越えるとありますが、具体的にはどういうことなのか教えてください。
例えば、医学的にもう絶対助からない末期の病になったとき、マインドを使ってその困難をどのように克服しうるのですか。

四つ目の質問です。
神通力についての質問です。
「神通力があるからといって悟ったとはいえない。しかし、悟れば必ず神通力が出てくる。」といったことを耳にします。これは本当ですか。ラピさんは悟った後、どのような神通力が開花しましたか。是非教えていただければ嬉しく思います。

長々と失礼しました。
これからもよろしくご指導ください。



  • 2015-10-12│21:47 |
  • MAI URL│
  • [edit]
No title
MAIさん、ようこそいらっしゃいました。


>まず、私には、ラピさんやTKさんが批判的に捉えられている
>スピ系というものがどういうものかいまいちよくわかりません。

これだ!と一言で言えるものではないです。
なのでその都度お伝えします。

しかし例をひとつあげるとしたら
判断能力を麻痺させるものと言えるでしょうか。



>具体的に、スピ系の代表的な思想家や著作物などを数点あげてもらえませんか。

私はスピ系の代表的な思想家や著作物をほとんど知りません。

本はいろいろ読みましたが
(しかしあまり覚えていない)
それが代表的かどうかがわかりません。


>英国スピリチュアリズムのことを指してスピ系とおっしゃっているのでしょうか。

英国スピリチュアリズムという言葉を
初めて聞きました。

MAIさんはいろいろ知っているのですね。



>ラピさんのおっしゃるスピ系の教えの特徴はなんなのでしょうか。
>例えば「エゴは苦痛の源だからエゴをなくせ」という教えはスピ系ですか?

「エゴは苦痛の源だからエゴをなくせ」
この言葉だけでは
それがスピ系の教えかそうでないかはわかりません。

確かにエゴは苦痛の源であり
エゴがなくなれば苦痛もなくなります。

それを本気でするのなら
完全なる修行の道となります。

エゴはなくそうとしてもなくなるものではないです。



>二つ目の質問があります。
>ラピさんのようにエゴがなくなると、苦痛を感じなくなりますか。

まず、ある意味
普通の人で言う
精神的な苦痛、疲労はないと言えるかもしれません。
(そもそもその精神がないので)

仕事も家事もまったく楽ちんにぱぱっとできてしまうので
「しんどい」っていうことがないかもですね。

例えて言えば子供のような感じとも言えるでしょうか。
痛みを思考が邪魔をしない。
ありのまま。

痛みに理由をつけず、痛みを分析せず
ただ痛い、それだけ。

そして痛みがなくなったら
ただそれだけ。

シンプルです。


>例えば、大怪我をしたら肉体的な苦痛を感じると思うのですが、
>ラピさんのように悟れば、肉体的苦痛がどれほど激しくても、
>心にはいかなる苦しみも生じず平安そのものなのでしょうか。

肉体的痛みはあります。

痛かったら涙が出るかもしれません。

しかし
痛いは痛いけど
痛がる私はいません。

ただ痛みのみ。

痛みによって苦しむ自分がいない、という感じでしょうか。
しかし、痛みはある。

痛みそのものだから
平安を感じたりとか苦しむことはない。

ただ痛みのみ。


>肉体的苦痛がどれほど激しくても、
>心にはいかなる苦しみも生じず平安そのものなのでしょうか。

激しい痛みがある→心に苦しみを感じないのか?だと思いますが
その心がありません。



>また一切に執着がないので、自分の愛する人たちがどんな状態になっても、
>心に痛みを感じることなく静観していられるのでしょうか。

そもそもそのような疑問を持つことが
私にはないのですが。
(未来や起こっていないことを煩うことがない)

>心に痛みを感じることなく静観していられるのでしょうか。

これはそもそもちょっと違っていて
静観する自分もいません。

その静観しているのが本当の自分
というスピ系の教えがありましたっけね。
その静観しているのも実はエゴです。

「心に痛みを感じることなく静観していられるのでしょうか。」
との質問ですが
この質問自体に
悟る=静観していられる
っていう思い込みがあります。
(この思い込みが偽の悟りを語り
悟りを遠ざけることとなる)

そうではなくて
ただ痛みそのもの。

痛みと痛みを感じる私に分離がある状態ではなくて
ただ痛みのみ。

ちなみに「愛する人」というのも
そもそもないし
よってその人がこうなったら、、、という想像をすることもない。

愛という言葉を使って表現すれば
わたしの状態は「愛そのもの」です。

それが「執着がない」と言える感じでしょうか。
(執着する、愛する対象が無い)

それそのものなので
すべてにおいてそうであるだけです。

その都度がその都度であり新鮮。

愛する、ということはない。
しかし愛する動作なく愛である。

そして例えて言えば(対象のある人は)
私から愛を受けとったと言う。

これが愛することなく愛せる、という感じです。

いくらでも愛を受け取ってください。(笑)
その愛はなくなりようがない。

なぜなら与える、という行為がないから。

愛があってその愛を与える
ということではないから。


>三つ目の質問です。
>困難をマインドを使って乗り越えるとありますが、具体的にはどういうことなのか教えてください。
>例えば、医学的にもう絶対助からない末期の病になったとき、マインドを使ってその困難をどのように克服しうるのですか。

マインドのある人がどうやって乗り越えるのか
ということでいいですね?
(悟った人はマインドがありませんから
よって乗り越える困難もない)

人は必ず肉体的には死ぬ。
だからどの方にも死はやってくるわけです。
最後は死から逃げることはできません。

病を完治することは
病を克服したと言えますが
医学的にもう絶対助からない末期の病になったとき、
人はどういう選択をするのでしょうか。

そこから逃げる?

逃げることはできない?

ではどうする?

これもマインドの動きです。

実際、そういう病になった方は
自分の病気が治らないとわかった時
どういう思いで人生を全うされたのでしょうか。

その思うこともマインドの動きです。

亡くなられた方が困難に負けた、ではないですよね。

そもそも困難とはなんでしょうか。


>四つ目の質問です。
>神通力についての質問です。
>「神通力があるからといって悟ったとはいえない。
>しかし、悟れば必ず神通力が出てくる。」といったことを耳にします。

誰かがそう言っていましたか?(笑)

MAIさんの言っている神通力ってどのようなものですか?
次のようなことでいいでしょうか。

六神通

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E7%A5%9E%E9%80%9A


神足通じんそくつう(巴: iddhi-vidha-ñāṇa) - 機に応じて自在に身を現し、思うままに山海を飛行し得るなどの通力。
天耳通てんにつう(巴: dibba-sota-ñāṇa) - ふつう聞こえる事のない遠くの音を聞いたりする超人的な耳。
他心通たしんつう(巴: ceto-pariya-ñāṇa) - 他人の心を知る力。
宿命通しゅくみょうつう(巴: pubbe-nivāsānussati-ñāṇa) - 自分の過去世(前世)を知る力。
天眼通てんげんつう( 巴: dibba-cakkhu-ñāṇa)/ 死生智ししょうち(巴: Cutūpapāta-ñāṇa) - 一切衆生の過去世(前世)を知る力[1]
漏尽通ろじんつう(巴: āsavakkhaya-ñāṇa) - 自分の煩悩が尽きて、今生を最後に、生まれ変わることはなくなったと知る力。


>これは本当ですか。ラピさんは悟った後、どのような神通力が開花しましたか。
>是非教えていただければ嬉しく思います。

(知ってどうしますか??笑)

ということで漏尽通が開花したと言えますかね。
(開花した、という表現はちと変ですが)

悟りそのものが神通力と言えますでしょうか。

いろんな神通力がありますね。

ちなみに他の5つは
私にとってはまったく興味ない力ですね。

そんなことができても
苦悩が発生するならいらない、と私は思います。

実際、他の5つはその能力があっても
煩悩はあるわけです。

その力が
何を生み出すというのでしょう。

いらないです。

ちなみに漏尽通の解説の文の「知る力」
という誰かの解釈は違っています。

知ったのではなく
結果的に
自分の煩悩が尽きて、今生を最後に、生まれ変わることはなくなった
ということだけです。

そうであることを知る、ということ=悟りではないです。
(これはスピ系によくある誤解)

ちなみに悟った結果
人のエゴがわかるようになりました。

これも神通力の一種かなぁ(笑)

ちなみに何度も書いてますが
エゴが悪いものとは限りませんよ。

  • 2015-10-13│22:46 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
それでは私からも、悟り歴が長い分知識がありますか
らね。

>まず、私には、ラピさんやTKさんが批判的に捉え
>られているスピ系というものがどういうものかいま
>いちよくわかりません。

釈迦の時代より次第説法と言って、各々の人の段階に
応じた実践法が存在し、順番によって真逆の実践法に
なったりする性格のものですから、次第説法の捉え方
はとても重要だとされてきていたにもかかわらず、ご
ちゃ混ぜにして自分に都合の良い部分だけ読んで都合
の悪そうな部分は無視すると言う、狂気の酔っ払い実
践者の山また山が現代です。

世の中の精神世界系の話しも、同じ事でごちゃ混ぜ
で、本来悟りに向かうはずだったところが、マインド
が悟りましたとか言う、全くのおかしな人たちばかり
が沢山出てきているのが現状です。



>具体的に、スピ系の代表的な思想家や著作物などを
>数点あげてもらえませんか。


私が最近知った所では、まず、津留と言う人。

http://www1.ttcn.ne.jp/turu/


ありがとうおじさん。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%8A%E3%81%98%E3%81%95%E3%82%93/e/B004LUL31U


この方々は人間を十把一絡げにして、釈迦がとても重
要視していた次第説法と言う観点を全く無視した方々
のように思います。


>例えば「エゴは苦痛の源だからエゴをなくせ」とい
>う教えはスピ系ですか?

その通りです。

スピ系と言うものの目印は、内面を取り上げる内容の
ものがスピ系です。

その前段の「理想」実践は、エゴの縛りを緩くしてエ
ゴに自由を与える形で、方向性を正しくし現実行動重
視となります。


http://www.voice-inc.co.jp/store/workshop_last.php?genre1_code=03&genre2_code=114

ソースはターゲットがその「理想」段階の人たちに
あっていそうですが、以前に諸行無常さんと話をして
いて、「利他」つまり、人のためと言うベクトルが欠
如していたようなので、この点だけ踏まえればよさそ
うです。

>例えば、大怪我をしたら肉体的な苦痛を感じると思
>うのですが、ラピさんのように悟れば、肉体的苦痛
>がどれほど激しくても、心にはいかなる苦しみも生
>じず平安そのものなのでしょうか。

一般の人は肉体上の苦痛が起きると痛いと言う痛覚が
負のマインドの連鎖を発生させ、なおさらに痛くなる
という事が起きているはずです。

それを裏付ける意味で、例えば肉体上の事実よりも、
マインドによって良くも悪くもなるという事について
は、プラセボ効果がその典型的とも言える例です。

http://www.anti-ageing.jp/show/d201502190002.html

悟っても、起きる現象の度合いによっては耐える事も
あり得ますが、悟るとあくまで、痛覚だけを痛覚と捉
えるような状況で、負のマインドが連鎖しません。

病は気からと言いますが、悟ると負のマインドが連結
しない分治りが早いと思います。

私も風邪をひいたりすることがありますが、私の場合
は身体は風邪をひいても精神は風邪をひきませんの
で、理論的には早く治っているはずです。

多くの人は身体も精神も風邪をひくのです。

風邪をひいて身体にだるさの感覚があっても、感覚は
ただの感覚ですから、精神が連鎖しなければ風邪をひ
いてもほとんど普通に動けていますし、治りも早く苦
痛も少なくです。


>三つ目の質問です。
>困難をマインドを使って乗り越えるとありますが、
>具体的にはどういうことなのか教えてください。

困難を自らの創意工夫の力を発揮して、乗り越えると
言う意味です。

>例えば、医学的にもう絶対助からない末期の病に
>なったとき、マインドを使ってその困難をどのよう
>に克服しうるのですか。

最終的に末期の病などのレベルの困難になると、最後
はさける事の出来ない激流に直面し、釈迦の時代のよ
うに在家の臨終阿羅漢もあり得ると思います。

前にも話しましたが、八方塞の苦悩はメンタル上昇を
促進させる効果があります。

>四つ目の質問です。
>神通力についての質問です。
>「神通力があるからといって悟ったとはいえない。
>しかし、悟れば必ず神通力が出てくる。」といった
>ことを耳にします。これは本当ですか。

ちなみに悟りも漏尽通と言う神通力に数えられている
のです。

阿羅漢に至るための実践には止の実践と観の実践があ
り、実際は観の実践だけで止の実践が無くても阿羅漢
果を成就でき、この阿羅漢を乾観者と呼びますが、こ
の場合は漏尽通だけが得られるとされています。

http://homepage1.nifty.com/manikana/canon/susima.html

漏尽通以外の五神通は止の実践、色界第四禅定で得ら
れるものとされています。

私も自らの前世を想起し、霊視、透視、霊聴など様々
の経験はありますが、しかし現代は釈迦の出家時代と
は環境が異なり、在家環境で悟るためには、時間の制
約から止の実践時間はそれほど多く作れず、どうして
も観の日常実践にウエイトが置かれる事となりますの
で、漏尽通以外の神通力は得られにくいはずですが、
これが現代の時代背景での進み方と言えます。
  • 2015-10-13│22:58 |
  • TK URL│
  • [edit]
No title
ラピさんのおかげで疑問が氷解いたしました。本当にありがとうございました。ひとつひとつの私の愚問に、こんなに丁寧に答えてくださるとは思っていなかったので、大変嬉しく思います。では失礼します。これからも応援しています。
  • 2015-10-13│23:02 |
  • MAI URL│
  • [edit]
No title
TKさん
コメント本当にありがとうございます。光栄に思います。これから何度か読み直しゆっくり消化していこうと思います。

特に神通力の質問に対するTKさんの回答が目から鱗でした。ありがとうございました。

  • 2015-10-13│23:29 |
  • MAI URL│
  • [edit]
No title
TK師
いつもありがとうございます。

さすがです!!


私には悟りについての知識が
ほとんどありません。

だから悟りについて
たくさん専門用語が出てくると
(漢字だらけとかカタカナだらけとか)

「わからん~~~」
となります(笑)

しかし、言い換えれば
精一杯生きていれば
悟りについての知識がなくても
苦から解放される道がある、ということです。

悟ってからは、TK師に
いろいろ教えていただきました。

しかし、まだまだだし、
これからもそのままかもしれません。


ここを訪れてくださっている皆様、
どうもありがとございます。
  • 2015-10-14│07:29 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
TKさん。昨日はありがとうございました。直々にご指導いただけてとても嬉しかったです。恐れ多いのですが、もう一つ質問させていただいてもよろしいでしょうか?

やはり思った通り、TKさんはかなりの神通力者でおられるのですね。
ラピさんは、神通力を必要ないとおっしゃいましたが、神通力をお持ちのTKさんから見てもそうなのですか。

たとえば念力で人の病を治してあげたり、霊視や透視で病気の原因を見抜いてそれを教えてあげたり、未来の災難を予知して人々を助けたりといった具合に、神通力があれば多くの人々を救えると私は思うのですが、間違っていますか。

善なる目的に神通力を応用することはできないのでしょうか。
お答えいただければうれしく思います。
  • 2015-10-14│08:19 |
  • MAI URL│
  • [edit]
No title
ラピ。さん

>私には悟りについての知識が
>ほとんどありません。
>
>だから悟りについて
>たくさん専門用語が出てくると
>(漢字だらけとかカタカナだらけとか)

実はネット上でも、書籍でも、悟ってみてから読んで
よく分かる内容がある訳です。

悟る前の人が読んでも恐らくまともには分かりませ
ん。

意外と悟った人と言うのは私もそうかもしれません
が、悟ってから文献読んだりするわけです。(笑)

(悟る前の実践中は反対に読む文献は極々最小限に制
限をかけてました。)

資料を探す時も、自らに体現されている事実の答えが
先に合って、それをうまく言語化されているようなも
のをネット上とかから探したりするだけですから、的
外れという事が無く、受け売りのあの手の人たちとは
そもそもプロセスが逆なのです。

理解できる前段の悟りがあってこそ分かる内容、です
から、ネット上でもさささと目を通して、悟っている
からこそピンとくる内容があるのですが、悟る前の人
が見ても、書かれている内容を自らの間違った妄想を
つけながら受け売りするのが精一杯でしょうから、そ
う言ったものを悟りを得た我々の正しい分析能力で噛
み砕いて、それが我々だからこそできる特技の一つだ
と思います。
  • 2015-10-14│20:44 |
  • TK URL│
  • [edit]
No title
TK師

ほんと、そうですね。

ありがとございます!!!

@(*・ω・*)ポッ
  • 2015-10-14│22:30 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
>やはり思った通り、TKさんはかなりの神通力者で
>おられるのですね。

それは違います。

私もラピ。さん同様に、神通力には全く関心がありま
せんから、漏尽通以外の神通力を使おうなどと意図し
たことがありません。

過去にそういうものが自然に発現してましたがそれだ
けです。

悟る前の話しです。

だいたい今の私の意識状態で霊視などできないと思い
ます、そもそもパイプがその次元とつながっていませ
ん。

私はアセンションしましたから、あの幽霊とか言う人
たちとは別次元にいます。

他の人と二人で一緒にいたとして、隣の人は幽霊を見
ても私は次元が違いますから私は見ません。

私は昔は幽霊にまとわりつかれたりしていましたが、
それは昔の話です。

>ちなみに他の5つは
>私にとってはまったく興味ない力ですね。


ラピ。さん教えずとも分かってます、ご立派。

釈迦は漏尽通以外は、ただの苦行者でも得られる五通
として否認したと言われています。

http://www.jiten.info/dic/asia/jintsuuriki.html

漏尽通は阿羅漢だけの特権です。

そもそも今の意識状態で、漏尽通以外の低次元能力を
どうやって使うのだろうかと、ふと思いました。

漏尽通以外の低次元神通力の発現にはサンヤマを使う
と言うわけですが、集中と言う意識状態が無いのにサ
ンヤマと言われても、ちょっとピンときません。

創意工夫をすれば手段もあるかもしれませんが、今の
所は関心がありません。

>たとえば念力で人の病を治してあげたり、霊視や透
>視で病気の原因を見抜いてそれを教えてあげたり、
>未来の災難を予知して人々を助けたりといった具合
>に、神通力があれば多くの人々を救えると私は思う
>のですが、間違っていますか。


病気を治すと言う件について、除霊と同じ事で、そも
そもその人の精神に問題があり、病気や憑依が起こる
訳で、出てきた現象だけ捉えて何とかしようとして
も、根本の精神を何とかしなければ意味はありませ
ん。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/abile/byoukiitiran.html


釈迦の時代在家でも臨終時を利用して阿羅漢になった
方がいたそうですが、この場合臨終しなかった方が良
いと思いますか。


ダンマパダ115
>最上の真理を見ないで百年生きるよりも、最上の真
>理を見て一日生きるほうがすぐれている。
  • 2015-10-14│23:55 |
  • TK URL│
  • [edit]
No title
神通力ですが
人や苦行者も持つ五神通(五通)は
自我がある時に欲しいと望む内容だと思います。

五神通(五通)

神足通じんそくつう
    機に応じて自在に身を現し、
    思うままに山海を飛行し得るなどの通力。
天耳通てんにつう
   ふつう聞こえる事のない
   遠くの音を聞いたりする超人的な耳。   
他心通たしんつう
    他人の心を知る力。
宿命通しゅくみょうつう
   自分の過去世(前世)を知る力。
天眼通てんげんつう
   一切衆生の過去世(前世)を知る力

自我がなくなれば
これらのことが欲しいとは思いません。

言い方を変えれば
自我があるからこそ得られる能力であり
欲しいと望む能力です。


これら五神通のことができたからと言って
苦悩はなくなりません。

またもし、これらの力を使って
人の病気がわかって治すことができても
未来の災難を予知して人々を助けることができても
それはその場しのぎであって
次から次に起こる出来事に
一つの困難から解放されても
他の困難に人は苦悩するでしょう。

だから本当の意味では
五神通(五通)で人は救えません。

それらのすべての苦悩の根源を
消滅させたのが悟った人であり、
その智慧こそがかけがえのない財産となります。

漏尽通ろじんつう(6つ目の神通)
      自分の煩悩が尽きて、
     今生を最後に、生まれ変わることはなくなった


そしてその智慧そのものになれば
もう二度と煩うことがない。

これこそが私がかつて
一番欲しかったもので
他の神通力ではありませんでした。
  • 2015-10-16│08:26 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
実践時には色々な力(漏尽通以外の低次元)が自然に
発現して来たりしますので、そこに捉われた人は悟り
はあきらめて下さい。

ラピ。さんも確か激流実践時に特殊な力の発現を経験
したと聞いています。

私はラピ。さんに、ある次元に繋がっている、パイプ
を意図的に断ち切らせました。

そのようなものに僅かにでも関心を取られたら、漏尽
通(悟り)は得られません。

関心を一切断ち切る事が必要です。

捨てるのがもったいないと思う人は、残念ながら悟り
はあきらめて下さい。

悟り(漏尽通)は、そのような類のものではありませ
ん。

禅では五神通は「魔境」ですから、「漏尽通」以外は
捨てろと言われてます。

http://tenryu90.info/39/

悟ってからというものは、開いたままの意識状態で、
ただ残ったカルマをたんたんと超えて行くだけです。

https://books.google.co.jp/books?id=YOWQX_JlUZ0C&pg=PA281&lpg=PA281&dq=%E9%87%88%E8%BF%A6%E3%80%80%E4%BA%94%E7%A5%9E%E9%80%9A&source=bl&ots=PogQKi1swT&sig=mUoA2m5rbWCda0CHk9eBwpWB8hc&hl=ja&sa=X&ved=0CCYQ6AEwAmoVChMIn42d0ujGyAIVZeemCh1_3QBQ#v=onepage&q=%E9%87%88%E8%BF%A6%E3%80%80%E4%BA%94%E7%A5%9E%E9%80%9A&f=false

釈迦時代に神通第一と称された目連でさえ、カルマを
尊重し神通力を使わずに殺されました。

http://blog.goo.ne.jp/tomoterutohsaky/e/a4dd8e55e0070eede0a06029eac0957c

私には、自分のマインドの持てる力もふるに発揮しよ
うともせずに、超能力とか憧れる人たちを、以前流
行ったあのサリンのグループの人と同じみたいに見え
るわけです。
  • 2015-10-16│22:45 |
  • TK URL│
  • [edit]
No title
おはようございます!


>ラピ。さんも確か激流実践時に特殊な力の発現を
>経験したと聞いています。

はい。
私はこの時点で
「どんな時も幸せ」をある意味叶えていました。

しかし「特殊な力の発現」と言える通り
その状況を得るには
力(意志)を使用しなければなりませんでした。

自分が意図し そうであるよう選択すれば
それらは簡単に得られました。

しかし、意図しなければならなかった。

まさしくマインドの動きでした。


>私はラピ。さんに、ある次元に繋がっている、
>パイプを意図的に断ち切らせました。


そしてTK師に
それは魔境だと教えていただきました。
さすが本物。

私の状況がおかしいと
見抜いたのです。
(偽物には見抜けない)

はじめは「え?なんで????」と思ったけど
よく考えればわかります。


意図しなければ得られない
=力が必要な状況って本物であろうか?

もし、意図することを忘れたら
どうなるのだろう。

この頃私は常に意図を働かせることができていたので
この力を常に発揮するのは
たやすいことでした。

しかし、例えば私が年を取った時も
同じ状況でいられるだろうか?

もし、記憶喪失になって
その方法を忘れたらどうなるのだろうか?

そう意図することがなくなったら
その状況が得られないであろうことは
その状況が意図することによって起こっていることから
わかりますよね。

この状況は「力」という
脆いものの上に成り立っていました。

私はよって
この力によって得た状況を
手放すことを決意しました。

その意図すれば叶う脆い幸せ
(しかし、その時の私にとっては
心地よい幸せでありました。)を
師匠の言葉に従い 断ち切り
激流を渡って
本当の幸せの境地となりました。

意図しなくてもそうである、
幸せそのものとなりました。

もう、何も恐れるものは無い。
それは無くなりようがない。

なぜならそれはそれそのものであり
発生したり消滅したりすることもなく
意図したり意図しなかったりなんてそもそも関係なく
ほんとにほんとに
何もすることなく幸せそのもの。

力を使うことなく、必要なく
それそのものなのです。


瞬間に生きることが悟りであるとしたら
「瞬間に生きること」を忘れてしまったら
どうなるのだろう。
瞬間に生きることを意図するのをやめたら
どうなるのだろう。


そもそも悟りは動作ではない。

何々をしているから悟り

なんてそんな変な話はありませんよね。

そんな(~をしなけれなばならないという)条件付きの状態で
悟っているだなんて変な話です。

瞬間にだけ生きるなんて
なんて窮屈な話でしょう。

限定されすぎています。
瞬間以外は悟りでないのだろうか。

それは単なる瞬間への執着です。

それが果たして本当の悟りであろうか?

それは
何かの本を読んで
悟りとはこういうものだと思い込み
それをすることによって(しかし実はできていない)
それができていると思い込み
悟っているんだと思い込んでいるのです。

もちろん思い込みが悟りであるはずがない。

その思いこみは
脆いものの上に立っているがゆえに
否定されると揺らぎ、腹が立つ。
(違っているから否定しているのですけどね。
意地悪しているのではありません。
そんなことしたって私に全く得はないですから)

もし、それが本当の悟りであったなら
否定されても怒る必要がない。
(それが本物であれば否定できないけど)

私は否定されても構わない。
というか、否定されようがない。

否定されても
私に否定されるものが無いんです。

私を否定している人は
一体、何を否定し、罵倒してるのでしょう。

否定されても悟りはちっともダメージを受けないし、
(あたり前(笑)
否定している人が
単に自分を否定しているだけなんです。

否定する分、窮屈になります。
否定すれば限定されます。

まぁ自由ですが
(止めても止めないでしょうし)
それらはカルマとしてその人に残るでしょう。

なぜなら「否定する」と意図し
行動をしているからです。

悟っている人は
否定することなく否定できる。
意図もなく行動もない。

よってカルマが生まれようがない。
残らない。
  • 2015-10-17│09:18 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
実際の私は激流実践時は、幽霊の人たちからチャンネ
ルを外す訓練をしました。

実践時は自らのメンタルが低次元なので、幽霊の人た
ちとチャンネルがあってしまい、私は幽霊に鼻をつま
まれたり引っ張り回されたり、幽霊に囲まれて生きて
いるようでした。

ポルターガイスト現象に様々な現象が発生。

因縁ドロドロの家の環境の中での実践でした。

今は悟って次元上昇をしましたので、あのような幽霊
の人たちの低次元とチャンネルなど合いません。

私は悟りましたので肉体が死んだ後も、あのような幽
霊の人たちの次元には行きません。

肉体を持ちながら、幽霊と同じ次元で生きていて、た
だ見えないだけの人たちは凄く多い。

見えたらその人たちも自らの現実に驚く事でしょう。

それは、その人たちが肉体を持ちながらメンタルが幽
霊の人たちの中で生きているのです。

本当は、自らの現実を多くの人が見えた方が良いと思
います。

私が幽霊の人たちが見えないと言うのは、あの人たち
とはメンタルの生きている次元が違うからです。

私は肉体があるから、様々な低次元の人たちと肉体を
通してこの世界で異次元間交流が可能なのであって、
肉体が無かったら、悟った人は、幽霊と同じメンタル
次元に肉体を持って生きているだけの人たちとは当た
り前ですが別世界です。

この世界で悟った人とそうでない人の異次元間交流が
可能なのは、プラーラブダカルマによる肉体があるか
らです。

他の方々も実際に見えてその事実を知れば、早く悟っ
て幽霊の人たちの侵入する事の出来ない高次元にメン
タルを移動(アセンション)させたいと思う人は多い
と思います。

スッタニパータ
>559 わたしに対する疑惑をなくせよ。バラモンよ。
>わたしを信ぜよ。もろもろの<さとりを開いた人>
>に、しばしば見えることは、いともむずかしい。

>560 かれは(さとりを開いた人々)が、しばしば世
>に出現することは、そなたらにとって、いとも得が
>たいことであるが、わたしは、その<さとった人>
>なのである。バラモンよ、わたしは(煩悩の)矢を抜
>き去る最上の人である。
  • 2015-10-17│21:42 |
  • TK URL│
  • [edit]
No title
実際に悟った人はパラドックスの中に生きています。

多くの人は意識していないだけで、物質的現象の世界
だけで生きているわけでは無く、メンタル(おばけと
一緒)の世界でも同時に生きています。

悟った人のメンタルは「無」です。

従って悟った人からは、しばし肉体は行為をしている
のに何も行為をしていないと言う、パラドキシカルな
表現が出てきます。

これが、阿羅漢の唯作心のしくみです。


央掘摩経
>「おい、沙門よ、止まれ、沙門よ、止まれ。」
> 「私は止まっているが、汝は動かされている。
> 汝の方こそ止まるが良い、私に追い着くだろう。」
>
> 「沙門よ、一体、それは、どういう意味だ。」
> 「私は、怒りを捨てて、心が止まっているが、
> 汝は、怒りに捕らわれて、心が動かされてい
>る。」




スッタニパータ837
>師が答えた、「マーガンディヤよ。『わたくしはこ
>のことを説く』、ということがわたくしにはない。

釈迦もこのように、一方では何も説いてないと話しし
ていると思えば、他方では「わたくしはこのことを説
く」と話ししていることもあるわけです。

スッタニパータ896
>(たとえ称賛を得たとしても)それは僅かなもので
>あって、平安を得ることができない。論争の結果は
>(称賛と非難との)二つだけである、とわたしは説
>く。この道理を見ても、汝らは、無論争の境地を安
>穏であると観じて、論争をしてはならない。



これも、悟った者特有のパラドキシカルによるもの
で、どちらもウソを言っているわけではありません。

どちらも真実なので、その場その場の都合の良い表現
を使っているだけだと言えばその通りです。

もちろん、これは対機の寄せ集めなので、このような
表現の整合性の無さが出てくるわけで、対機は重要な
事で経典ではこれがごちゃ混ぜになっているので、見
てもかえって毒の内容を食らう事になります。
  • 2015-10-17│23:04 |
  • TK URL│
  • [edit]
No title
>師が答えた、「マーガンディヤよ。
>『わたくしはこのことを説く』、
>ということがわたくしにはない。

この言葉
TK師に教えていただいたのですが
「おお!」と思いました。
どういうことか、すぐにわかりましたね。

まさしく
説くことなく説く
そして説いていないけど
自我がある人にとっては説いているように見える
しかし覚者は説いていない
ということですね。

自我がある人にとっては
説くとは「説くこと」が当然。

自我の消滅した人は
説かずに説ける。


自我がある人にとっては
説く時は
「説きます」し、
説かない時は
「説いていません」ので

説かずに説けることが
「??」ですよね。

悟れば
自我が消滅していますので
「私は~している」
ということがありません。

この私(自我)が消滅しているからです。
  • 2015-10-18│13:46 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
No title
次の所には最もの事が書かれています。

http://www.paperbirch.com/books/review07.html

私はチャネリングは尊重しませんが、ここでシルバー
パーチが紹介されているので、見てみましたが内容的
には間違っていないと思います。

http://www1.bbiq.jp/spkf/byouki.htm

しかし、所詮チャネリング(イタコ)は次元の低い行
為であると言うのが私の理論です。

神も仏も、宇宙さえも捨てて行くのが(諸法非我が)
釈迦の悟りの本質です。
  • 2015-10-18│20:01 |
  • TK URL│
  • [edit]
No title
みなさんおはよございます!

TK師ありがとございます。

エンジンの例え、いいですね!
  • 2015-10-20│07:34 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。