[Edit]

判断

みなさま、いかがおすごしですか?


心ある方にとって
私の表現は冷たく感じるかもしれませんが
どうぞ、そのまま
そのまま
お受け取りください。

もし、私の言葉を冷たいと感じるのなら
それも自我の声です。

「冷たい」という判断が起こっていますからね。

(それが悪い、という意味ではないです。
それが自我の声、ということです。
そして時と場合によっては
その判断は大切なものとなります。

人として生きるのであれば
この「冷たい」はある意味正解であり
私の言葉は必要ありません。

しかし、悟りを目指すものにとっては
この「冷たさ」は自我を知るチャンスであり
その冷たさ(=判断)を乗り越えるために
精進することとなります)


判断

どうしても起こってしまいます。
それが悪い、ということではないのです。

しかし、それは自我の声です。

この判断をもし
乗り越えたければ
例えて言えば判断を使います。

私がよく言っている
「善なる道を」
ですが
これは善悪の判断があるからこそ
選べる道です。

どうぞ、善を選び続けてください。

判断から解放されたければ
逃げるのではなく
今ある状態をフルに活用しましょう。

今できることを精一杯する。

そして私の道であれば
その存在する判断のもと
その判断する自分を捨てました。

そしてさらに指針として
「喜んで」です。

「喜んで」「行動」します。

善悪の判断
(自分の判断は良くない
裁くのはよくない)

自分の判断を捨てよう

さらに喜んでなんでもしよう


これは最後の「喜んで何でもしよう」がポイントで
これによって
自分の判断を捨てることなく
うまく捨てることができるからくりとなっています。

もし、捨てることが目標となっていたら
捨てることはできなかったでしょう。

そして「喜んでしよう」は目標ではなく
単なる行動であり
その行動による結果を求めていませんでしたから
(捨てているので求めようがない:相互作用)
結果的にうまくいったのだと思います。

またもし、嫌な思いが発生しようとして
でも喜んでを実践するのであれば
この嫌な思いは捨てなければ「喜んで」はできません。

喜んでをすることにより
自分に発生しかけた「嫌な思い」は
結果的に捨てざるを得ない。

「喜んで」をすれば
必然的に「嫌な思い」は
なくなる、ということです。
(この「なくなる」は
初めはうまくできないかもですが
そしてある時はわずかに嫌な思いが残るかもしれませんが
それでも「喜んで」をします。
とりあえずするのです)

うまく表現できませんが
この実践は
シンプルに見えて
いろんなからくりが隠れています。

捨てることなく捨ててしまう技。

これは最後の道で
大いに役立ちました。

この技はそれを長年していたからであり
理論で得たものではありません。

やった者にしか得られない技です。
(よってやれば得られる可能性があります。
みんな一緒です)


また、ラッキーなことに
(今だから自分のしたことを説明できますが)
それをしていた時は
当たり前になにも分析することなく
ただただやっていたし
(分析も判断なので
その頃、もちろんできるはずもないのですが。
それも捨てていましたからね)
もちろんそれが悟りにつながっているなんて
夢にも思っていませんでした。

だから時間はかかったけど
(さすがにこの時は100%徹底はできていなかったかな)
ずっとそれをしていたら
否が応でもそうなるしかない。


特別な実践とするのではなく
当たり前の自分の生き方として
これをしました。

私の場合、ですが。

よって私は出家はあんまり賛成しません。

自我がある人にとって
出家することは
なんだか特別なことにみえませんか?

当たり前の日常にこそ
チャンスがあります。

日常から逃げて山にこもったって
日常に戻れば元通り
なんて意味がない。

出家環境でも厳しいものもあって
もちろん、それは道となるとは思います。
しかし

特別になんていらない。

今の環境に
チャンスがあります。

自分の課題に精一杯取り組めば
道は自然と開けます。

また、課題がクリアできなければ
次の道は開かない。


大切なことは「善なる道」であること。

自分の都合に合わせて
なんでも「これは善だ」なんてダメですよ。
(よくある誤解)

自分がされて嫌なことはしない。

されてうれしいことをする。

一般的に善だとされるもので
例えば「いいことである」と身近な人に宣言できるもの
(実際に宣言する必要はないですよ)

このあたりが善なる道の判断基準となるかな。
(ほかにもあると思います)


ちなみにですが

この「喜んで」は
悟るためのものではありません。

私の場合、
自分の生きる理想の指針としてやっていただけです。

よってこの「喜んで」は
誰にでも使えるものではないです。

人それぞれ理想が違うからです。


道としてはまず
悟ることはあきらめましょう。

悟ることを目標にしてしまっては
悟ることができません。

永遠にできません。

永遠に。

まず、悟りから離れて(必須)
今の自分の理想とする生き方をしましょう。

そうすれば悟れなくても
後悔ない生き方ができますし
必ず次につながります。

悟りと理想は両立できず(詳しい説明はしませんが)
両方やっていれば
共倒れとなり
中途半端になり
得られるものも得ることができません。


基本は善なる道で
今持っている自分の理想を指針とし
やっていれば
順番にクリアできて
最後は一本道になってしまうと思います。

興味あるものを極めるのも
一つの道ですよ。
(これも善なる道で)

だから今、
いや永遠に悟りはあきらめましょう。
(求めては永遠に無理です!
最後の道でももちろん求めてはいけない。)

そして自分にとっての理想の道を一歩ずつ進むこと。


私にできたのだから
みんなにもできるはず。

私は特別ではない。
ある意味、みんなと一緒でした。
みんなと一緒で自我がしっかりとありました。

なにかうまくいかないようなときがあったら

「ラピ。でもできたんだ。
私にもできるはず!」

この思いをばねとして
更に飛躍してください!

私はいつでも応援しとりますですよ!

善なる道を進むことだけは
忘れないでね!


そしてこの
自分を捨てて喜んでの実践で得た
「捨てることなく捨てる」技が
次の第2そして4の道を歩く時に
役に立ちました。


「自分を捨てて心から喜んでしよう」
の心からも
実はポイントなんですが
これはいつかは書けたら書きます。


しかし
無駄なことはないんだなぁ

しみじみ


「善悪の判断は大切だ」ということが
お分かりだと思います。

私の初めの一歩は
その「判断」なんです。

そしてそれに対する思いの強さ
真剣さが
最後までやり通せるかどうかの
分かれ道です。

私はその実践を
(今だから実践だと言いますが
その時は違っていて)
自分の生き方としてしていました。

まぁ、変わっていますよね!(笑)




※いろんなからくりが
この記事には込められています。

受け取り方は人それぞれであり、
それがその方の道となります。

自分にとっての善き道を
ますます選択できますように。

ちなみにこの記事を読んで
自分の判断に
気がつきましたか?

@(*・ω・*)ポッ





スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー