[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

この世は幸せしかない

みなさまこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか!
@(*・ω・*)ポッ



今、私の状態から言えることは
例えにはなってしまうんですが
「この世は幸せしかない」
ということです。


「この世は苦ばかり」

これは私には当てはまりませんが
これは一般的に果たして真実でしょうか。



かつての私は真実、無条件の幸せが欲しかった。

そして自分の力でその幸せを
作り出したかった。

当たり前の幸せよりも
さらなる高みを求めておりました。

よってこの目標のために
当たり前の幸せを捨て
普通の幸せを捨て
今ある=過去から引き続いている幸せも捨てました。


幸せになるために
今ある幸せを捨てる。

矛盾しているかもですが
その時の私の志に
「自分の力で幸せを作り出す」
というのもあったので
既存の幸せは捨てるべきものでした。
(私が作った幸せではないから)

そしてこの志の根底に
自分の力で人を幸せにしたい
というのがありました。

だから必ず自分の力で幸せを創造する、と。

そのためにはまずは自分がやらなければ、と。

かつてのもともとあった幸せが
どこからやってきたのかわからないし
少なくとも私の力で創造した幸せではない。

=その時の私の求める幸せではなかった。

このあたりからもかつての私の自我の強さがわかります。
(;^ω^)

「自分が!」がとても強かった。
とても、とても。

よってかつてあった普通の幸せさえも捨てました。

このことは文章に書けば簡単に見えるかもですが
本気でやれば大変険しい道となります。

すべては書けませんが
本当に志高くし、
本当にかつての私が求めるものを得るために実践するなら
厳密にすべてを捨て続けなければなりません。


例えば今動かしているその手。

何も考えなくても動かせるその手は
自分の意志で動かしているのでしょうか。

日常のできる当たり前は
自分の意志からできているものではないなら
すべて捨てるべきものとなります。
(かつての私にとっては、です)

そうやってすべて捨て続けて
今までできていたことも捨て続け

そうやって否定し続けたらどうなるでしょうか。
(この答えはやったものにしかわからない)

そのうえで私はさらに実践をしました。

私の目標達成のためには
私の意志以外の何かに頼ることはだめでした。

なんの教えにももちろん頼らない。
誰にももちろん頼らない。

私以外に頼らない。

泣く暇はない。
倒れる暇もない。

ただただ自分の意志で進み続ける。

意志が壊れそうになっても
私の意志でやり遂げると決めたからには
壊れるわけにはいかない。

壊れた時は意志が負けた時だ。

負けるわけにはいかない。

何にも頼らず、と言いながら
自分の意志に頼ってましたが
それこそが対象がある人にとってできることであり
よって意志のある人間こそが
悟るチャンスがあるのです。

こうやってどん底=激流を
自分の意志で渡り切った私は
今無条件に幸せなんですが
それを得るために
幸せのまったく反対の道を歩きました。

面白いですね。


ちなみにその実践時
本当に大変な状況であったのですが
「この世は苦である」
なんて思う暇はありませんでした。

(まぁ、幸せを求めていたので
「この世は苦である」なんて言葉
認められなかったと思いますが(笑)

この時の実践の内容は
具体的にお伝えすることはできませんが
私はその実践をやり遂げれば
完璧な幸せになれると思ってました。

しかし
何度か書いていますが
この完璧な幸せを想像してはいけません。

私は自分を捨てることができたので
この想像はしようがなかったのが良かったです。


たとえて言えば
ある最高の幸せな場所があるとして
そこに行ったら永遠に幸せが続くところで
そこに行きたいと思うとき
どうやったらいけるかを考え
揺るぎない方法が見つかったら
最高の場所を夢見ることなく
ただただその方法を続けることです。

道が見つかったら
夢見ることなく
ただただ歩くのみ。

夢見ることは
その夢見る時は幸せかもですが
当時の私にとっては
夢にさえも頼らない幸せが欲しかったので
夢見る幸せ、いりませんでした。

なんだか否定しまくっていますが
実際私はそんな道を歩きました。


そして今、
否定しようがない状況となってしまいました。
(笑)


そして私の今の否定しようがない状況で
お伝えしたいことは
日常の幸せを「幸せだ」といえる人は
「幸せだ」
ということです。

私は日常の幸せに満足できなくて
険しい道を歩くこととなったのですから。

(しかし、その結果、
幸せを超えた幸せとなった。
自分が望んだ以上の幸せでしたが、、。)

努力した分、幸せになれると思います。

しかし、努力することなく
今幸せを感じる人々も
いいことだと私は思います。

そういう方には
ずっと幸せでいてほしいです。

ずっと笑顔でいてほしいです。

「この世は幸せしかない」

これです。


みなさん
たくさんたくさん幸せになってください。

そのまま幸せでいてほしいと思います。

日常、私の周りの人には
人としてずっと幸せでいてほしいと思っています。

よって日常で
悟りについて話すことはほぼありません。

悟りは普通必要ない。



「この世は苦ばかり」

これは果たして真実でしょうか。

なぜそう思うのでしょうか。
何を苦としているのでしょうか。

その苦には必ず条件があります。

たとえて言えばその一つは
これが苦でそうでないのが楽だ
という条件です。

条件については人それぞれですが
苦も幸せもベクトルが違うだけで同じもの。

この言葉から
苦に対してどう対処したらいいのか
なんとなくわかるのではないでしょうか。


しかし、さらなる高みを求めるのなら
それを叶える方法はある意味ありますが
それはどの時代も
簡単に開示されるものでは
なかったと思います。

ちなみに、実践時
私に開示されるべきものはほとんどなく
最後のきっかけは頂いたものの
私流の経典がすでにありました。

そして他にも何度か
きっかけはいろんなものから頂いた時がありましたが
やはりそれは単なるきっかけであり
私流の経典により
道を全ういたしました。

なぜそうだったのか
不思議ですが
この経典は私しか知りません。



余談ですが
私がよく言っている
「自分を捨てて」は
『自分の気持ちを捨てて』
と言い換えることができるかもしれません。


@(*・ω・*)ポッ


スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。