[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

能力開発について

私はかつて
能力開発の実践も行っています。
(それが第2と4の実践につながっています)

具体的に何をしたのかというと
「チャクラの開発」と
「大周天」「小周天」です。

今の私からしたら
これらの実践は同じ類のものです。

体のある部分を意識して行うものだからです。

例えばチャクラなら
体にあるといわれているチャクラの部分を
意識して実践すると思います。


チャクラについていろんな情報がありますね。
色とか光とか
あとチャクラに対するそれぞれの模様というか
イメージがありますよね。

チャクラ開発に関しては
私流の方法でやりました。

色やイメージは最終的には必要なかったです。

そのチャクラをイメージして瞑想って方法も
あると思うのですが

しかし、色とかイメージとかは
実は人間レベルのもので
チャクラを悟りにつなげるのなら
=人間を超えたければ
ご存知の通りそれを越えなければなりません。

光もイメージも対象であり
その実践はそれを感じるからこそできる
対象に頼った実践です。

その対象を超える方法が私の方法です。

しかし、私の実践は
いろんなものをぶった切っているので
伝えることはできないのですが
(そして簡単に伝えることができない)
言えることは
チャクラに対する色やイメージは
それを得て
そこで止まってしまえば
それ以上は進めない
=それ以上のものがあるということです。


そもそも能力開発は
対象がある者が欲しがるものであり
かつての私もそうでした。

能力開発は悟りとは方向が違い、
いや、能力開発を超えれば
悟りの道が始まるかもしれませんけど、、。

よってチャクラ開発を目的にしたとき
(または能力開発目的にチャクラに働きかけること)
光が見えたとか、
イメージが見えたとかでは
悟りを目標とする人にとってはまだまだの段階です。

そしてその途中で
なにか能力が開発されたとしたら
それはエゴがある場合(=普通の人)
エゴが増幅する機会となり
下手したらよくない方向へ行く可能性があります。

もしいい方向へ行ったとしても
いつかその能力にも限界を感じ
その能力を捨て去る時が来るでしょう。

どんな能力も
永遠に続けば
必ず飽きてくる。

能力というものを得たら
失うときが必ず来る。

得れば必ずそれは失われるのです。

(=よってもちろん
悟りは何かを得ることではない)


瞑想していて
何とも言えない幸福感が沸き上がって
「これだ!」と
それが悟ったことだと勘違いしている人

瞑想しているとまばゆい光に包まれた
=悟りと勘違いしている人

自分が無限に広がった感覚を得た
=悟ったと勘違いしている人

天から導きの声が聞こえた
=悟ったと思ってそれを生かすために生きると決心する人
(いると思います)

いろんな「悟った!」の勘違いが
いろいろあると思うのですが、、、。

共通して言えることは
それらの状態は長く続かないということ。


「人のために生きること」は
素晴らしいのですが
「自分は悟った」と勘違いすること
悟りから離れてしまっています。

それはまだ悟りの道のスタートに立っていない。
しかし、その経験が必要な人もいるので
間違いではないけど
少なくとも悟りの道のスタートには立っていない。

悟りの道は単純なのですが単純ではないので
いろんなことを経験したほうがいいこともある。

いろいろ経験して
捨て去るべきものがわかり
(自分の捨て去るべきもの、
これは自分にしかわからない)
ついに悟るのではなく
悟りの道が開けるのです。

そう、やっとこれでスタート地点に立つことができる。


だから生きることが大切。

一生懸命生きて
または自分の志を叶えるために奮闘して
自分を生きるためにがんばって

そう生きた人は
そう本気で生きた人には
きっと悟りの道が開ける。

まずは人として自分なりに生きなければ。

それができなければ
悟りの道を歩ける資格はない。

なぜなら悟りの道は
それまで頑張って生きてきた人の「意志の強さ」
が必要だからです。

意志の強さは
人としてきている中で成長します。

例えで書きますが
極限レベルの意志を持った人が
悟りの道への扉を開くことができ
その極限の意志で歩いていくことができるんです。



余談ですが小周天、大周天については
なんとなくできるようになりましたが
(よってできてないかもしれない(笑)
氣を練るという作業が体の部分を
強く意識する訓練になりました。
でも私の場合、それだけでした。

なんでもある程度本などで読んだら
あとは自己流なので(普通はよくないかもしれない(笑)
小、大周天については私は何とも言えません。
(極めていないので)
ただ周天もまじめにやれば
危険を伴う可能性があるので
普通の生活がしたけば
やめたほうがいいと思います。

そして私は結果的にチャクラのほうで実践しました。

チャクラは極めまして
チャクラに関しての秘密を知っています。
(大周天の最終形も同じであろうから
予想がつきますが)

それがどういうことなのか
誰も知ることはできません。

そうならなければ
知ることはできない。
(しかし、「知る」というのも例えです。
悟れば知ることなく知っているんです。)

人から聞いて「わかった!」では
まったくわかっていないということです。

この秘密を伝えることの弊害は大きいです。
だから一般的に知られていないのだと思います。



※お知らせ
ツイッターで更新のお知らせをしていましたが
それを中止いたします。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。