[Edit]

厳しさ

私は実践時
自分に対して厳しい判断をしていました。


はじめは
自分の中にある
「判断する心」に気づき
それが嫌で
それを消してしまうために実践をはじめました。

この時の私が嫌だった「判断する心」は
自分の周りの出来事や
自分の周りの方に対しての
判断する自分の心でした。

それを消したかった。

しかし自分に対しては
厳しい判断をしておりました。

自分の決めたことができなければ
それは「ダメだ」という判断をしていました。

その判断があるからこそ
常に自分の決めたことを
実践する選択ができたのです。

(ここで
「いいも悪いもない」という姿勢であれば
自分の決めた実践も
してもしなくてもいいという姿勢となります。
自分が決めたことを実践するために
正しい判断、ジャッジは必要なのです。

じぶんの決めたことをできたらよい
できなかったらダメだ

簡単に言えばそういった判断で
どっちでもあり、という姿勢では
何も得られない。

ただし私はこの判断は
決して自分以外の人には使いませんでした。
私の実践内容からしたら当然です。

「喜んで」をひたすら実践していたら
周りの人をジャッジする暇はないのです)


常に幸せな世界がいいと思い、
そうであれば自分はどう行動するかを考え
しかし世界に求めるより
まずは自分がそうであるべきだと考え
そう行動いたしました。

言い方を変えれば
常に幸せでない世界を
私の中から排除し続けたのです。

そして私の実践は
周りの世界に直接働きかけるものではなく
常に自分のあり方にこだわり
自分の理想のあり方ができていない場合
自分に対して
そうであるよう常に働きかけるものでした。

自分の理想に対して
常にそうであるよう
心がけました。


よって私の実践を活かして
何かお伝えすることができるのなら
それは厳しいものとなります。

私がそういう道を通ってきたからです。

楽する妥協ありの道は
私にはあり得ませんでした

よってそのような道は
私にとっては道ではない。


もし、ある時は精進し
ある時はそうでない時間のある日々をよしとするのなら
かつての私にはあり得ないことなので
そういう方には
何もお伝えすることはありません。


私は「24時間幸せ」がよかったので
私のあり方は常に24時間、でした。
(ふとできていないこともあったのですが
はっ!と気づけばすぐに修正しました)


そうであるときもあれば
そうでないときもある

それは嫌で

常にそうである

それが私のモットーでした。

初めからできたわけではありませんが
目標を妥協せず高いものにし
それを実践し続けました。

頑張れば頑張るほど
結果はそれについてきます。


例えて言えば

24時間覚醒していれば
覚醒していないときはない

といった感じで。(笑)


善なるこだわり
私は大賛成です。

どんな世界でも
プロであれば
妥協なき道であるはずです。

ま、これくらいでいっか

であれば
「これくらい」の成果しか得られません。




ちなみに余談ですが
私の実践は
「なんでも心から喜んでする」だったのですが
誰かから善でない頼み事をされたことがありませんでした。

実はそれには理由があります。

私の実践が
「自分を捨てて なんでも心から喜んでしよう」
という実践だったからです。

からくりはお伝えしませんが
この実践を思いついたことは
大変ラッキーだったと思います。

「自分を捨てて なんでも心から喜んでしよう」
をきちんと実践したからこその
その恩恵でした。

中途半端なく
きちんとしたからこそです。


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016-09-03│13:06 |
  • [edit]
No title
鍵コメさん

コメントありがとうございます。

私の実践はいろんな段階があるのですが
どの実践でも共通して言えます。

どの時も実践に意識を向けてやっていましたので
寝ることに煩うことがありませんでした。
(どうやって寝るか、とか
寝る時どうだったかについて
考える、思う、記憶する時間はなかった)


人は自分の意識をいろんなものに使い
結果、いろんな思いが発生し
思いが分散します。

もし実践に集中していなければ
いろんな煩いが起こります。

ご飯は何を食べよう
今日の服は何にしよう
(例えが少なくてすみませんが笑)

こういった思いが日常
人の中で起こっていますね。

しかし、実践に集中していれば
実践にしか意識を使うことがないので
極端に言えば、他の思いが浮かびようがありません。

他の煩いごとに
自分の意識を使うことがほぼなくなります。

よって他のことが問題にはなりません。

もし、実践に関するこだわりであったら
そこに意識を使うかもですが
それ以外に使うことは
実践に集中できていないことになります。

実践に集中していたら
どこを向いて寝たとか
どっちを向いて寝たほうがいいとか
眠れない~、といった考えが
そもそも起こらないのです。

例えばですが
どうやって寝ていたかを覚えているのなら
その記憶の存在は
実践できていない時間があったことを証明します。

うまく伝わるかな。

よって私の実践中の
実践以外の記憶は
最後のほうになればなるほど
残っていません。

それほど実践に集中していました。
  • 2016-09-03│15:25 |
  • ラピ。 URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016-09-04│05:54 |
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー