[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

険しく厳しく、そして険しくなく厳しくない道

私は昔
独自の道をあるきました


なぜ、そんな道を歩いたのかというと

、、、よくわかりません(笑)


今思い出せば
険しく厳しい道でした。

しかし、そう生きていた時
険しいとも厳しいとも思ってませんでした。


では、なぜ
思い出せば険しく厳しい道だったのかというと

私の道を伝えると
私のやってきたことを伝えると
大変厳しい内容になるみたいだからです。


私のやってきたことは特別な内容はありません

しかし、私と同じ道を歩きたい
という人が万が一、億が一、いた場合
私のやり方をきちんとお伝えするとなると
厳しい内容になります。

単純なのですが
コツがあり
どの瞬間も怠ることなくやっていかなければなりません。

その実践そのものとなるくらい。


「自分(の思い)を捨てて心からなんでも喜んでしよう」

私の指針はたったこれだけでした。
これをきちんと行いました。
(しかし、はじめからうまくいったというわけではなく
できなかったら反省し、その繰り返しで
積み重ねていきました)

ちなみにこの指針にはたくさんの秘密があって
その一つをお伝えすると
「自分を捨てて」
のおかげで
厳しい道を厳しいと思える瞬間がありませんでした。

逆に
「厳しい」と思った瞬間
自分を捨てることができていないことになります。



自分が決めた善なる指針は
必ず道へと導きます。

自分の指針を決めるコツは
2重構造にすることです。

1つの実践を2重構造にするのです。


私の場合

まず、「自分の思いを捨てて」

そして「心からなんでも喜んでする」

という2重構造でした。


人は「~しよう」とするとき
純粋に「~」は実はできていません。

しかし、二重構造はそれを助けてくれます。

まず「捨てて」
=「捨てようとすること(にどうしてもなってしまう)」
=捨てられていないのですが
次の行動
「喜んでしよう」に続くことによって
捨てようとする意志が「喜んで」に移動し
結果的に捨てようとせずに捨てた状態で
「喜んで」をしようとすることができます。

そして「喜んで」をしようとするとき
それは純粋なる「喜んで」には
どうやってもなりえないのですが
次の「自分の思いを捨てて」が続くことにより
自分の意志が「捨てよう」とする行動に移るため
純粋なる「喜んで」に近くなるのです。


人には「思い」「意志」が必ずあり
常に働いています。
それが人です。

その意志によって
人は行動そのものになれないのですが
しかし、そのおかげで
行動を意志でコントロールすることができ
(それが実践できる素質を持ち
よって実践を全うするチャンスを持っていることになります
人として生きているだけで
それだけの特権をもっていることになります)

次の行動(意志)に思いが移ることによって
そのものに近い状態になることができます

また行動のきっかけに
人は必ず意志が必要です。
必ず必要。

その意志が「行動そのもの」になるのを
結果的にさえぎってしまうのですが
そこをかわす方法が
2重構造の実践です。


また、この2重構造の実践をし続けると
自然とコツがわかり
2重構造でありながら
1重構造の実践となります。

「捨てる」ことと「喜んで」が同時になるのです。

実践すればするほど
そのプロになります。

これはなんでもそうですよね。

極めたかったら
ただただ精進、訓練、練習をしていくことです。

精進、訓練、練習することなく。

怠ることなく実践し続けていくことが
大切です、
実践することなく。

自分が決めた指針を
途切れることなく実践し続けることが
大切になります。


これは延々と続くのでしょうか。

しかし、真に実践していれば
延々と続くのか?
といった気持ちにはなりようがありません。

なぜなら真に実践していれば
その都度純粋な「それそのもの」に近くなっていますから
そう思う暇がない

よって真の実践をすると決めて
その実践中私に
「この実践をずっとしなければならないのでしょうか?」
と問うた時点で
(=そういった思いが発生した時点で)
実践ができていない証明となり
不合格です。

なぜ、「今」実践しているときに
「ずっと」という今から離れた概念(時間)
が発生するのでしょうか


なんとなくわかっていただけたかな。


疑問を持つ時点で
感想を持つ時点で
これからどうなるのだろうと思う時点で
実践者としては不合格

もちろん普通に生きるのであれば問題ありません

私の通った道を歩くのであれば
ということです。


、、、しかし、私の通った道を歩きたい人は
億が一にもいないと思います

よって私のやってきたことを
残す必要は全くないです。

しかし億が一、いた場合のために
とりあえずここに書いときます。



ちなみに余談ですが
「いつまですればいいのだろう」
といった疑問が出るのを防ぐ一つの方法は
実践を始める前に
「一生やる」と決めてしまうことです。
(そのため実践内容は
確実に正確に時間をかけて吟味する必要があります。)

私がそうしていましたので
実践中、疑問は全く出ませんでした。

そして一生やっていくつもりが
実践のほうが消滅してしまい
(=自我が消滅)
結果的に終了となりました。

人生、何が起こるかわからないもんです。


ちなみにちなみに
「いつまですればいいのだろう」
という思い、問いは
いわゆる「悪魔の声」とも言えるもので
実践を妨げるものです。

この思いに耳を傾けてしまうと
悪魔の思うつぼです

悪魔の誘惑に負けない
強い意志が実践には必要となります


スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。