FC2ブログ

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

最後の1日

最後の精進から1日で
自我消滅に至りました。


その1日間は
かつて私がやっていた実践を
少しアレンジし
そしてそれが本当に最後であると決めて
挑みました。

例えて言えば
自分の後ろに道はなく
ひたすら前を向いて歩いていく
という感じです。

前に道があることを
思い浮かべることもなく
心配も安心もすることなく
(これらはすべて精進にとっては不要な思考なのです)
ただただ歩くことに集中です。
(例えになってしまいますが)


本当の実践では
独り言、思考、思いはすべて
あってはなりません。

私はそれまでも日常的に
「自分を捨てて心から喜んで何でもしよう」
をしていた時があるので
自分を捨てる=自分の思い、個人的思考を捨てる
が自然とできるようになっていました。

このコツはやってみた人だけがわかるので
(コツを言葉で伝えることはできますが
やってみないと真に得ることはできません)
なんでも人生かけてずっと継続することは
すばらしいです。
本物になります。


「自分を捨てて心から喜んで何でもしよう」

これがまさか悟りにつながるとは思っていませんでした。

私の生きていく理想の姿として、
それまでのわがままな生き方を反省して
一生そう生きるつもりで
決めた指針でした。


だから
悟りを求める必要もなく
自分の理想に向かって真っすぐ生きることで
いつの間にか悟りの道を歩いています。

ここで大切なのは
「今歩いている理想の道が
悟りにつながっている」
という思考は邪魔になる、ということです。

ただただ悟りを忘れて
自分の道を真っすぐ歩く人が
気づけば悟るの道を歩いているのです。

なんとなく伝わりましたか?


だから実は余計な知識は全く必要なく
純粋に自分と向き合って

自分に約束したことを守り続けること

嘘をつかないこと


人として生きる基本ですよね。


だから嘘偽りなく
自分の人生を生き切りましょう。

それが
素晴らしい道です。



ズルは嫌いです。
嘘も嫌いです。

もしそうやって生きていくとしたら
罪悪感はないでしょうか?

私はありました。
だからそうは生きませんでした。

損得を考える自分も許せませんでした。
そんな自分は嫌でした。

ただただひたすら
そうあるのみである生き方が
私にとって後悔ない生き方でした。

だから自分の善の心に従い
後悔ない人生を
思いっきり生き抜いたのです。

ただそれだけなのです。


@(*・ω・*)ポッ





スポンサーサイト

プロフィール

ラピ。

Author:ラピ。



ラピ。至る。
@(*・ω・*)ポッ

2013.5.13以降の記事が
至った後の記事となります。

それ以前の記事は
整頓して非公開にしました。

2006年12月から始めた
このブログ

かなりの記事があって
整頓するのが大変でした(笑)
皆さま今までも
どうもありがとうございました


*:--☆--:*@(*・ω・*)ポッ:--☆--:*:-



 admin






カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキング参加してます♪

いつも応援してくださって
 (*´∀人)ァリガト

ご訪問ありがとう!

現在の閲覧者数:

カウンター

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。